John Lennon – Come on, Listen me

Artist : John Lennon
label : His Master’s Choice (Yellow Dog 2007)
Source : Studio Outtakes
Quality : EX
Songlist: See Picture

John Lennon、怒濤のアウトテイクス第三弾は”Walls & Bridges”。

john-comeon-in-A.jpg

Johnのオーバープロデュースで、音が派手すぎる、と以前からよく言われているせいなのか、”Walls & Bridges”のアウトテイクスは幾つかオフィシャルでも発表されていますね。たしかに”MENLOVE AVE.”での演奏を聴くと、このままボーカル差し替えるだけで十分じゃないか、とも感じます。”John Lennon / Plastic Ono Band”に近いサウンドでもありますね。Jess Ed Davisのギターも味わい深いです。

と、どんどん手放しでアウトテイクスのシンプルなサウンドを誉めてしまいますが、そんな声に答えたかのようなDisc 1の構成です。ちょっと間延びした演奏が多いですが、楽します。”MENLOVE AVE.”や”Anthology”での演奏が気に入った人は、お薦め。

いつも聴いていて思うのが”Nobody Loves You”のサビでのボーカル。「惜しい!!」と思ってしまいます…。

さて、Disc1の後半からDisc2の半分は”Whatever Gets Thru The Nights”のアウトテイクス。この曲を演奏しているのが、Jim KelterとかJess Ed Davisというのがいまいち信じられませんが、アウトテイクスを聴くと、あー、なんとなくそうか、とわかりました。Klaus Voormannのベースはかっこいいことも再認識。

John Lennon – Remember New York City

Artist : John Lennon
label : His Master’s Choice HMC 003 (Yellow Dog 2007)
Source : Studio Outtakes
Quality : EX
Songlist:

Disc 1:

Tracks 1 – 15: New York City (unknown takes)
Track 16: “Let’s Ride” (improvisation)

Disc 2:

Tracks 1 – 9: Remember (unknown takes)

出ました。怒濤のアウトテイクス。”New York City”と”Remember”!

john-remember-in-A.jpg

聴いたことがない程きれいな音で、次々にアウトテイクスが流れていきます。
Disc1は”New York City”の生々しい曲作りの課程がわかります。非常にかっこいい。この演奏を聴くとElephants Memory Bandを非常に気に入ったJohnの気持ちがわかります。”Sometime In New York City”はちょっとエコーがかかり過ぎですねぇ

Remaster&Remixでだいぶすっきりしましたが、曲が削られたのが欠点。ということはレコードがベスト?

“Let’s Ride” は非常に短いJam。残念。

Disc2は”Remeber”のみ。あの悪夢の”Something Take 37″が印象強くてどうも好きになれません、この曲…。しかしTrack6での後半のJamに流れ込んだ以降は好き。かっこいい。いつ演奏が止まるかどきどきしながら聴いてました。

以前にも書きましたが、Johnのアウトテイクスはほとんど聴いたことがないため、すべてが新鮮に聴けました。正直言って、以前にYellow Catから発売された”Remember”で十分かな、と言う気持ちもあります。実質2曲で2枚組ですから。

ただ続編がどんどん出てくる気もします。それはそれで楽しみです。

Paul McCartney & Wings – Wings Over Sweden 1972

Artist : Paul McCartney & Wings
Title : Wings Over Sweden 1972 – Cannabis And Scandinavium Busters
Date : 10 Aug. 1972 scandinavium halle,gothenburg sweden (Disc1 & Disc2 trac1-2)
7 Aug. 1972 kungliga tennishallen,stockholm sweden (Disc2 trac3-12)
Label : bmw021
Quality : 10 Aug. 1972 VG / AUD
7 Aug. 1972 VG-/ AUD
Source : Original Silver Disc > EAC > flac >this torrent

Disc 1
1. Introduction – Eat At Home
2. Smile Away
3. Bip Bop
4. Mumbo
5. 1882
6. I Would Only Smile
7. Give Ireland Back To The Irish
8. Blue Moon Of Kentucky
9. The Mess
10. Best Friend
11. Soily
12. I Am Your Singer
13. Seaside Woman
14. Henry’s Blue
15. Say You Don’t Mind

Disc 2
1. Wild Life
2. Mary Had A Little Lamb
live at scandinavium halle,gothenburg sweden 10 aug.1972

3. Introduction
4. Eat At Home
5. Smile Away
6. Bip Bop
7. Mumbo
8. 1882
9. I Would Only Smile
10. Give Ireland Back To The Irish
11. Blue Moon Of Kentucky
12. The Mess
13. Best Friend
live at kungliga tennishallen,stockholm sweden 7 aug.1972

01_front.jpg

01_back.jpg

大麻所持で逮捕された日のライブですね。

1972年のこの時期のツアーは大好きなのです。”Wings Wild Life”からの選曲も多いし、演奏もラフでかっこいい。1976年のどのライブも素晴らし演奏をするWingsも凄いですけれど、日によって演奏の出来不出来の波があるこの時期のWingsも好きなのです。
オープニングナンバーで、未発表曲のインストも鋭い曲でかっこいいと感じると、2曲目ではほのぼのロックンロールといった感じで、聴いていて飽きません。
この時期のライブがオフィシャルで出してくれたら、最高なんですが…。

Eric Clapton – Fairy Tales

Artist : Eric Clapton
Date : 2006-12-09
Location: Tokyo, Japan
Venue : Budokan
label : Mid Valley 386/387
Source : Audience
Quality : EX+
Setlist:

Disc 1:
1. Tell The Truth
2. Key To The Highway
3. Got To Get Better In A Little While
4. Little Wing
5. Why Does Love Got To Be So Sad
6. Rambling On My Mind
7. Outside Woman Blues
8. Nobody Knows You When You’re Down And Out
9. Running On Faith
10. Motherless Children

Disc 2:
1. Little Queen Of Spades
2. Anyday
3. Wonderful Tonight
4. Layla
5. Cocaine
6. Crossroads
tracks 7-9 from 9 November 2006 rehersal at Osaka Castle Hall
7. Further On Up The Road
8. Wonderful Tonight
9. Anyday

素晴らしすぎる!!

前回の来日公演があまり面白いものでは無かったので、あまり今回の来日も期待してませんでした。しかし伝え聞いた情報ではどんどんセットリストが変化していってDerek & The Dominosの曲が中心となってきたことを知りました。そして最終日の12/9には冒頭から5曲続けてのDominos!
端正なライブだった前回に比べ、格段にブチ切れているClaptonがここにいます。
言われ尽くされてますが、他の二人のギターも凄い。”Little Wing”での3人のソロ。”Why Does Love Got To Be So Sad”でのClaptonとDerekのバトルも聞き所です。聴いていて全く飽きません。
Creamを再結成させ、Derek & The Dominosを擬似再結成。さて次は…。

松月滉 – 幸福喫茶3丁目 7巻

いつも続きを楽しみにしているマンガの一つ。文化祭のエピソードの続きからで、潤(うる)と関係している人物が集まってきて、重要なエピソードになりそうな予感でしたが、どうなったか。

土田と山根の関係は結構あっさりと修復し、安倍川 草と潤が部屋に閉じこめられて、話は一気に進むのかと思いきや、よくある天然ボケでトーンダウン。

進藤の母親話も出てきたけれど、なんだかいまいち。

進藤と潤が意識し始めるのかと思いきや、それを察した蜜香や西川の策略で、さっくりと言いくるめられたりといまいちご都合主義的な話が多かったです。今後の大きな布石になる巻と言えば、そうなりそうだけれども、すでに7巻。話もそろそろ進めていったほうが良いと思ったりした巻でした。

John Lennon – It's Gonna Be Alright

Artist : John Lennon
label : His Master’s Choice
Quality : EX
Songlist:

CD 1
1. Mother [alternate mix with alternate vocal and longer fade]
2. Hold On [take 1]
3. Hold On [take 2]
4. I Found Out [rough ‘carl wolf’ mix]
5. Working Class Hero [censored version]
6. Remember [take unknown]
7. Remember [take unknown]
8. It’ll Be Me [improvisation]
9. Love [acoustic guitar rehearsal]
10. (You’re So Square) Baby I Don’t Care [improvisation]
11. Love [acoustic guitar/piano rehearsal]
12. Well, Well, Well [rough mix]
13. Look At Me [rough mix]
14. God [acoustic guitar demo]
15. God [acoustic home demo]
16. My Mummy’s Dead [complete acoustic guitar demo]
17. Hold On [unknown up-tempo take]
18. Hold On [take 30]
19. Hold On [instrumental take unknown]
20. Hold On [take unknown]
21. Love [acoustic guitar rehearsal]
22. Love [acoustic guitar rehearsal]
23. Love [acoustic guitar rehearsal]
24. Love [acoustic guitar rehearsal]

CD 2
1. Love [piano rehearsal]
2. Love [acoustic guitar/piano take 1]
3. Love [acoustic guitar/piano take 2]
4. Love [improvisation]
5. Love [acoustic guitar/piano take 14]
6. Love [acoustic guitar/piano take 15]
7. Love [acoustic guitar/piano take 16]
8. Love [acoustic guitar/piano takes 17 & 18]
9. Love [acoustic guitar/piano take 19]
10. Love [acoustic guitar/piano take 20]
11. Love [acoustic guitar/piano take 21]
12. Love [acoustic guitar/piano takes 21 & 22]
13. Love [acoustic guitar/piano take 23]
14. Hold On [take 3]
15. Hold On [take 4]
16. Hold On [take 5]
17. Hold On [take 6]
18. Hold On [take unknown]
19. Hold On [take unknown]
20. Hold On [take unknown]
21. Hold On [take unknown]
22. Hold On [take unknown]
23. Look At Me [take unknown]
24. Hold On [take unknown]
25. Hold On [take unknown]
26. Hold On [take unknown]
27. Hold On [take unknown]

2005631776789765609_rs.jpg

ファーストアルバムのアウトテイクスで、新音源が多数…、らしいです。John Lennonの海賊盤はライブ中心に少ししか聴いておらず、今更、Lost Lennon Tapesを全部聴くのも辛く、手を出さずにいました。アンソロジーで十分かなと。が、”The Beatles And The Great Concert At Shea!”と同時に出たので、聴いてみました。音の良さと内容にびっくりですね。同じ曲のアウトテイクスが多いので飽きそうなものですが、これが聴いていて
楽しい。
連続したTakeではどこが変化したのかがわかると、あー、こんな風にスタジオで録音が進むんだなぁ、とか感慨深いのです。
それにしてもJohnのボーカルが目の前で歌っているように感じる位に生々しく本当に素晴らしいし、アコースティックギターの響きもピッキングの強弱がわかる位リアル。
この中でベストトラックは新音源ではないみたいですが、”God [acoustic home demo]”です。ちょっと荒く歌い方も違い、すごくかっこいい。出来れば最後まで盛り上げて歌って欲しかった…。贅沢なお願いですけれど。
すでに次に2タイトル発売が決定しているようで、いまから待ち遠しくてたまりません。アンソロジーを聴き直して、予習しておきます。

PAGE TOP