羅川真里茂 – しゃにむにGO 26巻

あっというまに26巻。「花とゆめ」で連載ですね。「花とゆめ」は購読していないので、連載ペースがわからず、たまに買いのがしちゃいます…。

この巻は留宇衣のテニス再開と、ひなこの車いすテニスのお話。

いつも思うのは話のメリハリがうまく着いているので、一つのストーリーだけを読んでも、全体で読み返しても面白い。たぶん少年誌みたいに一回も休載を入れずに連載するのではなく、ある程度連載したら、お休みを入れる、というスタイルが大きいのでしょう。毎回短編をかいて、そのまとまりが長編になると言うことになるのですね。

だから少女マンガは短編集、もしくは4~5巻程度で完結するものが、読んでいて面白いと感じるのですが、中には例外もあるわけで、その一つがこの「しゃにむにGO」だと思っています。

どこの巻から読みかえしても、面白いし、続きを読んでしまう。こんなマンガは滅多にないので、まだ未読のかたはぜひ是非読んでみてください。巻数の多さは気になりません。というか、これから一気に読めることができるのがうらやましいくらいです。

Paul McCartney – 2007-06-13 Highline Ballroom NYC

きました!!!!

PAUL McCARTNEY
Highline Ballroom
431 West 16th Street
New York, New York

Darthdisc DD38
Recorded by Neo and his team of magic Darthbabes
Equipment: Sony MD, plus Sony Digital Voice recorder as backup, used for a small patch after Matchbox, and into the first three seconds of Get Back. If you’re burning to CD, the best breaking points are either at Get Back (where the MD switch – and the consequent patch – took place) or at the start of the encores, with Let It Be.

Setlist:
Drive My Car
Only Mama Knows after which some of the audience sang happy birthday
Dance Tonight
C Moon
The Long and Winding Road
I’ll Follow the Sun
Calico Skies
That Was Me
Blackbird
Here Today
Back in the USSR
Nod Your Head
House of Wax
I’ve Got a Feeling
Matchbox
Get Back
Baby Face
Hey Jude
Let It Be
Lady Madonna
I Saw Her Standing There

Artwork in progress…

うれしいですね。”Memoey Almost Full”発売後に行われた2回目のシークレットギグの音源です。タイトルからもわかるとおり、ニューヨークで行われたもので、目玉はもちろん”Memoey Almost Full”からの選曲。
700人ほどの観客がはいるライブハウスで、この音質は素晴らしい。おそらくオールスタンディングのため、時々他の人に音が遮られるためか、音がこもり気味になるけれど、そんなことは問題なし。
観客の盛り上がりもよく、Paulも機嫌良くライブをやっている様子が伝わってくる音源です。
というか、録音しているのであれば。正式に発売して欲しいですね、ぜひ。

Elvis Costello & The Attractions – 1986-11-15

Elvis Costello & The Attractions – Teatro Cristallo, Milano, Italy, November 15th 1986, 1st Night, from uncirculated master (part 1 of the 3 days Milano’s shows).

Disc One :

1. Accidents Will Happen >
2. Red Shoes>
3. Tokyo Storm Warning >
4. Watching The Detectives
5. Battered Old Bird >
6. Honey Are You Straight Or Are You Blind > (1 glitch in the transition of tracks 6 & 7)
7. You Belong To Me
8. New Lace Sleeves > Twist & Shout

Disc Two :

1. Blue Chair >
2. Pretty in Pink
3. Jack Of All Parades >
4. Uncomplicated > (1 glitch in the transition of tracks 12 & 13)
5. Uncomplicated reprise >
6. Lipstick Vogue >
7. Beyond Belief >
8. Clubland > On Broadway > Clubland
9. I Want You
10. I Hope You’re Happy Now >
11. Home Is Anywhere You Hang Your Head

Encores :

12. Oliver’s Army >
13. Pump It Up > Band’s Intro >
14. Poor Napoleon (includes John Lennon’s “Instant Karma”)

This is the first of my 3 uncirculated masters of the 3 days in a row Milano 1986 shows.
I’ll upload the other ones asap i trasfer them. Recording quality is pretty good and the
performances are simply fantastic.

Master cassette > Nakamichi > amplifiers > tascam audio cdrw750 > cd > computer > plex tool professional XL > wav > flac.

Recorded, transfered, & uploaded by 38f on Dime, May 2007.

覚え書き…。
アナログな音がよく、聴きやすい。全部で3日間ある。

Paul McCartney – Memory Almost Full EU限定盤の謎

SN380083.jpg

SN380084.jpg

さて、謎の折られているジャケットの公開です(^-^;

ちょっと見づらいですが、ジャケット表の折り込みを元に戻したところと、裏側の画像です。

ご覧の通り、ジャケット表は「ry almost full」の文字上半分が印刷されていません。
つまり通常盤のジャケットを折っても外見は限定盤と同じになるだけで、印刷自体が違うので、やはり限定盤は特別なものだった、と言うことですね。

ただ外見のみ限定盤と同じにするには条件があって、裏側の左上にピンクの文字が印刷されていることが前提になります。まだ通常盤を入手していないのでわかりませんが、きっとあるんだろうなぁ。

本っ当にどうでも良い違いな気がしますが、自分でジャケットを折る事なんて出来ないので、最初からおれているものを買っちゃいました。

Paul McCartney – Memory Almost Full

聴き始めて、ずっと鳥肌がたっていました。

“Gratitude”で涙が止まりませんでした。

リアルタイムで聴き始めたのが”Flowers In The Dirt”から。良いアルバムは何枚もあったけれど、どこか焼き直しに近かった気がします。

“Memory Almost Full”は別格。

“Chaos and Creation in the Backyard”から進化するとは予想していませんでした。進化する余地なんて無いと思ってたもの。

なに、これ、本当に凄い。

「今までの集大成」+「進化」だもの。

甘ったるいPaulはここにはいない。

それもPaulだけれど、現在進行形のPaulを聴きやがれ!

Prince – 2007-03-31 Viva Las Divas

Artist : Prince
Date : 2007-03-31 (AM)
Location: 3121 @ Rio All-Suite Hotel & Casino
Venue : Las Vegas
label : Fearless
Source : Audience
Quality : EX-
Setlist:

Disc 1
1. A LOVE BIZARRE (W/ SHEILA E)
2. IT’S OVER
3. THE LONG AND WINDING ROAD
4. LOLITA
5. BLACK SWEAT
6. KISS
7. SHHH
8. PEACH
9. MUSICOLOGY
10. PRINCE AND THE BAND
11. PASS THE PEAS

Disc 2
1. CREAM
2. U GOT THE LOOK
3. IF I WAS YOUR GIRLFRIEND
4. PINK CASHMERE
5. PURPLE RAIN
6. THE GLAMOROUS LIFE (W/ SHEILA E)
7. CRAZY

Candy Dulfer & Funky Stuff w/ Chance Howard & Kirk Johnson – Chrome Showroom, Santa Fe Station, Las Vegas : 30th March 2007

8. BROWN SUGAR
9. GOOD TIME
10. PICK UP THE PIECES

なぜかPrinceもよく聴きます。これは3121ツアーも終盤の音源。聴くまで知りませんでしたが、Sheila Eが参加していたんですね。いろいろ確執?みたいなものがあったみたいですが、昔のPrinceはよく知りませんので、あまり感慨深くありません、じつは…。

ライブ自体は非常に聞きやすいオーディエンス録音。ちょっとボーカルが遠いけれど、会場でのバランスもこんなものだったんでしょう。聴き進めていて驚いたのが、BeatlesのTHE LONG AND WINDING ROADをカバーしていること。Beatleg 6月号にこのライブを含めて、同時期のツアーについて書いてあったのを読むと、他にもCome Togetherをやっていたそうで。これはぜひ聴いてみたいので、音源を探します。
ヒット曲+”3121″の選曲だし、だらだらと長くないライブで非常に楽しみながら聴きました。”Rainbow Children”が大好きなアルバムなので、1曲くらい聴きたかったかな。でもこの選曲だと浮いてしまいますね。
残念ながらAfterShowは未収録です。Disc2の最後3曲もよくわかりません。どなたか教えてください。バンドが他の場所で演奏した曲なのかな?

PAGE TOP