大滝詠一 – 1981-12-03 ナイアガラ・ヘッドフォンコンサート

aaa.jpg

Artist :
Date : 1981-12-03
Location: 日本
Venue : 渋谷公会堂
label :
Source : YouTube
Quality : EX-
Setlist:

01.FUN X 4
02.Pap-pi-doo-bi-doo-ba物語
03.Velvet_Motel
04.スピーチ・バルーン
05.外はいい天気
06.青空のように
07.カナリア諸島にて
08.指切り
09.雨のウェンズデイ
10.恋するカレン
11.ナイアガラ・ムーン
12-メイキング・オブ・恋はメレンゲ‐
13.メイキング・オブ・想い出は霧の中
14.Confidencial
15.Blue_Velvet
16.風立ちぬ
17.街で見かけた君
18-SOMEDAY
19.A面で恋をして
20.メンバー紹介~君は天然色
21.さらばシベリア鉄道
22.アンコール~A面で恋をして

熱心なナイアガラーではありませんから、この音源には驚きました。よく考えてみれば、このコンサートはFMウォークマンで聴くものだったのですから、録音は簡単だったのでしょうか?とにもかくにも録音者、提供者には大感謝です。

本人のリマスターには熱心ですけれど、なかなかソロのライブ音源までは手が回らないのでしょうか。個人的にはリマスターを何度も行うよりは、ライブ盤を出してくれるとうれしいです。それともライブは本人には納得のいく商品にはなっていないのでしょうか。ファンは聴くことさえ出来ればそれでも良いのですけれどね~

聴いてみるとしっかりとした演奏です。ライブ感はあまりありませんが、スタジオの再現にはなっているのではないでしょうか。調べてみると結構大人数での演奏ということに驚きます。

これ以降、ライブはほとんどやっていないと思いますが、好きになりたてのころ大滝詠一がどんな人かも知らず、新聞欄のライブ告知を毎日のように見ていた事を思い出しました(^-^;

George Harrison – The Making of All Things Must Pass Isolated Trax

cover-%20Making%20of%20ATMP%20Iso%20Trax.jpg

cd > eac > processing with nero + sound forge > flac

Center, left and right channels isolated. There was some duplication of tracks, such as the drum track on the first What Is Life and Beware Of Darkness, so I removed most of the duplicates to fit everything on 4 discs. The different versions of each song do not sync up, you’d have to do that manually.

Maybe a poor substitute for having the actual multitracks, but better than nothing.

Tracklist:

Disc 1

What Is Life #1
1. acoustic guitar 2. lead guitar
What Is Life #2
3. 2nd lead guitar 4. drums 5. piano + lead guitar
Beware Of Darkness #1
6. lead vocal 7. acoustic + vibes 8. drums
Beware Of Darkness #2
9. lead guitar + vocal
Beware Of Darkness #3
10. piano + acoustic + vibes 11. guitar + drums
Hear Me Lord #1
12. lead guitar + lead vocal 13. drums 14. organ

Disc 2

Let It Down #1
1. bass 2. drums 3. guitar
Let It Down #2
4. vocals + bass
Let It Down #3
5. backing vocals + vocal 6. piano 7. organ
Awaiting On You All #1
8. bass 9. drums + slide guitar 10. guitars
Awaiting On You All #2
11. bass + slide guitar 12. more guitars 13. piano
Awaiting On You All #3
14. bass 15. horns + percussion 16. guitars + piano

Disc 3

Run Of The Mill #1
1. guitar + guide vocal 2. guitars 3. drums
Run Of The Mill #2
4. lead vocal 5. harmonium 6. piano
Art Of Dying #1
7. bass + drums 8. rhythm guitars 9. lead guitar
Art Of Dying #2
10. piano + organ
What Is Life #3
11. guitar 12. horns
Beware Of Darkness #4
13. instruments 14. strings 15. vocal + guitars
Hear Me Lord #2
16. vocal + guitar 17. piano 18. organ

Disc 4

You
1. lead vocal 2. guitar 3. bass
Let It Down #4
4. vocals 5. lead guitar + horns 6. organ + guitar
Run Of The Mill #3
7. lead vocal 8. horns + acoustic 9. piano + harmonium
Art Of Dying #3
10. piano + organ + drums 11. horns 12. horn
Apple Scruffs #1
13. vocals + harmonica 14. acoustic 15. percussion
Apple Scruffs #2
16. vocals + 2nd lead guitar
Apple Scruffs #3
17. vocals + harmonica + guitar 18. bvs 19. bvs

2008/7月号のBeatlegを思い出したように購入して読んでいたのですが、その中に驚きの広告が。Mid ValleyからGeorge Harrisonの”All Things Must Pass”のマルチトラック音源”Art of Darkness”が発売予定に。そう言えばどちらかのBlogでも購入報告のエントリーがあった記憶が。これは買いに行かないと行けないか、と思っていました。新宿行くのも久しぶりだなぁ、と買う気満々でした。

そこで、ふと思い出したのがBeatlesの”The Revolver Sessions”。そういえば、アウトテイクスを可能な限り分解してマルチトラックの音源風にした傑作です。もしかして、”Art of Darkness”は同趣旨のファン作成ディスクのコピーではないのか、という疑問が生じて、検索してみるとまさにその記述が!

“The Making of All Things Must Pass Isolated Trax”というファン作成のモノがありました。危ない、先走って”Art of Darkness”を購入してしまうところでした。

早速入手して、聴いています。Midnight Beatからリリースされた”The Making of All Things Must Pass”も生々しい音で聴いていて楽しいものでしたが、こちらも聴いていて楽しいです。かすかに別な楽器やボーカルが聞こえてしまうのは仕方がないですけれど(^-^;
一曲ずつ波形編集ソフトで丁寧に音を消していったんでしょうけれど、本当に手が込んでいます。素晴らしいです。

同時に入手出来ていなかった”The Revolver Sessions”のVol3、4も入手できたので、時間が出来たらしっかりと聞き込んでいきたいです。

黒沢健一 – LIVE without electricity

これまた楽しみにしていたライブ盤。L-Rは完全に後追いで、ソロはセカンドアルバムからリアルタイムで聴いています。

L-Rのライブ盤が大好きで、ライブに行けなかったのが悔しくて、ソロライブには2回ほど行っています。その際に感じたのは歌の上手さ。スタジオ盤でも上手さはわかるのですが、いろいろと押さえている感じ。ソロライブで聴いた”Rockn’ Roll”の凄さは忘れられません。

Paul McCartneyがスタジオ盤で押さえて、ライブでヴォーカルを爆発させている感じと同じです。

そんな風に感じていたので、今回のライブ盤もメチャクチャに楽しみにしていました。タイトルの通り、エレキはなしで、アコギとピアノの編成。そんなシンプルな構成だけに、今まで以上に歌の上手さに感激しました。

中音、高音でのシャウト、バラードでの感情豊かな声、ポップな曲での巧みなヴォーカルワーク。適度に崩されて格好良くなっているメロディライン。すべてにおいて好みです。

やっぱり横浜でのライブに無理して行けば良かった…。

Paul McCartney – 2008-06-01 Liverpool Sound

Location: UK, Liverpool
Venue : Anfield Stadium
label : None
Source : BBC 2 broadcast
Quality : EX+
Setlist:

1. Peter Kay intro
2. Band arrive on stage
3. Hippy Hippy Shake
4. Jet
5. Drive My Car
6. Flaming Pie (not broadcast)
7. Got To Get You Into My Life
8. Let Me Roll It (not broadcast)
9. My Love
10. C’Moon (not broadcast)
11. The Long And Winding Road
12. Dance Tonight
13. Blackbird
14. Calico Skies (not broadcast)
15. In Liverpool (not broadcast)
16. Follow The Sun (not broadcast)
17. Eleanor Rigby
18. Something
19. Penny Lane (not broadcast)
20. Band On The Run (with Dave Grohl on guitar)
21. Back In The USSR (with Dave Grohl on drums)
22. Live And Let Die
23. Let It Be
24. Hey Jude
Encore break
25. Yesterday
26. A Day In The Life
27. Give Peace A Chance
28. Lady Madonna (not broadcast)
29. I Saw Her Standing There (with Dave Grohl on drums)
End

001.JPG
物凄く楽しみにしていた6/1にリバプールにて行われたライブです。
イギリスのBBCにて放映されたものを入手しましたので、早速見てみました。
ちらほらとセットリストの情報は得ていましたが、驚いたのが1曲目の”Hippy Hippy Shake”。やはり地元リバプールならではの選曲なのでしょうか。セットリストは最近のライブに近いモノですが、”Something”は”Concert For George”のアレンジでした。なかなかダイナミックで好きなアレンジです。
“Band On The Run”では珍しくゲストが。なぜかFoo FightersのDave Grohlです。ゲストなのに目立っていません…。
002.JPG
そしてもう一つのサプライズ、”A Day In The Life – Give Peace A Chance”のメドレー。思わずポカンとテレビを見つめていました。
いやー、素晴らしいライブでした。来日を心待ちにしています。来日したら、最低でも関東は全部見に行くつもりです(^-^

PAGE TOP