Paul McCartney – 2009-08-06 Fenway Park

Paul McCartney
Fenway Park
Boston, MA
August 6, 2009
Neumann KM150’s>Aerco MP-2>Edirol R-09HR>Soundforge 9(Fades,Sample/Bit Rate Conversion)>CDWAV>FLAC
Recorded From Section A4 Row 11
A Flying Gonz & Daughter Production
Setlist:
01 Drive my Car
02 Jet
03 Only Mama Knows
04 Flaming Pie
05 Got To Get You Into My Life
06 Let Me Roll It/Foxy Lady
07 Highway
08 Long and Winding Road
09 My Love
10 Blackbird
11 Here Today
12 Dance Tonight
13 Calico Skies
14 Mrs Vandebilt
15 Eleanor Rigby
16 Sing The Changes
17 Band On The Run
18 Back In The USSR
19 I’m Down
20 Something
21 I’ve Got A Feeling
22 Paperback Writer
23 A Day In The Life/Give Peace A Chance
24 Let It Be
25 Live And Let Die
26 Hey Jude
27 crowd
Encore 1:
28 Day Tripper
29 Lady Madonna
30 I Saw Her Standing There
31 Crowd
Encore 2:
32 Yesterday
33 Helter Skelter
34 Get Back
35 Sgt Pepper’s reprise/ The End

迫力のあるAUD録音。EX-。

セットリストは2002年の頃から徐々に変化して、現在の形になってきていると思うんですが、なかなか興味深く、聴いてみたいリストです。個人的には1989/90年のGet Back Tourの次に好きなリスとかな。

ここ10年くらいのアルバムの曲も入っているし、Wingsの曲もある。なんていったってFiremanの2曲が素晴らしい。今回のFiremanプロジェクトは本当に良い作品だったので、ライブで聴けるのは嬉しいです。

なんか前回と書いていることが違いますが、しっかりと聴きこんでみて、感想が変わってしまいました。

演奏は新鮮さは無いけれど、ちょっと荒れた声のPaulの声と合っている気がします。日本に来て欲しいなぁ。

Paul McCartney – 2009-07-17 Citi Field

Paul McCartney
“First Night At Citi Field”
Citi Field
Flushing, Queens, New York
July 17, 2009
Source/Lineage: Church Audio Cards>CA STC-9000 Pre-Amp>Sony D8>DAT>Wave (via line-in)>Flac Level 6
Location: Field Floor section A7(Beneath far right speaker stack),Row 15, Seat 22
Taped/Transfered by: Al (moderndaywarrior2112@yahoo.com)
*****Modern Day Warrior Recordingzzz*****
Disc 1 (Total time 76:27)
01. Drive My Car
02. Jet
03. Only Mama Knows
04. Flaming Pie
05. Got To Get You Into My Life
06. Let Me Roll It/Foxy Lady
07. Highway
08. The Long and Winding Road
09. My Love
10. Blackbird
11. Here Today
12. Dance Tonight
13. Calico Skies
14. Mrs. Vanderbilt
15. Eleanor Rigby
16. Sing the Changes
17. Band on the Run
18. Back in the U.S.S.R.
Disc 2 (Total time 76:55)
01. I’m Down
02. Something
03. I’ve Got a Feeling
04. Paperback Writer
05. A Day in the Life/Give Peace a Chance
06. Let It Be
07. Live and Let Die
08. Hey Jude
09. Day Tripper
10. Lady Madonna
11. I Saw Her Standing There (with Billy Joel)
12. Yesterday
13. Helter Skelter
14. Get Back
15. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)/The End

Notes:
Opening night at the new “Shea” Stadium now called Citi Field. At 67 years old, Paul still got it. Now onto the recording, it has it’s problems. There was a wind factor at times,plus it rained for about an hour so you can occasionally hear drops of rain hit the mics (I had them mounted through little holes on my baseball cap at the top). I had the level just a tad bit to high and sometimes a little distortion shows up in the vocals when Paul belts it out. The plus side is that the crowd was pretty well behaved around me so it’s not to obnoxious. Overall it is still a very listenable and enjoyable show.
Please Trade freely and only encode to lossy formats for personal use only. Preserve the quality.Do Not sell for profit.

非常に今更ですがPaul McCartneyのCiti Fieldでの初日。音はまぁまぁのAud録音。EX-ってところでしょうか。

セットリストはFiremanの曲があったり、久々に”I’m Down”を演奏したりといったところで、地味に変更されています。個人的にはもう少しWingsの曲が聴きたいところ。それでも結構演奏されてるんですが、いつも同じ曲なので…。

しかしこのセットリスト、日本でやってくれたら嬉しいですね。来年あたりにワールドツアーが予定されているとの噂がちらほら出始めています。それまでに有給がたまっているといいなぁ。

確か昨年あたりからだと思うのですが、Paulが弾いているサイケ?なギター。あれは格好悪いというか、気味が悪いというか、使うの止めて欲しいと思うのは自分だけでしょうか。遠目から見るとサイケなんですが、近くでみると子供が手を伸ばして空を飛んでいる?イラストなんですもの。こういうものを使っちゃう、というのもPaulらしいんですけれど…。

 20090974

ギター その2 K.Country D-250 (1975)

640f9810_640
2本目はアコギ。

友人が安く買ったのを知って、後を追うようにヤフオクで購入。3000円で購入。同レベルと思われるAriaのアコギより、良い音がする。響きが違いましたよ。

普段弾くのには十分すぎるほど良い音です。

しかし、手持ちのギターで一番新しいのでも1995年製って。ちなみに一番古いのは、このK.Countryの1975年製です。

ギター その1 Orville Les Paul (1995)

 
b9016aeb_640 
そういえば、ギターを2本買いました。

そのうち、1本はどうしてもLes Paul Modelが欲しかったので購入。1995年製。Gibsonなんて高価で手が出ないため、Orville Les Paul を探しに捜して見つけたモノ。55000円で2008/01に購入。やっぱり”Les Paul”の文字が入ってるのが欲しかったのです。

買ったときにはコミックの「けいおん!」と同じモデルであることは意識してたけれど、色が違うからいいや、とか思っていたら、アニメの「けいおん!」では色と同じになってしまいましたとさ。

コミック → ブラウンサンバースト
アニメ → チェリーサンバースト

チェリーサンバーストのほうが画面映えするからでしょうかねぇ。

とりあえず、今更ですが「けいおん!」の曲でもコピーしましょうか。

椎名橙 – 不思議のマリア君 1巻

久々のジャケ買い。初コミックと言うのも購入の大きな動機でした。最近、影崎由那の「かりん」を読み返した後だったので、吸血鬼モノも読んでみようかな、と言った感じ。
結果は大当たり。

前髪パッツンの十久子がなんとも可愛い。マリアへの恋心とはちょっと違う想いであふれかえっていて、幼なじみというのはこんなモノなのだろうな、とあこがれてしまいます。
マリアが吸血鬼と言うことを隠していないと言うのも個人的には新鮮。そのため色々トラブルに巻き込まれるのだけれども、トラブルを回避するごとに、幼なじみから恋関係に移っていくところは面白い。

「ザ花とゆめ」掲載のコミックは初めて買ったのだけれども、もっと面白い作家さんがいるのかな。

ここ最近体調を崩していましたが、、コミックを読んで楽しいと思うまで体調が回復してきたので更新を再開していきたいと思ってますのよ。