Psychedelic music

先週はサイケデリック音楽史上、重要なアルバムを2枚購入しました。サイケもブリティッシュサイケが好みなのですが、偶然見つけたこのアルバムは購入せざるを得ません。いやいや、まさが見つけることが出来るとは思っていなかったので、見つけたときは、ちょっと小躍りしてしまいました。

その2枚とはアルバムタイトルに”Psychedelic”という文字を入れたアルバムです。

The Deep – Psychedelic Moods

Blues Magoos – Psychedelic Lolipop
先日発売されたディスクガイド本「Psychedelic Moods」によると”Psychedelic Moods”が一番早いようですが、メジャーから発売された”Psychedelic Lolipop”も重要なアルバムでしょう。

事実、Deep Purpleの”Black Night”は間違い無くBlues Magoosの”(We Ain’t Got)Nothin’ Yet”に影響されたモノでしょう。というか、パクリと言っても良いくらいだと思います。それだけ大ヒットして、耳にする回数が多かったのでしょう。
しかし、このヒット曲だけでなく他の曲も素晴らしい曲が多いです。というかサイケデリックな視点では他の曲の方がはるかに良いと思います。アッパーからダウナーまで多様な音楽が楽しめます。

ガレージバンドが時代の先端を求めて作り上げた音楽は紛れもなくPsychedelicな音楽でした。購入したCDは日本盤だったのですが、いかんせん古い時のマスタリングで音がしょぼいのが残念です。リマスターも出ているみたいですね。

一方の”Psychedelic Moods”のイメージはちょっとひねくれたアーティストがスタジオで音を作り上げた、と言った感じです。スタジオギミックをふんだんに取り入れて、Psychedelicと言われて、イメージされる音がここには全て取り込まれています。


おどろおどろしい表のジャケットと、裏面には”Not Recommended For Children”の文字が。そりゃこんな音楽は子供には聴かすことが出来ません。1曲目からSEのようなドラムの音や、キンキンと響くギターに、うなるようなギターの音。ポップであることをみじんも目指していないヴォーカル。

とにかくそれぞれの曲が印象的で、油断するとあっちの世界に引きずられてしまいます。そんなわけでたまにしか聴くことが出来ないアルバムですが、何度もアルバムだけが良いアルバムではないよ、と言うことを思い知らされます。

購入したCDはステレオミックス、モノミックスの両方が含まれているので、お買い得でした。

残された”Psychedelic”の文字が入った重要なアルバム13th Floor Elevatorsの”The Psychedelic sounds of”は今年にリマスター盤が出るようですので、そちら待ちです。Singleコレクションは購入したので、発売されるまで、これで我慢です。

高田 康太郎 – ハレルヤオーバードライブ! 2巻

バンドコミックはなるべく読んでいます。そんな中でも一押しになりつつあるのがこのコミックです。

なんと言っても演奏シーンが圧巻。多少デフォルメされていますが、演奏の勢いが伝わってきます。バンドコミックでストーリーがいくら面白くても、楽器の絵が下手だと、げんなりしてしまうのです。

2巻の口絵のリッケンバッカー4003のジャックが”RIC-O-SOUND”では無いのはご愛敬。作者も間違いには気がついているので、そのうち修正されるでしょう。(作者とメールのやりとりをしてしまいました!こういうのは嬉しいですね)

では絵だけのコミックかというと、そうではなくて、ボーイ・ミーツ・ガールで、主人公が成長して行く(であろう)様を見るのは読んでいて、とても楽しいです。

というか、青春・バンド・恋愛、って読んでいて楽しくないわけがないのです。わくわくしながら、3巻を待っています。

Jeff Beck Group – 1968-11-16 Miami,Florida

Jeff Beck Group – 1968-11-16 Miami,Florida

Band: Jeff Beck Group
Date: 1968-11-16
Venue: Thee Image Club Miami
Location: Miami,Florida
Source: Soundboard Recording
Sound: VG+

Track List:
01 Let Me Love You
02 I Can’t Hold out
03 Jeff’s Boogie
04 Sweet Little Angel
05 Shapes Of Things
06 Hi Ho Silver Lining
07 Beck’s Bolero
08 Rock My Plimsoul
09 Oh Pretty Woman
10 Morning Dew
11 Instrumental Mother’s Old Rice Pudding (not on “Truth” or “Beck-Ola”)(first time played due to announcement)
12 Sun Is Shining
13 I Ain’t Superstitious
Personal:
Jeff Beck: Guitar Extraordinaire
Rod Stewart: Vocals
Ron Wood: Bass
Micky Waller: Drums


6月に発売されるFacesの紙ジャケに備えて、Rod Stewartを良く聴いております。あまり好きなシンガーでは無かったのですが、Jeff Beck Groupをじっくりと聴き直しているうちに、好きになってきたという、自分では珍しいパターンです。

Steve MariottoもSteve Winwoodも聴いた瞬間に好きになったのですが、Rod Stewartはなんでだかダメだったのです。今となってはもったいない話なのですが。

さて、この音源はこの時期のJeff Beck Groupとしては珍しいサウンドボード音源ですが、こもり気味で団子の音像はオーディエンス録音のような感じです。記憶にある限り海賊盤では発売されていない気きがします。

内容は悪いはずもなく、JeffもRodもさえまくってます。Ronはよくわかんないや…。”Hi Ho Silver Lining”ではJeffがボーカルを取っています。Jeffがボーカルをとり続けたら、今頃、どんなアーティストになっていたか、考えただけでゾクゾクします。きっとJEFF BECK印は変わらないのでしょうけれど。

羅川真里茂 – 朝がまた来るから


待望の新作。待ってました。「しゃにむにGO」では長編作家としての才能を存分に発揮していましたが、個人的には短編~中編のほうが好きな作家さんです。赤僕も短編の連作と言った感じだったし。

掲載誌が別冊花とゆめだったということもあり、ちょっと対象年齢が上の短編集。
帯に「罪」をテーマにしたモノと書いてあったので、ちょっと今の精神状態では読むのが辛いかな、と思ったのですが、羅川真里茂のとても大きな優しさがつまっていました。表紙のイメージ通りです。

人というのはどこかに優しさが有る、そんな救いがある話ばかりでした。ささくれ立っている自分の心に染み入りました。

平々凡々に暮らしたい、という自分の気持ちを壊した人々を許す気にはなれませんでしたが、そんな人々に持っている怒りはすこし収まった気がします。

そう。明けない夜は無いのです。

朝は必ずやってくるのです。

短編連作集として最上の作品です。素晴らしい。

Paul McCartney & Wings – Let 'Em Out

Paul McCartney & Wings – Let ‘Em Out

PAUL McCARTNEY & WINGS
LET ‘EM OUT
First Installment
Remasters Workshop RMW 556
April 27, 2010

A big thank you to the person(s) responsible for unearthing this new material. Many hours have been spent here at the old Workshop, fixing up the tracks to make them presentable. The original source files were badly recorded, with one channel (usually the left) overdriven into clipping and the other not. The clipping and distortion has been undone, and the levels matched. Recordings from acetate source have been declicked. EQ has been added to tracks that were severely in need of brightening. All tracks have been phase and pitch corrected.

All of the “Speed Of Sound” tracks to appear so far are included, with some other interesting Wings material added for your enjoyment.

Other people will be releasing this material any day now, but it won’t sound like this. And if it does, you’ll know where they got it from!

Track Listing:

01 Silly Love Songs (no strings or horns).flac
02 Beware My Love (complete instrumental acetate).flac
03 Beware My Love (incomplete).flac
04 Must Do Something About It (Paul vocal).flac
05 She’s My Baby (take 1).flac
06 She’s My Baby (version 2).flac
07 The Note You Never Wrote (no strings).flac
08 Time To Hide.flac
09 Wino Junko.flac
10 Let ‘Em In (mono promo edit).flac
11 Let ‘Em In (stereo promo edit).flac
12 Newt Rack (instrumental, monitor mix).flac
13 Take It Away (monitor mix).flac
14 What’s That You’re Doing (rough take, monitor mix).flac
15 Hi Hi Hi (mono acetate alt mix).flac
16 Another Day (mono acetate mix).flac
17 Junior’s Farm (alt mix by Ernie Winfrey).flac
18 Sally G (alt mix by Ernie Winfrey).flac
19 Daytime Nighttime Suffering (early mix).flac

Please preserve the lossless quality of this material.

Uploaded to Demonoid April 27, 2010

Enjoy!

Remasters Workshop

そのうち出回ると思っていた通り、Trevor Jones Collectionが聞きやすい形にコンパイルされました。イコライジングやピッチの修正、ノイスリダクションもなされて、非常に聞きやすくなっております。

第一弾は”Speed Of Sound”関連を中心にミックス違いの音源がまとめられています。目玉はPaulが歌う”Must Do Something About It”でしょうか。Joe Englishのボーカルも良かったですが、やはりPaulが歌うモノを聴けるのは幸せです。

“Silly Love Songs”や”Beware My Love”は大好きな曲なので、オフィシャルリリースとは違う形で聴けるのは嬉しい限りです。

Pretty Things – Live At The Heartbreak Hotel

1. Big Boss Man
2. Midnight Six
3. King Bee
4. Honey I Need
5. Shakin’ All Over
6. Rosalyn
7. Roadrunner
8. Hey Mama Kepp Your Big Mouth Shut
9. Raining In My Heart
10. Round ‘n’ Round (Reelin’ ‘n’ Rockin’)
11. Don’t Bring Me Down
12. Mona

Pretty Thingsは手に入れにくいCDがいくつかあるのですが、そのうちの一つをやっと入手することが出来ました。Amazon.co.jpやAmazon.UKではレコードのみの取り扱い。しかも売り切れ。CDが発売されているかどうかも怪しいモノでした。

1984/3/13に録音されたPretty Thingsの初のライブ盤。活動が停滞していたときのライブで、メンバーもPhilとDick以外はテンポラリのメンバーっぽいのであまり期待はしておりませんでした。

しかし、さっそく聞いてみると噂通りまさにパブロックのノリです。これはこれでかっこいい。サックス、ピアノが入っているため、大昔のR&Bを思い起こさせる所もあります。Paul McCartneyの”CHOBA B CCCP”の雰囲気に似ています。あちらもMick Greenが参加していてパブロックぽかったですよね。

どこか良い意味で緩い演奏は今のPretty Thingsとは違った魅力があります。が、やはり現在進行形のバンドだと思いますので、現在のライブ盤を出して欲しいなあ、と思うわけです。

Humble Pie – 1970-07-09 BBC

Humble Pie September 9 1970 BBC FM
BBC Studios London

Four Day Creep and Big Black Dog have been removed
as they are on the official release live at the BBC.

fm radio broadcast>cassette>AR record wizard>flac frontend

Tracks:

1. I’m Ready
2. Live With Me
3. Stone Cold Fever
4. Hallelujah (I Love Her So)
5. Walk On Gilded Splinters
6. The Sad Bag Of Shakey Jake
7. One Eyed Trouser Snake Rumba

先日、ようやくKing Biscuit Flower HourのCDを手に入れることが出来ました。曲順が変更された再発盤は持っていたのですが、やはり正しい曲順で聴きたかったのです。期せずして日本盤でしたので、SteveのMCの日本語訳まで知ることが出来て嬉しかったです。

SN3J0277.jpg
そういえば、Humble Pieの音源で新しく出回っているのがあるかと調べてみたら、大物が引っかかりました。

オフィシャルで発表されている”NATURAL BORN BOOGIE”のBBC音源は曲数が少ないので、まだまだあるのか、と思っていましたが、有るところには有るのですね。

SN3J0278.jpg

インフォメーションを読む限り、”NATURAL BORN BOOGIE”に収録されている”Four Day Creep”、”Big Black Dog”と同じ Peel Sunday Concertでの放送のようですが、オフィシャルでの2曲はDavid Lee Travis showでも放送との話も出ていて、結論は出ていないようです。

音質はVG+程度だと思いますが、エアチェックテープなので十分高音質ですが、オフィシャルよりは数段落ちます。
とにもかくにも、残っている音源、すべてオフィシャルで発表してもらいたいものです。Humble Pie自体、残っている音源が少ないのですから…。

��追記-

よくよく聴いてみたら、手持ちの”On Stage”と同じ音でした。とほほ…。

SN3J0279.jpg

これだったら再結成時のライブ音源、1981/5/17 California を記事にすれば良かったですね。