2013-05-17 Paul McCartney & Wings – Rock Show at 六本木

その日は朝からテンションが上がってました。

レンタルビデオで借りたVHSからダビングしたものしか見たことがなく、ライブの良さはともかく映像にあまり良い記憶が無いのでした。だから事前にYouTubeにオフィシャルチャンネルから公開された映像を見て、俄然自分の中で盛り上がってきました。

だからといって映画館で見るつもりも無く、ハードロックカフェに行くことによってポスターがプレゼントされると聞いても、時間的な問題、体調が芳しくないのが理由で行けないなと思っていました。しかし住まいがある横浜のハードロックカフェでは無く、六本木だったら行けるのでは?あれ、映画も見ることが出来る?ということで、慌てて映画の予約を取りました。偶然、5年来のBeatlesがきっかけで知り合うことの出来た友人も予約しているとのことで、気分は高まる一方でした。

時間ぎりぎりに映画館に入り、2013年のPaul McCartneyによる解説を聞き、最後に「携帯電話の電源を切るように!」で笑わせられ、始まった”Rock Show”は素晴らしいの一言でした。

夜に撮影されたため、全体的に暗いイメージは変わりませんが、明らかにくっきりした画像、音声に最高の布陣と言われるWingsのライブバンドの良さのすべてが詰まっています。VHSで感じたピッチの高さも正常に戻されています。YouTubeで公開された”Silly Love Songs”のミックスもオリジナルに近くなっています。そう、リマスターに加え、音声はリミックスがなされているようです。気のせいかも知れませんが、コーラスが全体的に控えめでPaulの声が前面に出ている気がしました。驚いたのは完全版だったことです。嬉しいサプライズでした。映像が残っているのに使われないことに、そうとう苦情というか、リクエストが多かったのでしょう。あとは、”Richard Cory”で”John Denver”と歌わなかったところですか。全くの思い込みで、すべてのライブで歌詞を変えていたと思っていました。自宅に帰り手持ちの音源で聞き直してみましたが、ある時期から変えているような、いないような。

とにもかくにも幸せな時間を過ごすことが出来ました。無事に友人にも挨拶をすることが出来て、心のつかえも取ることが出来ました。

その後はその友人にお願いし、あるオフ会に参加して六本木のハードロックカフェへ。ポスターとテキーラグラスを頂きました。嬉しい企画です。じつはPrinceのギターが展示してあることが一番嬉しかったり…。オフ会では飛び入りにもかかわらず、1980年公開時の映画の半券を頂いてしまいました。この場を借りて御礼申し上げます。

さて、ここから少し”Rock Show”から外れて長年の疑問だった1976/5/22 Bostonでのライブで、”Soily”は演奏されたのか、されていないのか。簡単に調べてみました。この日は1976/06/23 LA Forum に勝るとも劣らない素晴らしい音源が流通しております。しかし残念ながら”Soily”が収録されておらず1976/06/23の同曲の音源で補完されておりました。5/22のライブは非常に音が悪いですが、もう1ソース流出しており、そちらも”Soily”は収録されていません。”Hi Hi Hi”のあと”See you next time!”とPaulが発言し、かなりながい拍手の後音源が終了しています。そのため何かしらの理由で”Soily”は演奏されなかったと考えるのが妥当だと思われます。しかし”Wing Over America”のオフィシャルサイトのセットリストを見ると演奏されたとあります。さてさて、どちらが正しいのか。真相は当日ライブを見た人のみぞ知る、というところでしょうか。

オフィシャルサイト セットリスト

またまた脱線し、この”Wings Over America”、またその時のワールドツアーの音源はリハーサルを含め、かなりの日にちが流通しております。興味のある方は集めて、聞き比べるのも楽しいかと思います。

Elstree Rehearsal 9-6-1975
Southampton England 9-9-1975
Bristol England 9-10-1975
Cardiff Wales 9-11-1975
Birmingham 9-13-1975
Newcastle 9-16-1975
London 9-17-1975
London 9-18-1975
Glasgow Scotland 9-21-1975
Adelaide Australia 1975-11-5
Sydney Australia 1975-11-8
Brisbane Australia 1975-11-10
Melbourne Australia 1975-11-13
Copenhagen Denmark 3-20-1976
Copenhagen Denmark 3-21-1976 Source One
Copenhagen Denmark 3-21-1976 Source Two
Berlin Germany 3-23-1976
Rotterdam Netherlands 3-25-1976
Paris France 3-26-1976
Fort Worth Tx 5-3-1976 Source One
Fort Worth Tx 5-3-1976 Source Two
Houston TX 5-4-1976
Detroit MI 5-7-1976 Source One
Detroit MI 5-8-1976 Source One
Toronto Canada 5-9-1976 Source One
Toronto Canada 5-9-1976 Source Two
Cleveland OH 5-10-76
Philadelphia PA 5-12-1976
Philadelphia PA 5-14-1976 Source One
Landover MD 5-15-1976
Landover MD 5-16-1976
Atlanta Ga 5-18-1976
Atlanta Ga 5-19-1976
Uniondale NY 5-21-1976 Source One
Uniondale NY 5-21-1976 Source Two
Boston Ma 5-22-1976 Source One
Boston Ma 5-22-1976 Source Two
New York, NY 5-24-1976
New York, NY 5-25-1976
New York, NY 5-25-1976 Source Two
Cincinnati OH 5-27-1976
Cincinnati OH 5-27-1976 Source Two
Kansas City MO 5-29-1976
Chicago IL 5-31-1976
Chicago IL 6-1-1976 Source One
Chicago IL 6-1-1976 Source Two
Chicago IL 6-2-1976 Source One
Chicago Il 6-2-1976 Source Two
St Paul MN 6-4-1976
Denver CO 6-7-1976
Seattle WA Soundboard 6-10-1976
Seattle WA 6-10-1976 Source One
Seattle Wa 6-10-1976 Source Two
San Francisco CA 6-13-1976
San Francisco CA 6-14-1976
San Diego CA 6-16-1976
Tucson AZ 6-18-1976
Los Angeles CA 6-21-1976
Los Angeles CA 6-22-1976
Los Angeles CA 6-23-1976 Source One
Los Angeles CA 6-23-1976 Source Two
Vienna 9-19-1976
Zagreb 9-21-1976
Venice 9-25-1976
Munich 9-27-1976
Wembley 10-19-1976
Wembley 10-20-1976
Wembley 10-21-1976

Humble Pie – 1983-09-16

Artist  : Humble Pie
Date    : 1983-09-16
Venue   : HaymakersClub,Wheeling,ILL
Lineage : AUD
Quality : EX
Setlist  :

1. Whatcha Gonna Do About It
2. Fool For A Pretty Face
3. Hallelujah I Love Her So
4. Walking The Dog
5. They Call it love But it smelled like Pussy (this is a long blues song)
6. The Fixer
7. Drum Solo
8. Thirty Days In The Hole
9. I Dont Need No Doctor

1981年に再結成Humble Pie(Mk3)が解散後、Jim Levardon、Goldy McJohn、Fallon Williamsというメンバーで様々なバンド名で活動を始めましたが、最終的にHumble Pieと名乗ることとなります(Mk4)。しかしGoldy McJohnが薬物問題で外され(Mk5)、トリオで活動を続けることとなりました。そのメンバーでレコーディングを始めることとなり、アトランタへ行くことになりましたが、Jim Levardonは入国できず、レコーディングの話は立ち消えとなります。

そのままアトランタに住み続けたSteveは地元のミュージシャンのTommy Johnson、Keith Christopherと活動を始めます(Mk6)。しかしこのメンバーでの活動を短くTommy Johnsonの代わりにPhil Dixが加入します(Mk7)。

この音源のインフォメーションにはTommyとPhilがギターとして参加しているとありますが、バンドメンバー紹介時にはPhilの名前のみ紹介されています。

その後、Philはバンドを外され、Georgia Satellitesのギタリスト、Rick Richardsと一緒にリハーサルを行っております(Mk8)。このメンバーでも長く活動をすることができず、RickとKeithが外され、デモレコーディングのためDave Hewittを加えています(Mk9)。

すでにバンドの体を為しておらず、Steveは家庭問題を理由にイギリスに帰国してしまう。それがSteveが参加していたHumble Pieの最後でした。

SteveのHumble Pieを続けるために、ギタリストを探し続けました。そのことに疲れたのでしょうか、イギリスに帰国後はトリオでの活動となります。

この音源はPhilが参加していたMk7時のライブをとなります。1982年のライブは相当荒れていたようですが、1983年となるとメンバーもある程度固定し、演奏も悪くありません。ライブの曲が同じであれば、1981年のMk3と同じくらいのテンションでSteveは演奏をしています。

違いといえば、”Whatcha Gonna Do About It”というSmall Facesの曲が演奏されているくらいで、レベルの高い演奏をしています。確かにDaveやBobbyに比べると、演奏の質は落ちてしまいますが、決して懐メロバンドではなく、現役感がある音を出しています。これに何曲かレコーディングしていた新曲が演奏されるともっと良かったのかもしれません。
全体的にSteveの口が悪くなっています…。小さなライブハウスだったのか4文字を連発しています。そんな上機嫌に釣られてか、観客の反応も良いです。”I Dont Need No Doctor”でのコール&レスポンスも反応がいいです。アンコールを求める声も非常に大きいです。

音質もあまりステレオ感はありませんが、観客のチャットも無く、非常に聞きやすいモノとなっています。

この音源は2010年にSteve Marriott名義の”Lend us a quid”のボーナスディスクとして公式発表されています。非常に音圧があがり、聞きやすいマスタリングがなされていますので、CDで聞くことをオススメいたします。

あ、公式発売されたモノは、購入しましょうね。基本です。

—– Latest Information —-

Humble Pie September 16th 1983 @ Haymakers Club in Wheeling Illinois USA

PCM Archives Continue.

Steve had a broken leg at this gig. He still kicked ass. I had the microphones
just 5 or 6 feet from the left house speakers. This will crank full blast on your
best stereo system. Just archived today. 22 years at since this has been played.

For those that never seen these units, here are a few url’s:

http://home.comcast.net/%7Eanalog414/pf1.gif

http://home.comcast.net/%7Eanalog414/psl2000.gif

PCM-F1 Master RB

SEAT: Main floor about 6 feet in front of left speakers
Tape: Maxell HGX Gold L-750 (do I need to mention) Beta II
DECK: Sony units: PCM-F1 Digital Audio Processor/SL-2000 Video beta
MICS: AKG 460-B w/ ck1 capsules

Playback on SAME UNITS BUT NOT identical units (tracking adjusted).
*I tested at least 12 beta units before I found a good sounding one.*

Analog out on PCM>
Using Chord Company cables to and from Naim preamp
Played through the Naim Audio NAC-52 pre-amp>
to the Marantz CDR-600 (Philips CDR-101) Standalone CDR Burner.
Mastered to Gold Satin Taiyo Yuden 74-ZY CDR’s (never anything else)
PC drive…..Plextor UltraPlex40max CDR-ROM SCSI (W/adaptec 2930 PCI)
EAC (1.8X ripping speed or SLOWER on all my uploads)>FLAC>YOU GUYS, Enjoy RB

All my uploads are exactly as the master…RAW! This includes all
if any…gaps, cut songs, pops and bad tracking. But if I were you,
don’t let this discourage you to download.

**DO NOT CHANGE THESE CD’S IN….ANYWAY….EXCEPT FOR…YOUR… USE!**

setlist:

Whatcha Gonna Do About It
Fool For A Pretty Face
Hallelujah I Love Her So
Walking The Dog
They Call it love But it smelled like Pussy (this is a long blues song)
The Fixer
Drum Solo
Thirty Days In The Hole
I Dont Need No Doctor

Steve Marriott: Guitar & Vocals
Phil Dix: Guitar
Keith Christopher: Bass
Fallon Williams: Drums
Jimmy T: Guitar

Checksum:

854f1db16774b357223a09671189bd5a *Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track01.flac
c204252cb418944a3dd4533fa2ec770e *Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track02.flac
c49260f72a4bcebdd666b2702c86ed56 *Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track03.flac
f2805827f0d469abf4045def6fd7b8b2 *Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track04.flac
45a08894df81951adb764d1fe2eec398 *Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track05.flac
559655d06df658d5a603d584e16fc045 *Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track06.flac
f3710a9911f1ce1db819d890863d4da7 *Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track07.flac
de14ee69fb45c97585a91b4fcf8de446 *Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track08.flac
2140db4b5b9b00330a8d2b625e41e440 *Humble-Pie-Sept-16-1983-cd1Track09.flac

Humble Pie – 1981-xx-xx

Artist  : Humble Pie
Date    : 1981-xx-xx
Venue   : New York
Lineage : AUD
Quality : EX-
Setlist  :

1. I Don’t Need No Doctor
2. Infatuation
3. All Shook Up
4. Thirty Days In the Hole
5. Tin Soldier
6. Fool For A Pretty Face
7. Four Day Creep (From King Biscuit Flower Hour)
8. C’mon Everybody(From King Biscuit Flower Hour)

インフォメーションが少ないため謎のライブですが1981-05-17で推測したことがただしければ、その前後に行われたライブとなります。

1曲目の”I Don’t Need No Doctor”からテンションが高いです。このツアーでの音源を聞く限り、非常にレベルが高いライブを繰り広げていたことがわかります。

 “Infatuation”ではエコータップリで盛り上がる箇所を作っています。すこしリズムが重く感じます。

その思いリズムが続いたまま”All Shook Up”へ。イントロのギターがすこしトリッキーで面白いです。中盤で一瞬ですが3人のボーカル回しが聞きどころでしょうか。曲が終了したときにテープのヨレが起こります。

しかしなんとかテープが耐えて、音質は変わらず”30 Days In the Hole”に。高音部を一部Bobbyが担当することにより、Mk2の頃の迫力を再現しています。最後はおなじみの”I Cant explain”をつないで終了。

音質にすこし変化がありますが、あまり気になりません。さすがにSmall Facesの頃と比べるのは酷ですが、タイトながら迫力のある”Tin Soldier “を聞くことができます。ここでも一部のリードボーカルをBobbyが担当しています。

そしてこの後はKing Biscuit Flower Hourの音源が繋がっています…。セットリストがガラリと変わったのかとワクワクして聞いた身としては、なかなかの驚きでした…。

音質はステレオで録音され2本のギターが綺麗に別れて聞こえる程度の良いモノです。だからこそ最後の2曲が残念です。

—– Latest Information —-

Humble Pie
New York City
 1981

audience recording

trace cd > Eac > flac > dime

1. I Don’t Need No Doctor
2. Infatuation
3. All Shook Up
4. Thirty Days In the Hole
5. Tin Soldier
6. Fool For A Pretty Face
7. Four Day Creep
8. C’mon Everybody

 Steve Marriott – Guitar vocals
 Bob Tench – Guitar Vocals
 Jerry Shirley – Drums
 Anthony “Sooty” Jones – Bass

The Pretty Things – 2004-01-25

Artist  : The Pretty Things
Date    : 2004-01-25
Venue   : Hirsch Nuernberg Germany
Lineage : AUD
Quality : EX
Setlist  :

1. Intro
2. Unknown Song
3. I’m A Roadrunner
4. Habana Bound
5. Midnight To Six Man
6. SF Sorrow Is Born
7. Private Sorrow
8. Balloon Burning
9. Baron Saturday
10.Loniest Person
11.Circus Mind
12.Office Love
13.Bitter End
14.In The Square
15.Keep Your Big Mouth Shut
16.I’m Your Man
17.Don’t Bring Me Down
18.Hootchie Cootchie Man
19.Come Home Momma
20.Judgement Day
21.LSD / Old Man Going

Encores
22. Rosalyn
23. Route 66 / Pretty Things

まずは音の良さに驚きます。SBD音源かと聞き間違えるようなきれいな音です。各楽器の分離も良く、ボリュームを上げて聞きたくなる音源です。

“Old Man Going”かと思いきや、聞いたことがないコーラス中心の曲がオープニングです。すこし調子外れでずっこけますが…。

そんなずっこけも”I’m A Roadrunner”で消え去ります。その勢いのまま”Habana Bound”へ。このときのライブでも”Hijack Song”というPhilのMCは有りません。曲の間に観客の1人?が誕生日ということで”Happy Birthday”が歌われます。うらやましい…。

“Midnight to six man”では珍しくブレイク部分があり、John?もリードボーカルを取っています。かなりかっこいいアレンジです。

「1967年のオリジナルラインアップで演奏するよ」というようなMCで”SF Sorrow”からのナンバーが始まります。いつ聞いてもドキドキするナンバーです。”Private Sorrow”で語りが有るのも新鮮です。ドラムソロも有りますし。

“Stone-Hearted Mama”のB面である、”Circus Mind”や”CROSS TALK”から”Office Love”、”The Bitter End”が演奏されるのも珍しいです。私が持っている音源ではこのライブのみで演奏されています。ライブ全体の構成としてはあまり変化が無いのですが、細かいところで選曲を変えているのはコアなファン向けなのでしょう。

長く活動しているバンドは代表曲が多いので、ライブでは固定曲が多くなってしまいがちです。こういった変化は大歓迎です。

“In The Square”から一転”Keep Your Big Mouth Shut”への荒々しい演奏もたまりません。Philの声もシャウトからハイトーンまで良く出ています。”I’m Your Man”~”Don’t Bring Me Down”の流れもハードでかっこいいです。当時60歳弱でしょうが、年齢の重みといつまでも持っている怒りが表れています。

珍しい曲が続いて”SILK TORPEDO”から”Come Home Momma”へ。2004年のライブは珍しいセットでこれほどきれいな音で残されていて本当に幸いです。

“LSD”では中近東っぽいギターソロが弾かれこれまた珍しいアレンジです。

すさまじいアンコールを求める拍手の中、”Rosalyn”と”Route 66″があっという間に演奏されます。”Route 66″ではJohn Poveyとのツインボーカルで聞くことが出来ます。そしてこれまた珍しく観客との掛け合いがあり、ドラムソロへと繋がり”Pretty Things”のメドレーとなっていきます。これは興奮します。

2004年の音源はこのライブしか見当たらないのと、その珍しい選曲、素晴らしいライブ内容から必聴と言えます。

—– Latest Information —-

PRETTY THINGS
Hirsch Nuernberg Germany
June – 25 – 2004


from SEETHELIGHT7 collection # 66

Rec. Info:
OKM2R->SHARP MR 470H->MD->playback on SONY MZR700->ALCrec.->
Soundengine->WAV->TLH8->FLAC->DIME->YOUR EARS AND MIND…

Excellent powerful recording! Unfortunately this is a band that
completely escaped from my mind yet. Always thought they were a
boring 60’s beat group, but they do rock as hard as the WHO in their
better days…After listening to this I’m willing to get me some of
their records…preferably, of course, on vinyl…ENJOY! SB

FULL SHOW (101:36 min.)

01. Intro (1:01)
02. … -> (1:35)
03. I’m a roadrunner (3:17)
04. … (5:57)
05. Midnight to six man (3:47)
06. SF sorrow is born (4:04)
07. Private sorrow (6:12)
08. Balloon burning (4:04)
09. Baron saturday (4:41)
10. Loniest person (1:48)
11. Circus mind (2:50)
12. Office love (5:32)
13. The bitter end (4:18)
14. In the square (6:32)
15. Keep your big mouth shut (6:19)
16. I’m your man (3:03)
17. Don’t bring me down (3:12)
18. Hootchie cootchie man (4:35)
19. … (4:11)
20. … (4:00)
21. LSD (9:41)
— Encores —
22. Rosalyn (2:45)
23. Route 66 (8:06)

ANY HELP/CORRECTIONS TO THE SETLIST IS MUCH APPRECIATED!!

The Pretty Things 2004:

Phil May – vocals
Dick Taylor – guitars
Waly Waller – bass, vocals
John Povey – keyboards, vocals
Skip Alan – drums, vocals
Frank Holland – guitars, vocals

ffp:
prettythings 2004-06-25t01.flac:738faf9baaadd41d0bd44aba5d43a2aa
prettythings 2004-06-25t02.flac:52624e12b4c3f759f49fa9b757c56fec
prettythings 2004-06-25t03.flac:81cdfa2729487dedd89caa62a1871bc6
prettythings 2004-06-25t04.flac:0afd96dd2202fdfa13d0478b5035464e
prettythings 2004-06-25t05.flac:a39745cc1cf5ce31371cbe1922b160db
prettythings 2004-06-25t06.flac:11639cb97139743e85755790b6d05d2e
prettythings 2004-06-25t07.flac:9040e1575422a514d770c8465912f138
prettythings 2004-06-25t08.flac:599aaa845bd022c9102f06a6d1c4b94d
prettythings 2004-06-25t09.flac:bcfe015bd6ab4abf7eda165194cdb916
prettythings 2004-06-25t10.flac:7674454d8289052d22fb21a2df47e3ae
prettythings 2004-06-25t11.flac:a629420941ebefc6e8bda54320ed8991
prettythings 2004-06-25t12.flac:e766cae76f25df77f2ebc62df29258cf
prettythings 2004-06-25t13.flac:0013faff72a4ac83a26d9991ba2207a9
prettythings 2004-06-25t14.flac:c804d8077ed00b2208fff2e54eaf16a0
prettythings 2004-06-25t15.flac:a96dcc4814feb1a90adbe952f2e68a01
prettythings 2004-06-25t16.flac:5ee47e69ff9c71ffc2a040727af1e0cc
prettythings 2004-06-25t17.flac:6f865f89c2230f399f9864691648915e
prettythings 2004-06-25t18.flac:ddf2855c78cde1ee121c36daf15574f9
prettythings 2004-06-25t19.flac:d2f0dd2492e259a115e634b2c8dc2a10
prettythings 2004-06-25t20.flac:20ab796f0bc9194ddfce74f3b849e7db
prettythings 2004-06-25t21.flac:647bcc60cdc78e92a025e7a625b6d6d4
prettythings 2004-06-25t22.flac:cb1f0106fe14effb2eba65cbaecf92e3
prettythings 2004-06-25t23.flac:65c50e4cd7b1e37efcd848a4b97a0e2d

No errors occured.

st5:
738faf9baaadd41d0bd44aba5d43a2aa  [shntool]  prettythings 2004-06-25t01.flac
52624e12b4c3f759f49fa9b757c56fec  [shntool]  prettythings 2004-06-25t02.flac
81cdfa2729487dedd89caa62a1871bc6  [shntool]  prettythings 2004-06-25t03.flac
0afd96dd2202fdfa13d0478b5035464e  [shntool]  prettythings 2004-06-25t04.flac
a39745cc1cf5ce31371cbe1922b160db  [shntool]  prettythings 2004-06-25t05.flac
11639cb97139743e85755790b6d05d2e  [shntool]  prettythings 2004-06-25t06.flac
9040e1575422a514d770c8465912f138  [shntool]  prettythings 2004-06-25t07.flac
599aaa845bd022c9102f06a6d1c4b94d  [shntool]  prettythings 2004-06-25t08.flac
bcfe015bd6ab4abf7eda165194cdb916  [shntool]  prettythings 2004-06-25t09.flac
7674454d8289052d22fb21a2df47e3ae  [shntool]  prettythings 2004-06-25t10.flac
a629420941ebefc6e8bda54320ed8991  [shntool]  prettythings 2004-06-25t11.flac
e766cae76f25df77f2ebc62df29258cf  [shntool]  prettythings 2004-06-25t12.flac
0013faff72a4ac83a26d9991ba2207a9  [shntool]  prettythings 2004-06-25t13.flac
c804d8077ed00b2208fff2e54eaf16a0  [shntool]  prettythings 2004-06-25t14.flac
a96dcc4814feb1a90adbe952f2e68a01  [shntool]  prettythings 2004-06-25t15.flac
5ee47e69ff9c71ffc2a040727af1e0cc  [shntool]  prettythings 2004-06-25t16.flac
6f865f89c2230f399f9864691648915e  [shntool]  prettythings 2004-06-25t17.flac
ddf2855c78cde1ee121c36daf15574f9  [shntool]  prettythings 2004-06-25t18.flac
d2f0dd2492e259a115e634b2c8dc2a10  [shntool]  prettythings 2004-06-25t19.flac
20ab796f0bc9194ddfce74f3b849e7db  [shntool]  prettythings 2004-06-25t20.flac
647bcc60cdc78e92a025e7a625b6d6d4  [shntool]  prettythings 2004-06-25t21.flac
cb1f0106fe14effb2eba65cbaecf92e3  [shntool]  prettythings 2004-06-25t22.flac
65c50e4cd7b1e37efcd848a4b97a0e2d  [shntool]  prettythings 2004-06-25t23.flac

No errors occured.

md5:
64d8ff2dd3429e904d835805e2004712 *prettythings 2004-06-25t01.flac
03c94e74d5b4190591d668ab0dd77f22 *prettythings 2004-06-25t02.flac
1486b7f837a73cd3fc026c1a5dbe4c2d *prettythings 2004-06-25t03.flac
520545935c6f464dc3bf550f09e5cf8b *prettythings 2004-06-25t04.flac
d29e5a8693b9121f82ce97e6df7a2654 *prettythings 2004-06-25t05.flac
89200743e4c830a0d8fa257177aac455 *prettythings 2004-06-25t06.flac
98231d2521ff4a14b122073c78876fcf *prettythings 2004-06-25t07.flac
12aa3f657025f6b09be7d86421234759 *prettythings 2004-06-25t08.flac
f59475c6336f8a3120fadf77010ad4a5 *prettythings 2004-06-25t09.flac
64caccffebf716c082fd139292ac4e17 *prettythings 2004-06-25t10.flac
f6fb2f5811de6765e9c71364e675d63e *prettythings 2004-06-25t11.flac
386d06dba0de8e621959049cdd6a55eb *prettythings 2004-06-25t12.flac
c0c8b01b818f1c4270483b5cd01b6a0d *prettythings 2004-06-25t13.flac
425595a7ea6cf0b6abcce2754109eda6 *prettythings 2004-06-25t14.flac
fffbadc9b831aae24d54fd67ce7d69e1 *prettythings 2004-06-25t15.flac
07b22c10494532a8b6eb7842a5922b2b *prettythings 2004-06-25t16.flac
620bbd837dde1ca9a169c60bff1a147e *prettythings 2004-06-25t17.flac
7cd6967e599bbbf1eef868dc0830df5c *prettythings 2004-06-25t18.flac
64072e56f16cd0b67a5840fd05e99b30 *prettythings 2004-06-25t19.flac
019bd0eb19c901d85720ff43cca05063 *prettythings 2004-06-25t20.flac
44b06f48e63ac701c39a2b16686ab54b *prettythings 2004-06-25t21.flac
a5576127b1d04ba6f69cd8798c9a2ea2 *prettythings 2004-06-25t22.flac
70a2a3b8557cb037e72d8aff40f22806 *prettythings 2004-06-25t23.flac
baf6a903be8376657d68b4449f7f7df6 *picspt01.jpg
a1d2aec8997e45f9de39424f564a87ba *picspt02.jpg
fdd218e26a76b154518625a6d5ba0054 *picspt03.jpg
d55a3811817ed0bf2fe417172d3585c6 *picspt04.jpg
f26cb9c416ef770957c3f37306af4580 *picspt05.jpg
48a0b89d457c7a71b51952a1a237a4f5 *picspt06.jpg
c08aaa7af66fd5621dd41a6d866467f5 *picspt07.jpg
675a3a3169ba5757cb60f7f9935b49d2 *picspt08.jpg

No errors occured.

にざかな – 4ジゲン 3巻

内容紹介(Amazonから)
内容紹介
3年ぶりのコミックス最新3巻登場!! 「恋をする人」「○○スケッチ」など大爆笑のネタがてんこ盛り!! あなたを異次元の笑いの世界へと誘います♪ 2013年5月刊。

—–

3年ぶりにLaLaにて連載が再開され、やっと3巻が発売されました。「4ジゲン」から元々言葉遊びが強かったのですが、ここ最近ますますそれが強くなってきていて、素直に笑えないギャグが増えています。にざとかなとがあまりもめる事無く、原作に忠実にかなが絵を描いている気がします…。

2人の化学反応が無いと、「にざかな」としてはうまく行かないと思います。それとも完全にけんか別れしてしまったのでしょうか。それはそれで悲しいですが。

幸いにもLaLaで連載が続くようなので、化学反応がまた起こることを期待しています。

4ジゲン 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)
にざかな
白泉社 (2013-05-02)

The Pretty Things – 1999-09-22

Artist  : The Pretty Things
Date    : 1999-09-22
Venue   : South, Philadelphia, PA, USA
Lineage : AUD
Quality : VG+
Setlist  :

1. introductions
2. Roadrunner
3. Don’t Bring Me Down
4. Habana Bound
5. SF Sorrow is Born
6. She Says Good Morning
7. Balloon Burning
8. Baron Saturday (Dick Taylor vocs)
9. Loneliest Person
10.Cries From The Midnight Circus
11.Singapore Silk Torpedo
12.Vivian Prince
13.Goodbye, Goodbye
14.Goin’ Downhill
15.Come See Me
16.Judgement Day
17.band intros/ L.S.D./Old Man Going

encore:
18.Rosalyn

1999年のアメリカンツアーでのライブ音源となります。おそらくメンバーは1998年でのライブと同じメンバーと思われます。しかし演奏はより荒々しく感じます。音質のせいでしょうか…。最大で1000人ほど収容できる会場です。観客の反応はかなり良いです。

しかし観客も正直でヒット曲では無い”Habana Bound”ではほとんど歓声は起きておりません。お決まりのMCである”Hijack Song”と言うのをPhilは遠慮したのでしょうか。だがしかし!演奏後は大歓声が!良い曲だというのがすぐに伝わったようです。Frank Hollandと思われるギターソロも良い感じです。

また”S.F Sorrow”からの曲も増えており、より再現率が高くなっています。Dickのギターの音も太くなり、1998年のライブとはかなり変わっています。おそらくライブを続けているうちに音が変化していったのでしょう。

“S.F Sorrow”のあとは新旧の曲を演奏しています。”Singapore Silk Torpedo”、”Vivian Prince”は少なくとも私が所有している音源では演奏されていない珍しい曲となります。”Vivian Prince”でテープチェンジがあるのが惜しい!

続いて当時の最新アルバム”…RAGE BEFORE BEAUTY”から”Goodbye, Goodbye”-“Goin’ Downhill”です。これはあまり反応が良くないです。良い曲なのに残念です。

その後は怒濤の代表曲が続きます。盛り上がらないはずもなく、あっという間にアンコールへ。

“Rosalyn”での大合唱はかなりの迫力があります。叫ばすにはいられないですよね。

アンコール時の拍手で一部カットがあります。

—– Latest Information —-

The Pretty Things
Wednesday, September 22, 1999  (1999-09-22)
Theater Of The Living Arts, 3rd & South, Philadelphia, PA, USA

unknown mic> unknown Walkman> Maxell UR 120 min cassette> Sony tape deck> Technics receiver> stereo RCA jack> iMic USB soundcard> Mac 10.4.11> Audacity> 16 bit WAV> xACT> FLAC

01 introductions
02 Roadrunner
03 Don’t Lie To Me
04
05 SF Sorrow is Born
06 She Says Good Morning
07 Balloon Burning
08 Baron Saturday (Dick Taylor vocs)
09 Loneliest Person In The World
10 Cries From The Midnight Circus
11 Singapore Silk Torpedo
12  (tape flip)
13  (con’t)
14
15 Come See Me
16 Judgement Day
17 band intros/ L.S.D./OldMan Going
18 (encore) Rosalyn

ここ最近買った漫画・小説・音楽 – 8

若木民喜 – 神のみぞ知るセカイ 21 マジカル☆スターかのん100%コミックス付 (特品)

20巻から引き続きのドクロウ編です。20巻が導入部分にしてはすこし長いと感じていたので、この巻での進み具合はテンポが良いです。「マジカル☆スターかのん100%」もおまけとは思えない完成度で楽しめました。

タアモ – たいようのいえ 8巻

とうとう、やってしまいましたね。ここ数巻冗長な流れでしたが、今後どうなるか楽しみな展開です。

たいようのいえ(8) (KC デザート)
タアモ
講談社 (2013-04-12)

西村しのぶ – 砂とアイリス 1巻

まさかの新連載…。「サードガール」から追いかけている作家さんではありますが、最近の連載の趣味話には閉口していたので、そこからすこし離れているこの作品は楽しめました。あまり読者に親切な作品ではありませんが、それ以上に「一緒に遭難したいひと」なんて読者置いてけぼりな感が強いですし…。せめて「RUSH」とこの作品は完結して欲しいです。

Various Artists – Japan Idol File

アイドルのCDを買うのはいつ以来でしょうか。CDラックを見てみると、渡辺満里奈の”Ring-a-Bell”が最後でした。1997年以来ですので16年ぶりです。このCDも大滝詠一がらみで購入しましたので、純粋にアイドルの歌を聴きたいと思ったわけではありませんね…。

予約時にはどのロコドルが収録されるかわかりませんでしたが、まさか横浜から選ばれないとは…。個人的にFacebook繋がりでももクロファンが多かったり、通っているボーカルスクールの出身者としてAKB48の倉持明日香さんがいらしたりと、伊勢佐木町にもロコドルが結成されたり、アイドルづいているということ、購入してみました。

5枚組、64組の収録という大ボリュームで3000円という安価です。聞くのに一苦労しそうです。ということで、まだ未開封でした…。

Japan Idol File
Japan Idol File

posted with amazlet at 13.05.05
オムニバス
T-Palette Records (2013-05-01)
売り上げランキング: 840
Ring-a-Bell
Ring-a-Bell

posted with amazlet at 13.05.05
渡辺満里奈
ソニーレコード (1997-11-04)
売り上げランキング: 96,325

Humble Pie – 1981-05-17

Artist  : Humble Pie
Date    : 1981-05-17
Venue   : Country Club, Reseda, California, U.S.A.
Lineage : FM
Quality : EX+
Setlist  :

1. I Don’t Need No Doctor
2. Infatuation
3. 30 Days In The Hole
4. Tin Soldier
5. Fool For A Pretty Face
6. Route 66/ Be-Bop A Lula
7. Tulsa Time

再結成Pieを聞くのであれば、まずはこの音源だと思います。元はFM放送でオフィシャルでも1曲(“ALL OR NUFFIN”にて”Route 66/ Be-Bop A Lula”)が発表されているライブです。

音質がよければ、当然演奏についてもより正しく判断できます。その上でこのライブは良い演奏だと言えます。

“I Don’t Need No Doctor”ではSteveが苦しそうになりながらも、高いパートを歌っています。

新曲の”Infatuation”でも観客は湧いています。

ただ残念ながらライブで演奏された曲がすべて放送されているわけではありません。おそらく”All Shook Up”がカットされてると思われます。

一つ謎なのは”Tin Soldier”の演奏順です。

なので仮説を立ててみました。1981/4/19ではライブのラストに演奏されていました。演奏日不明のライブでは、ほぼ同じ位置で演奏されています。なので、このツアーでは演奏日不明のライブはは5/17前後のものと推測します。しかし3/5でのライブはNew Yorkですので、日付不明のライブと同じ場所となり、なかなか判断が難しいです。

まずは”Tin Soldier”無しのセットリスト。そして”Tin Soldier”がラストに演奏されるリスト。”Tin Soldier”が中盤に演奏されるリストというように変更されて行ったのではないでしょうか。

そしてもう一つ変化があります。”30 Days In The Hole”の一部(I Walk On Gilded Splinters)が演奏されなくなったことです。

上記のような謎が残る音源ではありますが、音質、内容共に良いものです。再結成Pieのライブを聞くのであれば先ずはこの音源です。

その後Steveが手に怪我を負ったため、6月以降のツアーがすべてキャンセルされてしまい、そのまま再結成Humble Pieは解散をしてしまいます。時代に合っていなかったのかもしれませんが、非常に良いバンドだったことと、その後のSteveの活動を考えると、もう少し活動が持続していれば、との思いが出てきます。この拙文がすこしでも再結成Humble Pie(Mk3)の再評価に繋がることを祈るばかりです。

またこの音源は2012年に突如オフィシャルで最近リリースされております。”On to Victory / Go for the Throat – Deluxe Edition”のBonus Discに収録されております。そのため2013年現在入手は容易となっております。

—– Latest Information —-

Humble Pie …. May 17, 1981
Country Club, Reseda, California, U.S.A. (SBD/FM)
(Offending track removed)

Steve Marriott (R.I.P.) – lead vocals & guitar
Jerry Shirley – drums
Bobby Tench – guitar & vocals
Anthony “Sooty” Jones – bass & vocals

Taper: bpthree
Taping Gear: FM broadcast> Pioneer TX-9100 Tuner> Teac A-550RX casette recorder.
Lineage: Maxell UD master cassette> Teac A-550RX cassette playback> TASCAM CDRW-700> Trade CD-R >(wav)EAC (secure mode)> (flac) Trader’s Little Helper (align on sector boundaries)
Quality: Ex, FM Stereo
Length: 39:36 minutes
Artwork: none.
Samples: none.

01.  I Don’t Need No Doctor
02.  Infatuation
03.  30 Days In The Hole w/ I Can’t Explain instrumental
04.  Tin Soldier
05.  Fool For A Pretty Face
06.  Route 66/ Be-Bop A Lula (omitted, official release on Steve Marriott “ALL OR NUFFIN”)
07.  Tulsa Time

Taper’s Comments:

1 – HELP!! If you have any uncirculated SPIRIT shows, or better quality FM
broadcasts than what’s been posted here before, please share them. If you
know anybody who has shows that fit this category that aren’t on DIME, please
dub off their stuff and share it. I’m trying to write a book on SPIRIT and need
all the information I can get. I have a database of over 1500 gigs 1967-1996, and
want to find as much information as I can to add to it. If you have any memories
of where you saw SPIRIT, the more specific the better (venue, city, date, supporting
bands, etc.), I’d love to know that as well. Please leave that in the comments
section or PM me. Thank you!

2 – Show description & comments follow:

This is HUMBLE PIE from a BBC Rock Hour FM broadcast in the early 80’s. I have
omitted “Route 66″/”Be-Bop A Lula”, since this has surfaced on a Steve Marriott
CD entitled “ALL OR NUFFIN”, on a small UK label. They do a fade out at the end
of “Be-Bop A Lula”, right before the band goes into “Tulsa Time”. Still, this is a
great little show with nice sound quality. Enjoy!

bpthree

———————————————————-
PLEASE KEEP THIS LOSSLESS!!!
Support the artists: Buy the officially released items, etc.

Prepared by Jeff James (roryglzep@aol.com)
******************************************************************

ffp:
Track01.flac:f7507e9ec30cca80032268846b31f2c5
Track02.flac:b28540d6c6b26002415d76617abae2d9
Track03.flac:0230bc79035cc9b7dbbeacc2e9a61c46
Track04.flac:aeeedb71394987f3bbc4929c5fef1bbd
Track05.flac:90e0e3a0aad8ff173228aad20fa74776
Track06.flac:381a656fe9c32ccf553327f5e87ff340

md5:
7bcb77eb1762dd40c3bee258f0b24e07 *Track01.flac
351d8520a0bbdcd4ddadb1e17b943f0e *Track02.flac
ba2c9364a9fa234d5b3d5cc46d7394c6 *Track03.flac
fc3d2f6c45e2db6b96b4b1e5da1699fb *Track04.flac
5b3edbc3518f036a305797c9d9b9be6d *Track05.flac
f328dc4994366d7a80fad00b839d7d35 *Track06.flac