Paul McCartney – 2013-05-19 Amway Center Arena Orlando, Florida

Artist  : Paul McCartney
Date    : 2013-05-19
Venue   : Amway Center Arena Orlando, Florida
Lineage : AUD
Quality : EX+
Setlist  :

01. Eight Days A Week
02. Juniors Farm
03. All My Loving
04. Listen To What The Man Said
05. Let Me Roll It
06. Paperback Writer
07. My Valentine
08. 1985
09. The Long and Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. I’ve Just Seen A Face
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. You Mother Should Know
18. Lady Madonna
19. All Together Now
20. Mrs. Vanderbilt
21. Eleanor Rigby
22. Being for the Benefit of Mr. Kite!
23. Something
24. Obla Di Obla Da
25. Hi Hi Hi
26. Band On The Run
27. Back In The USSR
28. Let It Be
29. Live And Let Die
30. Hey Jude
31. Encore Break 1
32. Day Tripper
33. Lovely Rita
34. I Saw Her Standing There
35. Encore Break 2
36. Yesterday
37. Helter Skelter
38. Golden Slumbers – Carry That Weight – The End

SOUNDCHECK
39. Hi Ho Silver
40. Blue Suede Shoes
41. Tuning & Noodling
42. Coming Up
43. Flaming Pie
44. Unknown Song
45. Whole Lotta Shaking’ Goin’ On
46. Sun Is Shining
47. Every Night
48. Tuning & Talking
49. Ram On
50. Midnight Special
51. Bluebird
52. Tuning & Noodling
53. Lady Madonna

2013/05/04のブラジルから始まったOut There Tourの出回りはじめた音源で、最も高音質といって良いでしょう。インフォメーションによるとVIPチケットでFront Rowとのこと。VIPチケットだと両端になることが多いとのことですが、今回は中央左寄りのようです。同梱されている写真からそれがわかります。録音者と同人物がYouTubeにも動画を上げておりこちらも必見です。

さてPaul McCartneyのライブはいつも同じようなライブで代わり映えしない。というのが大半の意見だと思いますが、実は細かくアップデートされています。今回の”Out There Tour”ではその細かなアップデートの集大成のようになっており、選曲が今までのツアーとは異なった印象があります。

どの曲が初めて取り上げられたかは、他のサイトさんにお任せするとして、個人的に嬉しい選曲が”Listen To What The Man Said”、”Hi Hi Hi”と言ったWingsナンバーです。”Wings Over America”のリマスターが発売されるための宣伝もあるのでしょう。理由はともあれWingsナンバーをライブで聞く機会が少ない自分にとってはうれしいです。

そして驚いたのが”SGT.”からの選曲。Paulがリードボーカルをとった曲はすべてライブで演奏してしまったのではないでしょうか。彼の思い入れの深さを感じました。やはり”Revolver”ではなく”SGT.”のほうが強いのでしょうね。

残念なのは前日のライブで”Hope Of Deliverance”がセットリストから落ちてしまったことです。数少ない最近でのソロ曲で、久方のライブでの演奏だったので残念です。

演奏自体はもう文句のつけようのないくらいレベルが高いモノです。すでに10年も固定メンバーでライブを行っているにもかかわらず、そこには惰性というものは一切感じません。

しかもしかも!SoundCheckの音源まであります。こちらはライブで演奏されない曲が満載です。”Coming Up”は大好きな”Peter Gun”リフ入りのバージョンですし、”Bluebird”、”Ram On”といったレアな曲もあります。

ここまで録音、録画されてしまうとVIP席の方のチェックが今後厳しくなりそうですね…。

とにもかくにも嬉しい音源でした。できる限りOut There Tourは追いかけていこうと思っています。

—– Latest Information —-

Paul McCartney

Orlando, Florida
Amway Center Arena
May 19, 2013

Source: Schoeps MK5 cards – Nbob Actives – Naiant Tinybox Transfo Out – Sony M10 (24-48)

Transfer: Micro SD card > wav file > Adobe Audition > Normalize-Downsample > CD Wave Cut > TLH – FLAC Level 8 & Align on SB
Recording Location: Front Row Against The Rail 10′ Left Of Center
Recorded by: Datfly

01. Eight Days A Week
02. Juniors Farm
03. All My Loving
04. Listen To What The Man Said
05. Let Me Roll It
06. Paperback Writer
07. My Valentine
08. 1985
09. The Long and Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. I’ve Just Seen A Face
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. Mother Should Know
18. Lady Madonna
19. All Together Now
20. Mrs. Vanderbilt
21. Eleanor Rigby
22. Mr. Kite
23. Something
24. Obla Di Obla Da
25. Hi Hi Hi
26. Band On The Run
27. Back In The USSR
28. Let It Be
29. Live And Let Die
30. Hey Jude
31. Encore Break 1
32. Day Tripper
33. Lovely Rita
34. I Saw Her Standing There
35. Encore Break 2
36. Yesterday
37. Helter Skelter
38. Golden Slumbers – Carry That Weight – The End

SOUNDCHECK

39. Hi Ho Silver
40. Blue Suede Shoes
41. Tuning & Noodling
42. Coming Up
43. Flaming Pie
44. (unknown to me)
45. Whole Lotta Shaking’ Goin’ On
46. Sun Is Shining
47. Every Night
48. Tuning & Talking
49. Ram On
50. Midnight Special
51. Bluebird
52. Tuning & Noodling
53. Lady Madonna

enjoy,
Datfly

May 20 2013

Paul McCartney – 2013-05-18 Amway Center Arena Orlando, Florida

Artist  : Paul McCartney
Date    : 2013-05-18
Venue   : Amway Center Arena Orlando, Florida
Lineage : AUD
Quality : EX
Setlist  :

01. Eight Days A Week
02. Junior Farm
03. All My Loving
04. Listen To What The Man Said
05. Let Me Roll It
06. Paperback Writer
07. My Valentine
08. 1985
09. The Long and Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. Hope Of Deliverance
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. Your Mother Should Know
18. Lady Madonna
19. All Together Now
20. Mrs. Vanderbilt
21. Eleanor Rigby
22. Being for the Benefit of Mr. Kite!
23. Something
24. Obla Di Obla Da
25. Hi Hi Hi
26. Band On The Run
27. Back In The USSR
28. Let It Be
29. Live And Let Die
30. Hey Jude
31. Encore Break 1
32. Day Tripper
33. Lovely Rita
34. Get Back
35. Encore Break 2
36. Yesterday
37. Helter Skelter
38. Encore Break 3
39. Golden Slumbers – Carry That Weight – The End

2013-05-19に素晴らしい録音を行った人と同じ録音者となります。やはり位置も大事ですが、良い音で録音するには一番マイクが重要なんですね。18日も19日も異次元の音の良さです。アコースティックセットで少し音が小さくなってしまうのは仕方がありませんね。まさかオーケストラ録りで使われるマイクを使ってるなんて驚きました。

—– Latest Information —-

Paul McCartney

Orlando, Florida
Amway Center Arena
May 18, 2013

Source: Schoeps MK41 cards – Nbob Actives – Naiant Tinybox Transfo Out – Sony M10 (24-48)

Transfer: Micro SD card > wav file > Adobe Audition > Normalize-Downsample > CD Wave Cut > TLH – FLAC Level 8 & Align on SB
Recording Location: Back of Arena Center Section 218
Recorded by: Datfly

01. Eight Days A Week
02. Junior Farm
03. All My Loving
04. Listen To What The Man Said
05. Let Me Roll It
06. Paperback Writer
07. My Valentine
08. 1985
09. The Long and Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. Hope Of Deliverance
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. Mother Should Know
18. Lady Madonna
19. All Together Now
20. Mrs. Vanderbilt
21. Eleanor Rigby
22. Mr. Kite
23. Something
24. Obla Di Obla Da
25. Hi Hi Hi
26. Band On The Run
27. Back In The USSR
28. Let It Be
29. Live And Let Die
30. Hey Jude
31. Encore Break 1
32. Day Tripper
33. Lovely Rita
34. Get Back
35. Encore Break 2
36. Yesterday
37. Helter Skelter
38. Encore Break 3
39. Golden Slumbers – Carry That Weight – The End

enjoy,
Datfly

May 19 2013

若林稔弥 – 恋するみちるお嬢様 2巻

内容紹介(Amazonから)
好き…榊好き。大好きれす。

ドS家庭教師の榊に恋するみちるお嬢様。けれど想いは届かず毎度Sな責めを受けるばかり…。そんな中、告白にうってつけなイベント到来! 林間学校、プール、そして二人っきりの夏合宿。はたして、みちるの想いは通じるのか! ? 感動のクライマックスを見逃すな☆
-----

1巻のおもしろさに悶絶して、2巻の発売を心待ちにしていました。本屋さんで帯を見たら、最終巻と書いてあり絶望してしまいました…。おかしい、あのおもしろさなら2巻で終わりなんてあり得ないと思いながら、待ちきれず電車の中で読んでしまいました。

そこから最寄り駅までの間、私の顔は崩壊しきってました。ガマンしていた声が漏れて、わらってしまうことも。後悔することしきりでしたが、読み始めてしまい、途中で止めることも出来ずじまい。

自宅に着き、そのまま続きを読み続け、最後には非常に納得の最終回。いや、もっと読みたいと言う意味では納得しておりませんが、ストーリーとして納得の最終回です。

いや回収されていない複線が一つ…。

いやいや、そんなことは忘れるほど、笑わせてもらった漫画でした。久々に声を出して笑う漫画に出会えました。オススメです。

徒然チルドレン

恋するみちるお嬢様(2)(完) (ガンガンコミックス)
若林 稔弥
スクウェア・エニックス (2013-05-22)

Paul McCartney – 2013-05-04 Belo Horizonte, MG Brazil

Artist  : Paul McCartney
Date    : 2013-05-04
Venue   : Belo Horizonte, MG Brazil
Lineage : AUD
Quality : VG+
Setlist  :

01. Audience
02. Eight days a week
03. Junior Farm
04. All my loving
05. Listen to what the man said
06. Let me roll it
07. Paperback writer
08. My valentine
09. 1985
10. Long and winding road
11. Maybe Iエm amazed
12. Hope of deliverance
13. We can work it out
14. Another day
15. And I love her
16. Blackbird
17. Here today
18. Your mother should know
19. Lady Madonna
20. All together now
21. Mrs Vanderbilt
22. Eleanor Rigby
23. Being for the Benefit of Mr. Kite!
24. Something
25. Obla di obla da
26. Band on the run
27. Hi hi hi
28. Back in the USSR
29. Let it be
30. Live and let die
31- Hey Jude
1st Encore
32. Encore audience
33. Day tripper
34. Lovely Rita
35. Get back
2nd Encore
36. Yesterday (fade in)
37. Helter Skelter
38. Golden Slumbers > Carry that weight > The end.

待ちに待った”Out There Tour”の初日です。残念ながら音質があまり良くありません。かなり遠目の音で、観客のチャットも多いです。静かな曲の時に爆笑が聞こえるなんて…。ブラジルの人らしいのか、そうでないのか…。

とにもかくにもセットリストにもかなりの変化があるツアーの初日。楽しみましょう。

—– Latest Information —-

Paul McCartney
2013-May-04
Est疆io Governador Magalh綟s Pinto
[aka Mineir縊]
Belo Horizonte, MG
Brazil

“Paul finally speaks ‘uai’!”

Opening night for the Out There Tour

World live premi鑽es of ‘Being for the Benefit of Mr. Kite’,’All Thogether Now’, ‘Your Mother Should Know’ and ‘All together now’.

Master digital audience recording kindly made and shared by joseba and edited by pezao: for fans and researchers only, historic register made strictly for non-commercial use. Please, do not buy or sell, but enjoy this recording. Please, support the musicians and artists (as if Sir Paul McCartey needed, financially wise… but regardless… do support the artist to the full extent of your possible means!)…

Lineage: Zoon H4n internal mics > WAV 44.1 kHz 16 bit > Audacity > split > WAV > TLH > FLAC 8

Paul McCartney Group:
Sir Paul McCartney: Lead vocals, bass, acoustic guitar, piano, ukulele
Paul ‘Wix’ Wickens: Keyboards
Rusty Anderson: Guitar
Abe Laboriel Jr: Drums
Brian Ray: Bass, guitar

Program:

01 – Audience
02 – Eight days a week
03 – Junior Farm
04 – All my loving
05 – Listen to what the man said
06 – Let me roll it
07 – Paperback writer
08 – My valentine
09 – 1985
10 – Long and winding road
11 – Maybe Iエm amazed
12 – Hope of deliverance
13 – We can work it out
14 – Another day
15 – And I love her
16 – Blackbird
17 – Here today
18 – Your mother should know
19 – Lady Madonna
20 – All together now
21 – Mrs Vanderbilt
22 – Eleanor Rigby
23 – Mr. Kite
24 – Something
25 – Obla di obla da
26 – Band on the run
27 – Hi hi hi
28 – Back in the USSR
29 – Let it be
30 – Live and let die
31- Hey Jude
1st Encore
32 – Encore audience
33 – Day tripper
34 – Lovely Rita
35 – Get back
2nd Encore
36 – Yesterday (fade in)
37 – Helter Skelter
38 – Golden Slumbers > Carry that weight > The end.

Total lenght 2 h: 37 min: 08 sec.

高田康太郎 – ハレルヤオーバードライブ 9巻

内容紹介(Amazonから)
ライブ対決、再び!? 今、試練の時!

ティアドライブがまさかの反撃を見せた戸川
とのバンド対決。しかしその結末は…!?
今、必要なのは「キラーチューン」…
小雨たちに新たな試練が待ち受ける最新9巻!!

-----

あっという間に9巻です。8巻でのラヴェンダーとのバンド対決の結果から始まります。予想通りの結果から、バンド内、メタりかの面々に微妙な雰囲気が流れています。そこから持ち直し、再度決意を新たにするまでのお話となっています。

どんどんステークホルダーが増えてきて、ストーリーも複雑になってきて、読み手としてはたまらない展開になっています。とくにTrack:48 “Hallelujah”、Bonus Trackはたまりません。

名台詞がきました。

ひとつの大きな山場が次巻で読むことが出来そうです。これが最終回への布石だと少し寂しいですが…。まだまだ小雨たちは高校2年生なので、終わらないと思っています。

この漫画を読む度に、押し入れにしまいっぱなしのRickenbacker 4001を弾きたくなりますが、なかなか出すまでが大変で…。