Paul McCartney – 2013-09-22 iHeartRadio Music Festival (Pro Shot)

Artist  : Paul McCartney
Date    : 2013-09-22
Venue   : MGM Grand Garden Arena Las Vegas, NV
Lineage : Pro Shot
Quality : EX+
Setlist  :See Latest Information

ニューアルバム発売前、”New”公開後、ということでセットリストに注目しておりましたこのライブ。予想以上のサプライズのリストでしたね。

8曲中3曲がニューアルバムからという驚きのリスト。ストレートなロックかと思わせて、コーラス部分でサイケ風味を加えている”Save Us”。

GibsonのJ-185 12 stringをもってカントリー風のイントロからフォークロック曲調となる”Everybody Out There”。ブレイクも非常に印象的で、最後の方はシャウトの連続になるのは非常に”彼らしい”ですね。

先行で公開されていた”New”はMagic Pianoで演奏されました。気のせいか公開されたものよりライブの方が声が出ている気が…。コーダが演奏されないのはかなり残念でした。今のバンドであれば、十分演奏出来ると思うのですが。是非是非日本公演ではコーダまで演奏して欲しいです。

YouTubeにもアップされているようですが、ファンの間で出回っているこの映像はHD画質ですので、こちらがオススメです。

—– Latest Information —-

Paul McCartney
September 22, 2013
iHeartRadio Music Festival
MGM Grand Garden Arena
Las Vegas, NV

Source: Official iHeartRadio Music Festival Webcast

Direct bitstream capture (not a screen capture).  Converted losslessly to matroska container.  Original stream data untouched.

Video Codec: H264 MPEG-4 AVC (part 10) (avc1)
 1920x1080p @ 29.97fps

Audio Codec: MPEG AAC Audio
 48000 Hz, 2 channel stereo

Setlist:

1. Magical Mystery Tour
2. Save Us*
3. Let Me Roll It**
4. Everybody Out There*
5. Another Day
6. New
7. Lady Madonna
8. Live and Let Die

*Live debut
** with “Foxy Lady” tease

Paul McCartney – 2013-07-09 Fenway Park – Boston, MA (AUD Shot)

Paul McCartney – 2013-07-09 Fenway Park – Boston, MA (AUD Shot)

Artist  : Paul McCartney
Date    : 2013-07-09
Venue   : Fenway Park – Boston, MA
Lineage : AUD
Quality : EX-
Setlist  :See Latest Information

ワンショットカメラのオーディエンスの映像にARASHI Recordingの音を載せたものです。やはり映像があると音の説得力が増しますね。

しかしなかなかモニターの前で映像を見る機会が少ないので、わたしはついつい音声のみを聞いてしまいます…。

映像自体は左斜め上からのショットで、ストレス無く見ることが出来ます。”The End”のソロではPaul McCartneyはちょこまかと動き回るのですね。その仕草がちょっとかわいいです。

最後の紙吹雪と花火も凄いですね。

Blu-rayEditionとDVDEditionがありますので、鑑賞環境にあわせてどうぞ。

—– Latest Information —-

PAUL McCARTNEY
“Out There Tour”
Fenway Park
Boston, Massachusetts, USA
Tuesday, July 9, 2013
Blu-Ray Edition
Total Time: 2:43:25:28

Beginning
Eight Days A Week
Junior’s Farm
All My Loving
Listen To What The Man Said
Let Me Roll It > Foxy Lady coda
Paperback Writer
My Valentine
Nineteen Hundred And Eighty-Five
The Long And Winding Road
Maybe I’m Amazed
I’ve Just Seen A Face
We Can Work It Out
Another Day
And I Love Her
Blackbird
Here Today
Your Mother Should Know
Lady Madonna
All Together Now
Lovely Rita
Mrs. Vanderbilt
Eleanor Rigby
Being For The Benefit Of Mr. Kite!
Something
Ob-La-Di, Ob-La-Da [
Band On The Run
Back In The U.S.S.R.
Let It Be
Live And Let Die
Hey Jude

ENCORE BREAK 1:

Day Tripper
Hi, Hi, Hi
I Saw Her Standing There

ENCORE BREAK 2:

Yesterday
Helter Skelter
Thanks & Introductions
Golden Slumbers > Carry That Weight > The End
Final Bows
Fireworks & Credits

The Band:
Paul McCartney (Lead Vocals, Bass, Acoustic Guitar, Piano, Electric Guitar, Ukelele)
Rusty Anderson (Backing Vocals, Electric Guitar, Acoustic Guitar)
Brian Ray (Backing Vocals, Bass, Electric Guitar, Acoustic Guitar, Tambourine)
Abe Laboriel, Jr. (Backing Vocals, Drums, Bass, Percussion)
Paul Wickens (Backing Vocals, Keyboards, Electric Guitar, Percussion, Harmonica)

Special thanks for the video to NAPOLEON-IN-RAGS.
Additional thanks for the audio to ARASHI & DTRANCE.
Edited & authored by YASSOU.

VIDEO SOURCE & LINEAGE:
Filmed by napoleon-in-rags.
Canon VIXIA HF R300 camera, 1920 x 1080, H264, AAC
Position/Location: 90˙ angle to stage from left field stands (Loge Box 165 JJ 1)
MTS files > Toast Titanium 11.0.4 > MP4 > iMovie 6.0.3. > Toast Titanium 11.0.4 > bdmv folder > TEMPGEnc AW-5.0 > bdmv folder > you.

AUDIO SOURCE 1 & LINEAGE:
Recorded by ARASHI.
COS-11(s)PT
Position/Location: Not identified
24-bit files downloaded from Trader’s Den tracker on 2013-8-22.
flac > xACT 2.23 > Sound Studio 3.5.6 (24/48) > Toast Titanium 11.0.4 > disc images > iMovie 6.0.3

BLU-RAY PRODUCTION PROCESS:
Produced by yassou on a bootcamped MacBook Pro running Lion 10.7.5 w/Apple iMovie 6.0.3 software and Windows 7 w/TEMPGEnc 5.0 software.
Audio and video assets edited in iMovie 6.0.3,  then authored with TEMPGEnc AW-5.0 to bdmv folder.

NOTES ON AUDIO SOURCE:
Recording & Linage: audience recording by ARASHI
24-bit files uploaded to the Trader’s Den by DTRANCE on 16-Aug-2013.
Soundcheck: Recorded on the street outside the stadium (poor quality)
R-05 (internal microhpone) > wav (24/48) > Soundforge 7.0 (fade in/out, tracking) > wav (24/48) > TLH > flac
Concert:
COS-11(s)PT > handmade power supply > R-05 > wav (24/48) > Soundforge 7.0 (fade in/out, tracking) > wav (24/48) > TLH > flac

#MD5 checksums generated by xACT 2.23 on 2013-08-25 02:23:39 +0000
010affcc872a3ecb8ab333b4db97153a *00000.clpi
c17cf306daed620cbe28ca1a111e66af *01000.clpi
769e8121e92b671f65f4d8c67bb0be91 *01001.clpi
a36963acb47ef68f66020bf14c7b3e46 *01002.clpi
2297a735d1e4805f50cb0c6a242fe6de *01003.clpi
72d6a8909295089eb7037aa5e9255929 *index.bdmv
c7609044830e25e34e491c3d09b04ecf *MovieObject.bdmv
8dedfddd80b13923c5bba93435638e37 *00000.mpls
f6e37fa0ac38be5c371f7132d43aca1b *01000.mpls
aaa4bbc27d972b82ac2ddc349be4a87c *01001.mpls
6ef715670166ebda320e24276919f1ee *01002.mpls
881da21dd1b2c37e9ce564acfebd4906 *01003.mpls
010affcc872a3ecb8ab333b4db97153a *00000.clpi
c17cf306daed620cbe28ca1a111e66af *01000.clpi
769e8121e92b671f65f4d8c67bb0be91 *01001.clpi
a36963acb47ef68f66020bf14c7b3e46 *01002.clpi
2297a735d1e4805f50cb0c6a242fe6de *01003.clpi
72d6a8909295089eb7037aa5e9255929 *index.bdmv
c7609044830e25e34e491c3d09b04ecf *MovieObject.bdmv
8dedfddd80b13923c5bba93435638e37 *00000.mpls
f6e37fa0ac38be5c371f7132d43aca1b *01000.mpls
aaa4bbc27d972b82ac2ddc349be4a87c *01001.mpls
6ef715670166ebda320e24276919f1ee *01002.mpls
881da21dd1b2c37e9ce564acfebd4906 *01003.mpls
c144a6c2cdec27948f205b409e7e95df *00000.m2ts
146b785572cf879f691e1c7bd2ed6ddf *01000.m2ts
8bf2a86ab1477d2d87e44c6a33bfb29e *01001.m2ts
756ac0aae4238ecfbbab4ee472838bce *01002.m2ts
5e89ffd95ed817c6f10563cf656e3ef8 *01003.m2ts

Stream info generated by MediaInfo vo.7.60
General
ID : 1 (0x1)
Complete name : /Volumes/BOOTCAMP/BDMV/STREAM/00000.m2ts
Format : BDAV
Format/Info : Blu-ray Video
File size : 21.7 GiB
Duration : 2h 43mn
Overall bit rate mode : Variable
Overall bit rate : 19.0 Mbps
Maximum Overall bit rate : 33.3 Mbps

Video
ID : 4113 (0x1011)
Menu ID : 1 (0x1)
Format : AVC
Format/Info : Advanced Video Codec
Format profile : High@L4.1
Format settings, CABAC : Yes
Format settings, ReFrames : 3 frames
Codec ID : 27
Duration : 2h 43mn
Bit rate mode : Variable
Bit rate : 16.0 Mbps
Nominal bit rate : 0 bps
Maximum bit rate : 30.0 Mbps
Width : 1 440 pixels
Height : 1 080 pixels
Display aspect ratio : 16:9
Frame rate : 29.970 fps
Standard : Component
Color space : YUV
Chroma subsampling : 4:2:0
Bit depth : 8 bits
Scan type : MBAFF
Bits/(Pixel*Frame) : 0.343
Stream size : 18.2 GiB (84%)
Writing library : x264 core 120
Encoding settings : cabac=1 / ref=3 / deblock=1:0:0 / analyse=0x3:0x113 / me=hex / subme=4 / psy=1 / psy_rd=1.00:0.00 / mixed_ref=0 / me_range=16 / chroma_me=1 / trellis=1 / 8x8dct=1 / cqm=2 / deadzone=21,11 / fast_pskip=1 / chroma_qp_offset=0 / threads=12 / sliced_threads=0 / slices=4 / nr=0 / decimate=1 / interlaced=tff / bluray_compat=1 / constrained_intra=0 / bframes=3 / b_pyramid=0 / b_adapt=1 / b_bias=0 / direct=1 / weightb=1 / open_gop=1 / weightp=0 / keyint=30 / keyint_min=1 / scenecut=40 / intra_refresh=0 / rc_lookahead=20 / rc=abr / mbtree=1 / bitrate=15664693 / ratetol=1.0 / qcomp=0.60 / qpmin=1 / qpmax=69 / qpstep=4 / vbv_maxrate=30000000 / vbv_bufsize=30000000 / nal_hrd=vbr / ip_ratio=1.40 / aq=1:1.00
Color primaries : BT.709
Transfer characteristics : BT.709
Matrix coefficients : BT.709

Audio
ID : 4352 (0x1100)
Menu ID : 1 (0x1)
Format : PCM
Format settings, Endianness : Big
Format settings, Sign : Signed
Muxing mode : Blu-ray
Codec ID : 128
Duration : 2h 43mn
Bit rate mode : Constant
Bit rate : 2 304 Kbps
Channel(s) : 2 channels
Channel positions : Front: L R
Sampling rate : 48.0 KHz
Bit depth : 24 bits
Stream size : 2.63 GiB (12%)

Paul McCartney – 2013-06-25 Arena di Verona, Italy

Artist  : Paul McCartney
Date    : 2013-06-25
Venue   : Arena di Verona, Italy
Lineage : AUD
Quality : EX-
Setlist  :see Latest Information

決して音質が悪いわけではありませんが、同日のオーディエンスショット同様、いやそれ以上に歓声が大きいです。しかも有名な曲とそうではない曲での落差が激しく、聞いていてストレスが溜まります…。

騒ぐか騒がないかどちらかにしてくれれば、聞ける音質なのですが…。って勝手な意見ですが…。

—– Latest Information —-

PAUL McCARTNEY
OUT THERE IS VERONA (2cd set)
Arena di Verona, Italy – June 25, 2013

(lineage: Core Sound mic > Zoom H2 > wave > soundforge > cdr > flac level 6)

CD1: 78’10”
01 intro
02 Eight Days a Week
03 Junior’s Farm
04 All My Loving
05 Listen to What the Man Said
06 Let Me Roll It / Foxy Lady
07 Paperback Writer
08 My Valentine
09 Nineteen Hundred and Eighty-Five
10 The Long and Winding Road
11 Maybe I’m Amazed
12 I’ve Just Seen a Face
13 We Can Work It Out
14 Another Day
15 And I Love Her
16 Blackbird
17 Here Today
18 Your Mother Should Know
19 Lady Madonna
20 All Together Now
21 Lovely Rita

CD2: 79′ 00”
01 Mrs. Vandebilt
02 Eleanor Rigby
03 Being for the Benefit of Mr. Kite!
04 Something
05 Ob-La-Di, Ob-La-Da
06 Band on the Run
07 Back in the U.S.S.R.
08 Let It Be
09 Live and Let Die
10 Hey Jude
11 Day Tripper
12 Hi, Hi, Hi
13 Get Back
14 Yesterday
15 Helter Skelter
16 Golden Slumbers / Carry That Weight / The End

Paul McCartney: vocals, bass, piano, guitars
Paul “Wix” Wickens: keyboards, backing vocals
Abe Laboriel Jr.: drums, percussions, backing vocals
Rusty Anderson: lead guitars, backing vocals
Brian Ray: guitars, backing vocals

Artwork included (even for DVD version that comes in a separate torrent)
Enjoy

Produced by Kokomo – August 2013

NOT FOR SALE – made by fans for trade only
For further details on Kokomo’s releases visit:
http://xoomer.alice.it/kokomo
http://kokomovault.blogspot.it

Paul McCartney – 2013-08-12 Winnipeg, Manitoba, Canada

Artist  : Paul McCartney
Date    : 2013-08-12
Venue   : Winnipeg, Manitoba, Canada
Lineage : AUD
Quality : VG+
Setlist : see Latest Information

音質的にはごくごく普通のオーディエンス録音です。しかし会場がカナダということで”Mull of Kintyre”が演奏されています。これは貴重です。

観客が大盛り上がりしているところから、バグパイプバンドが登場したのがわかります。これは是非映像で見てみたいものです。最後のシャウトもものすごいです。演奏後の歓声鳴り止みません。

しかしこの曲の後に”Helter Skelter”を演奏するって。盛り上がらないはずがありません。

個人的には好きな演奏のライブです。

—– Latest Information —-

Paul McCartney
Winnipeg, Manitoba, Canada
Aug. 12, 2013

Great Show form Paul and the band.
1st time seeing him, well worth the money.
Sorry it took so long to upload, I was not near a computer for awhile.

Source: Core Sound Binaural Microphones -> Core Sound Battery Box -> Olympus LS-10 (16 bit – 44 kHz) -> SD card -> Wave Pad -> CD Wave Editor -> Traders Little Helper -> Flac

Set List

01 – Eight Days a Week
02 – Junior痴 Farm
03 – All My Loving
04 – Listen to What the Man Said
05 – Let Me Roll It
06 – Paul Talks About Jimi Hendrix
07 – Paperback Writer
08 – My Valentine
09 – Nineteen Hundred And Eighty-Five
10 – The Long and Winding Road
11 – Maybe I知 Amazed
12 – I致e Just Seen a Face
13 – We Can Work It Out
14 – Another Day
15 – And I Love Her
16 – Blackbird
17 – Here Today
18 – Your Mother Should Know
19 – Lady Madonna
20 – All Together Now
21 – Lovely Rita
22 – Mrs. Vandebilt
23 – Eleanor Rigby
24 – Being for the Benefit of Mr. Kite!
25 – Something
26 – Ob-La-Di, Ob-La-Da
27 – Band on the Run
28 – Back in the U.S.S.R.
29 – Paul Talks About Being In The U.S.S.R
30 – Let It Be
31 – Live and Let Die
32 – Hey Jude

Encore:
33 – Day Tripper
34 – Hi, Hi, Hi
35 – Get Back

Encore 2:
36 – Yesterday
37 – Mull of Kintyre
38 – Helter Skelter
39 – Paul Thanking Everone
40 – Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

Total Time : 2 Hours, 48 Minutes

Paul McCartney – 2013-05-18 Amway Center Arena Orlando, Florida (AUD Shot)

Artist  : Paul McCartney
Date    : 2013-05-18
Venue   : Amway Center Arena Orlando, Florida
Lineage : AUD
Quality : EX

2013/05/18に録音された素晴らしい音源に、映像をかぶせたものです。何台かのオーディエンスショットのカメラで編集されていますが、基本的には左手からのショットとなります。

Paulに焦点を当ててのズームや、ソロを弾くメンバーにも焦点を当てていて、見やすい編集となっています。

ジャケットを脱ぐときに足にベースを挟んでいますが、その後チューニングしていないのですが、狂わないものなんですね…。

YouTubeへの投稿映像はほとんどチェックしていないので、そちらの映像のアップ状況はわかりませんが、必見の映像であることは間違い有りません。

また”Blu-Ray Edition”とありますが、DVDで作成されたものは入手していませんので、存在はわかりません。

—– Latest Information —-

PAUL McCARTNEY
“OUT THERE” TOUR
Orlando, Florida, USA
Amway Center Arena
May 18, 2013
Blu-Ray Edition

Disc 1 (0:59:53:11) (Tracks 1-16)
01. Paul McCartney Gets #OutThere In Orlando
02. Beginning
03. Eight Days A Week
04. Junior’s Farm
05. All My Loving
06. Listen To What The Man Said
07. Let Me Roll It
08. Paperback Writer
09. My Valentine
10. Nineteen Hundred And Eighty-Five
11. The Long And Winding Road
12. Maybe I’m Amazed
13. Hope Of Deliverance
14. We Can Work It Out
15. Another Day
16. And I Love Her
17. Blackbird
18. Here Today
19. Your Mother Should Know
20. Lady Madonna
21. All Together Now
22. Mrs. Vanderbilt
23. Eleanor Rigby
24. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
25. Something
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Hi, Hi, Hi
28. Band On The Run
29. Back In The USSR
30. Let It Be
31. Live And Let Die
32. Hey Jude

Encore Break 1

33. Day Tripper
34. Lovely Rita
35. Get Back

Encore Break 2

36. Yesterday
37. Helter Skelter
38. Thanks & Intros
39. Golden Slumbers – Carry That Weight – The End
40. Final Bows & Credits

Total Time: 2:40:06:19 (NTSC)

The Band:
Paul McCartney (Lead Vocals, Bass, Acoustic Guitar, Piano, Electric Guitar, Ukelele)
Rusty Anderson (Backing Vocals, Electric Guitar, Acoustic Guitar)
Brian Ray (Backing Vocals, Bass, Electric Guitar, Acoustic Guitar, Tambourine)
Abe Laboriel, Jr. (Backing Vocals, Drums, Bass, Percussion)
Paul Wickens (Backing Vocals, Keyboards, Electric Guitar, Percussion, Harmonica)

THIS IS A FAN-MADE PROJECT. NOT FOR SALE.

Special thanks for the primary video sources to RON, RICARDO & JAVILU.
Thanks for additional video assets to: TheKingOfLimbs2, Stephen Chip, rokitman4, Raul Rojas & PaulMcCartney
Sincere thanks for the audio to DATFLY.
Edited, sound upgraded & authored by YASSOU.

VIDEO SOURCES & LINEAGE:
CAMERA 1:
Filmer: Ron
Location: Right balcony 70˙
Camera: Panasonic Lumix ZS10 1080p
camera > AVCHD > BDMV > MTS > MP4 > MacBook Pro > iMovie 6.0.3.

CAMERA 2:
Filmer: Ricardo Janoher.
Location: Left rear 40˙
Camera: Sony DS 20
camera > AVCHD > BDMV > MTS > MP4 > MacBook Pro > iMovie 6.0.3.

OTHER CAMERAS:
YouTube videos found in various formats, mostly 1080p.
YouTube videos > MacBook Pro > DownLoad Helper > MP4 > iMovie 6.0.3.

CAMERA 3:
Filmed and uploaded by: TheKingOfLimbs2
Camera: Unknown 1080p
Location: Center balcony

CAMERA 4:
Filmed and uploaded by: Stephen Chip
Camera: Unknown 1080p
Location: Right rear 45˙

CAMERA 5:
Filmed and uploaded by: rokitman4
Camera: Unknown 720p
Location: High left balcony 30˙

CAMERA 6:
“Paul McCartney Gets #OutThere In Orlando” video:
Filmed and uploaded to YouTube in 720p by:  PaulMcCartney
Pro shot w/unknown camera, probably in highest resolution

CAMERA 7:
Filmed and uploaded by: Raul Rojas
From 5-19-13 show/used for flag waving segment before 1st encore.
Camera: Unknown 1080p
Location: High center balcony

AUDIO SOURCE & LINEAGE:
Recorded by: Datfly
Recording Location: Back of Arena Center Section 218
Schoeps MK41 cards – Nbob Actives – Naiant Tinybox Transfo Out – Sony M10 (24-48)
Transfer: Micro SD card > wav file > Adobe Audition > Normalize-Downsample > CD Wave Cut > TLH – FLAC Level 8 & Align on SB
Uploaded to DIME tracker >  MacBook Pro > flac > xACT 2.23 > aiff > Toast Titanium 11.0.4 > SD II disk images > iMovie 6.0.3.

BLU-RAY PRODUCTION PROCESS:
Produced by yassou on a bootcamped MacBook Pro running Lion 10.7.5 w/Apple iMovie 6.0.3 software and Windows 7 Ultimate w/TEMPGEnc 5.0 software.
Audio and video assets edited in iMovie 6.0.3, then authored with TEMPGEnc AW-5.0 to bdmv folder.

#MD5 checksums generated by xACT 2.23 on 2013-08-18 19:19:22 +0000
8d98d25d510358bc007c9317514f66da *00000.clpi
ee309280de49276cd793d91e97abd175 *01000.clpi
ed1e1d4eac268a942798f8a255cd75d5 *01001.clpi
8a9d6cf605b1c01d7a817befdabf4a2f *01002.clpi
72d6a8909295089eb7037aa5e9255929 *index.bdmv
689aeef85729159b2caf1e46c0516f46 *MovieObject.bdmv
804ffde796deff41db39a3491185c7dc *00000.mpls
dd5455d774dd28037685e58b98e4cf7b *01000.mpls
b9790e606c18ca72e0aa22b90f11e47a *01001.mpls
8258e829b75a5874d9e6793041b7ae6f *01002.mpls
8d98d25d510358bc007c9317514f66da *00000.clpi
ee309280de49276cd793d91e97abd175 *01000.clpi
ed1e1d4eac268a942798f8a255cd75d5 *01001.clpi
8a9d6cf605b1c01d7a817befdabf4a2f *01002.clpi
72d6a8909295089eb7037aa5e9255929 *index.bdmv
689aeef85729159b2caf1e46c0516f46 *MovieObject.bdmv
804ffde796deff41db39a3491185c7dc *00000.mpls
dd5455d774dd28037685e58b98e4cf7b *01000.mpls
b9790e606c18ca72e0aa22b90f11e47a *01001.mpls
8258e829b75a5874d9e6793041b7ae6f *01002.mpls
7255523b09cef97c877d25373662ef68 *00000.m2ts
4eeadb2964785d72dd801239a117e0a2 *01000.m2ts
43d96bbe8f20f96b076eaa526742c1b2 *01001.m2ts
543d3e8347cb9ee92376a45f6f0a9daf *01002.m2ts

Stream info generated by v0.7.60
General
ID : 1 (0x1)
Complete name : /Volumes/BOOTCAMP/BDMV/STREAM/00000.m2ts
Format : BDAV
Format/Info : Blu-ray Video
File size : 21.7 GiB
Duration : 2h 40mn
Overall bit rate mode : Variable
Overall bit rate : 19.4 Mbps
Maximum Overall bit rate : 31.1 Mbps

Video
ID : 4113 (0x1011)
Menu ID : 1 (0x1)
Format : AVC
Format/Info : Advanced Video Codec
Format profile : High@L4.1
Format settings, CABAC : Yes
Format settings, ReFrames : 3 frames
Codec ID : 27
Duration : 2h 40mn
Bit rate mode : Variable
Bit rate : 18.5 Mbps
Nominal bit rate : 0 bps
Maximum bit rate : 30.0 Mbps
Width : 1 440 pixels
Height : 1 080 pixels
Display aspect ratio : 16:9
Frame rate : 29.970 fps
Standard : Component
Color space : YUV
Chroma subsampling : 4:2:0
Bit depth : 8 bits
Scan type : MBAFF
Bits/(Pixel*Frame) : 0.396
Stream size : 20.7 GiB (95%)
Writing library : x264 core 120
Encoding settings : cabac=1 / ref=3 / deblock=1:0:0 / analyse=0x3:0x113 / me=hex / subme=4 / psy=1 / psy_rd=1.00:0.00 / mixed_ref=0 / me_range=16 / chroma_me=1 / trellis=1 / 8x8dct=1 / cqm=2 / deadzone=21,11 / fast_pskip=1 / chroma_qp_offset=0 / threads=12 / sliced_threads=0 / slices=4 / nr=0 / decimate=1 / interlaced=tff / bluray_compat=1 / constrained_intra=0 / bframes=3 / b_pyramid=0 / b_adapt=1 / b_bias=0 / direct=1 / weightb=1 / open_gop=1 / weightp=0 / keyint=30 / keyint_min=1 / scenecut=40 / intra_refresh=0 / rc_lookahead=20 / rc=abr / mbtree=1 / bitrate=18203194 / ratetol=1.0 / qcomp=0.60 / qpmin=1 / qpmax=69 / qpstep=4 / vbv_maxrate=30000000 / vbv_bufsize=30000000 / nal_hrd=vbr / ip_ratio=1.40 / aq=1:1.00
Color primaries : BT.709
Transfer characteristics : BT.709
Matrix coefficients : BT.709

Audio
ID : 4352 (0x1100)
Menu ID : 1 (0x1)
Format : AC-3
Format/Info : Audio Coding 3
Mode extension : CM (complete main)
Format settings, Endianness : Big
Codec ID : 129
Duration : 2h 40mn
Bit rate mode : Constant
Bit rate : 192 Kbps
Channel(s) : 2 channels
Channel positions : Front: L R
Sampling rate : 48.0 KHz
Bit depth : 16 bits
Compression mode : Lossy
Stream size : 220 MiB (1%)

ウラモトユウコ – 椿荘101号室 1巻

内容紹介
期待の新鋭ウラモトユウコ初単行本!!

彼氏と同棲していた春子は、いつからか仕事もせず、彼に頼りっきりの生活になっていた。
そんなある日、春子に重大な転機が…。
一人の女性と奇想天外な住人たちとの日々を描く、アパートライフコメディ!

ーーーーー

書店に平積みされていたので、気になって購入しました。気が付いたらサイン入りでした。これは嬉しい誤算でした。

そして内容もとても面白いものでした。どうしてもアパートコメディというと「めぞん一刻」と思い起こしてしまいます。奇人ばかりという住人の設定は似ていますが、今のところ住人との恋愛はないので、コメディとして楽しめます。

同棲していた彼氏から別れを切り出され、家を出て行く春子。それまでアマアマな人生を過ごしてきた彼女にとって、やることなすことすべてが初めてで、なおかつそれが変な住人が周りにいるアパートでの出来事なので、面白くないわけが有りません。

まだアパートの住人がすべて出きっていないようなので、人物紹介のような話が続くのかも知れません。そんななかでも、すでにアパートになじんでいる春子は愛すべきキャラなのでしょう。

「104の田中さんちに来てた子」はかなり好みの話でした。こんな風に他の住人と自然と遊べるのは、良好な関係を築いているんだなぁ、とほっこりしました。

佐々木拓丸 – Eから弾きな。 2巻

内容紹介(Amazonから)
1ヵ月後のライブへ向けて、猛特訓を重ねるギター初心者・神谷三蔵。リハーサルのでき次第では、ライブへの参加は見合わせられ、チケットの払い戻しを全額負担する羽目に。さらにはバンドの解散も約束させられ、三蔵は決意する。バンドの先代ギタリスト・黒崎に「吹流」へ戻ってもらおうと。だが、事情を知った黒崎は三蔵の提案を一蹴、もっと「ロック」に身を投じろと進言。なぜか今度は黒崎宅でギターの特訓が始まってしまう。

ーーーーー

単純に演奏しているシーンがかっこいいです。それだけでも見物です。やはりバンドものは演奏しているシーンがかっこよくないと、読む気がなかなか起きません。

この巻では、それまで「吹流」のためにギターの練習をしていた三蔵の気持ちが、大きく変わっていくシーンが描かれています。

少し事情が違いますが、私も初心者同然で3ヶ月後のライブに向けてキーボードのパートを任されたことがあります。コードを押さえるのも覚束なかったのですが、なんとかライブに間に合い、いやへたくそなままでしたが、ライブを行ったことがあります。そのバンドには1~2年ほど参加していましたが、面白い経験をさせてもらいました。

自分もそうでしたが、どんどん楽しくなるのですね、誰かと演奏していくと。

その感覚を三蔵がうまくフミに伝えられず、悶々と黒崎と話をするシーンは、なかなかの名場面です。

次巻はとうとうライブが開始です。どんなライブになるのか、楽しみです。

Eから弾きな。(2) (イブニングKC)
佐々木 拓丸
講談社 (2013-07-23)

Paul McCartney VIP SOUNDCHECK Package 購入

Paul McCartneyが来日が決まり、ファンクラブ経由で早々に東京3日間のチケットを確保してからは、なるべく情報を得ないようにしていました。1人で静かにその日を迎えようと思っていたからです。

土曜日、日曜日に開催されることを期待していた大阪公演も平日になり、どうしても仕事の都合上、東京の1日しか見に行くことが出来なさそうで、どうしたものやら、と悶々ともしていました。

唯一、情報を得ていたのは友人のFacebookでの書き込みで、気になり続けていたのがVIP
チケットの存在でした。VIPチケットとはPaul McCartneyがライブ本編前に行うサウンドチェックを見ることが出来る、さらにサイドセクションの最前列でライブを見ることが出来るチケットで、値段は10万~20万程度というものです。

その値段の高さから自分には全く無関係だ、と思い込ませていました。

しかし。しかし。9/14に友人の”Japan Tour VIPtickets On Sale Start!!!!!”の一言で目が覚めました。

書いてあったリンクに飛ぶと、3種類チケットが有り、”Front Row SOUNDCHECK Package”,”SOUNDCHECK Package”、”SOUNDCHECK UPGRADE”とありました。

Front Row SOUNDCHECK Package
Package to include:
– One front row ticket, floor side section
– Invitation to Soundcheck *see “CONDITIONS OF SOUNDCHECK” below
– Paul McCartney merchandise item
– Collectible laminate
– Onsite event staff

SOUNDCHECK Package
Package to include:
– One premium ticket, center floor rows 3-5
– Invitation to Soundcheck *see “CONDITIONS OF SOUNDCHECK” below
– Paul McCartney merchandise item
– Collectible laminate
– Onsite event staff

SOUNDCHECK UPGRADE
– Invitation to Soundcheck *see “CONDITIONS OF SOUNDCHECK” below
– Paul McCartney merchandise item
– Collectible laminate
– Onsite event staff

こんな感じでした。最前列で見ると言うのも心ひかれましたが、今までのライブでの経験上サイドセクションでライブを見ると、音のバランスが良くないというのがあったので、ここはセンターセクション狙いだろう、とか勝手に考えていました。

その後、Paul McCartneyのサイン本を購入したときと同じように家族にごめんなさいをして、震える指で”SOUNDCHECK Package”を購入しました。

購入後に、郵送とか選ぶ項目や、サウンドチェックがいつから始まるか書いてなかったな、と気が付きキョードー東京に慌てて電話をしていろいろと聞くと、全くの未定とのこと。オペレーターの人の戸惑いがこちらにも伝わってきました。相当混乱していた状況でサイトがオープンしたようです。

無事に手続き完了メールを受信して、喜びと同時に寂しさを感じました。Paul McCartneyがツアーを再開する度に、これが最後のツアーと言われ続けていました。2002年のツアー時にはそんなことはないだろう、またいつか来てくれる。だって”またね!”と言ってくれたのだから。

その後、Purple Chickが縁でBeatles関連の友人が二人も出来て、順調に音楽を楽しんでいたのですが、2007年頃から今に至るまで体調を崩し続け、正直昨年まで音楽を純粋に楽しめる瞬間がありませんでした。

文字通り自分の首を絞め、1ヶ月入院した後に、おそるおそる聞いた音楽は言葉に出来ないほど素晴らしいものでした。買ったまま封を切っていなかったBeatlesのStereoリマスターに心を奪われ、Paul McCartneyのアーカイブシリーズにドキドキし、偶然”Rock Show”の劇場公開時に友人と初めて会うことが出来たという興奮する出来事が続きました。

そのようなこと、そして、「これが最後だろう」と思うのではなく、その瞬間のPaul McCartneyのライブを楽しもうと”Out There”のツアーの音源を追い続けることを決めたのでした。

いろいろな情報が錯綜したなか決まった来日。全部行けるとわかっていないにもかかわらず購入したチケット。最終的に購入した”SOUNDCHECK Package”。もちろんその日を順調に迎えるに超したことは有りませんが、その日に自分が存在しなくても、きっと幸せだったと言えます。

なぜなら、Paul McCartneyの新譜が出ることを知っているのだから。その希望を持ち続けられるのであれば、どんなに幸せなんだろう。自分でもよくわからない感情の中、ライブのその日を迎えるのでしょう。

きっとPaulはライブの最後に「またね!」と言ってくれます。それを聞いてしまえば、次の可能性を考えてしまいます。果てしなきPaulへの想いは続くことでしょう。

個人的な想いの大きな総決算のライブになることは間違い無いでしょう。

ーーーーー

日本語サイトでは抽選ですが、英語サイトでは先着順です。まだ”SOUNDCHECK Package”の一部会場は購入可能です。

英語サイト

日本語サイトは抽選です。ライブ本編の席も英語サイトと異なっています。

日本語サイト

jimjam – jimjam

先日のHamish Stuartでのライブのときに知ったアルバムです。メンバーが

Jim Mullen
Pino Palladino
Ian Thomas
Hamish Stuart

ということで、かなり期待して購入しました。が、予想外の展開で驚きました。全編インストのものすごいメロウなフュージョンなアルバムでした。いや、Juzz Funkよりなのでしょうか。そこらへんは結構ボーダーレスな音に感じます。

Groovyという言葉がぴったりのアルバムです。

Hamish Stuartのボーカルが聴くことが出来ないのは残念でしたが、RhythmGuitarは間違い無く彼の音ですし、Jim Mullenのギターもたんまりと堪能することが出来ます。

曲によって高めにチューニングされたスネアも気持ちが良いです。

もう一つ残念なのは発売から12年経っていて、日本では入手困難のようです。Amazonマーケットプレイスの値段はぼったくりです…。Amazon UKではまだ手の届く値段ですので、そちらでの購入をお勧めいたします。

Jimjam
Jimjam

posted with amazlet at 13.09.08
Jimjam
Sulphuric (2000-04-03)
売り上げランキング: 168,874

師走ゆき – たまちぇん!!

内容紹介(Amazonから)
強面&怪力で怖れられる男子・望美と人格が入れ替わってしまったこまち。
でも、とっても可愛い彼の本性に胸キュンの連続で…!?
2013年7月刊。

ーーーーー

なにが素晴らしいかって、人格が入れ替わった後のこまちのかわいいこと、かわいいこと!これは反則です。漫画好きにもかかわらず、あまり登場人物にそういうことを思うことが少ないのですが、これはカワイイ!

入れ替え前、入れ替え後の変化もまた楽しめます。

読み切り、掲載誌変更といった理由で1巻通して統一感が無いのが残念ですが、それを補ってあまりあるドタバタコメディで、楽しいです。

ずいぶんと前にデビューした記憶があるのですが、まだ3冊目なのですね。この「たまちぇん!!」も2巻が出ないのがもったいないくらいの出来です。続刊がでることを願っています。

たまちぇん!! (花とゆめCOMICS)
師走ゆき
白泉社 (2013-07-19)
PAGE TOP