ビートルズの遺伝子ディスク・ガイド

### 内容紹介(Amazonから)

>ビートルズを使い倒せ!

>デビューから50年、21世紀も4人の発明は生き続ける。
>テン年代のためのビートルズ論400枚。

>コラムも盛りだくさん!
>眞鍋”MR.PAN”崇(ニートビーツ)のビートルズ・サウンド研究所訪問。
>永井ルイがはじめて語った傑作ビートリーアルバム『WITH RAYEARTH』の秘密。
>ふくろうず内田万里「軽くて、良くて、ずっと聴ける音楽」…etc.

>ビートルズを再発見しよう!

### Beatlesへの近づき方
未だに良く覚えているのが「レコード・コレクターズ / 裏ビートルズ / 1995年11月号」での文章です。「Beatlesに近づくためには、オリジナルのアナログを聞き込んだり、膨大なブートレッグを聞く方法もある。微に入り細に入り、レコードによるテイク違いや未発表音源を聞くことにより、近づくことが出来るかも知れないが、彼らに影響を与えたBonzo Dog Doo-Dah Bandやその流れの音楽を聞くことで、もっとBeatlesに近づけるのではないか。」このようなニュアンスだったと思います。このレコード・コレクターズを読み、なるほど!とまだ幼かった納得しました。自由に使えるお金がなかったので、BeatlesのCDだけを買うのが精一杯だった自分にとって、その後の音楽の聴き方をキメた大きな文章でした。

そんなことを書いておいて、ブートレッグにどっぷりとはまり、一時期はBeatlesしか聞いていないようなこともありましたが、1960年代、1970年代のブリティッシュロックをまんべんなく、時には自分では深く聞いてきました。この聞き方はブリティッシュロックの歴史を系統的に聞くことが出来ましたし、その歴史にBeatlesがどのように影響したか・影響されたかということがなんとかう理解できたのでした。

しかしブリティッシュロックの量は膨大すぎて、それ以外の音楽を聞くことが時間的に出来ませんでした。リアルタイム、アメリカンロック、1980年代以降のロック等々。そんな知識の空白がある僕にとって好みのアルバムを探すにはもってこいのディスクガイドです。

### 気になったアーティスト
1960年代、1970年代については知っているので、それ以外の時代のアーティストはほとんど初見でした。そんななか初めての作品を購入して気に入ったのが、この人たちです。

* Aimmie Man
* Animal Collective
* Apple In Stereo
* The Coral
* The Datsun
* Helen Love
* Ksabian
* Of Montreal
* Tears For Fears
* Boo Radleys
* Brad Jones
* Neutral Milk Hotel
* Super Furry Animals
* The Replacements

通底にはBeatlesからの影響が見え隠れしている作品で、その影響を探すのも楽しいですが、純粋に音楽を楽しむことが出来きました。またこれらのアーティストを基にほかの音楽を聞くことが出来るようになるかと思うと、このディスクガイドとの出会いは僕にとってとても幸運なものです。

### WITH RAYEARTH – charactersong album

とくに気に入ったのがアニメのキャラクターソングアルバムなのに、ビートルズのパロディアルバムなこのアルバムです。Amazonの紹介には「オリジナル・ソングブック・シリーズ第3弾。OVA「レイアース」のキャラクター別イメージ楽曲他を収録。」とあります。が、まったくアニメの内容とは関係ありません…。さぞかしレイアースファンは驚いたことでしょう。

ジャケットからして完璧な”Let It Be”を真似したモノ。タイトルも”With The Beatles”からきたものでしょう。各曲のタイトルとBeatlesの曲はあまり関係がありません。その差も面白いです。

1. 抱きしめちゃう
イントロからして元ネタは”Magical Mystery Tour”です。コーラスにはネタがありすぎて列挙できません…。10ccぽいというか、Ringo Starrの”I Don’t Believe You”の雰囲気そっくりです。

1. 友達でしょ
ピアノの連打で始まるこの曲は”Lady Madonna”でしょうか。その原曲からのネタだけにとどまらず、良く動くベースに、後追いコーラス、ラストに向かって盛り上がっていくコーラス、等々聞き所満載の曲です。そして最後は”Back in The USSR”。なるほど、そいういうことでしたか!

1. フロム・ミー・トゥ・ユー
ゆったりとしたキーボードのイントロは”Strawberry Fields Forever”。コーラスで歌われる”long and winding road”にはっとさせられます。後半でアレンジががらりと変わるところにもにやりとさせられます。

1. アクロス・ザ・ユニヴァースまさかまさかの”Blue Jay Way”。後半には急に”You never give me your money”が!。急展開に驚きます。

1. レット・イット・オーヴァー
これまた、まさかまさかの”Sun King”。

1. イエスタデイ
はっきりとした元ネタがわかりませんが”And Your Bird Can Sing”っぽいです。初期Beatlesの記号がこれでもかというほど盛り込まれています。コーラスに”Two Of Us”が入ったり賑やかな曲になってます。一聴するとGSがこのような曲を発表していてもおかしくない感じです。

1. イン・マイ・ライフ
うーーん、うーーん、喉まで出かかっているのですが、元ネタわからず…。

1. モコナズ・ガーデン
だれが何と言おう”All Togeher Now”。かわいらしい歌声と曲調がマッチしていて最高!ベストトラックです!

1. ごらん,太陽だよ
派手なギターのこの曲も元ネタがわかりませんでしたが、Ringo StarrのRoundheads3部作にありそうな曲です。

1. ハー・ミステリー
これだけタイトルと元ネタが一緒です。

ビートルズの遺伝子ディスク・ガイド
DU BOOKS
売り上げランキング: 174,665
WITH RAYEARTH
WITH RAYEARTH

posted with amazlet at 16.09.30
ビデオ・サントラ 椎名へきる
ポリドール (1997-11-22)
売り上げランキング: 166,634

兄友 3巻 – 赤瓦もどむ

#### 内容紹介(Amazonから)
>新入生学力テストの監視員になったまい。テスト前、盛大にお腹が鳴っている男子が…。見かねたまいが自分のお弁当をあげると、「すごく美味しかったです」とベタ褒め!そんな彼・加賀君が入学するが、どうやらまいのことが気になる様子で…!?そして、西野さんの従弟もまいと同じ高校に…? 西野さんにライバル出現!?の壁ごし&つつ抜けLOVE、第3巻!!
2016年9月刊。

#### ライバル登場!
漫画を開く前からライバルがでてくることがわかってしまいました。表紙にいるのですから! 西野の髪はベタ無し、そして加賀はベタ有り。うん。わかりやすい。動物が近寄りやすいという特徴は必要だったかなぁ。すこし無駄な設定になりそうですが。その反発なのか、結構まいの事に関しては押しが強いところが、西野のカンに触って端から見ている分には非常に面白いデス。

#### 見所
「兄友」の見所のひとつにまいの家庭的な仕草だとおもいます。こんかいもそれらが存分に楽しめることが出来ます。お弁当を作るところとか、100均ショップでのデート、秋の部屋の掃除・整理。うんうん、良いお嫁さんになるのは間違いないから、今は存分に西野と二人で叶った初恋を楽しんで欲しいのですが、、、、。ちょっとライバル登場、早くないですか?二人のあたふたぶりも良いのですが、ゆっくりゆっくり関係を深めていって欲しいと思ってしまいます。まー、でも最近の恋愛はりんごが話していたとおり、あっという間にくっついて、あっという間に離れていくのでしょう。そんな世間の風潮にどのように抗っていくのか。それもまた楽しみです。

#### 下着の色
持ってなければ、買わないといけないですよね!ね!

#### リンク

[赤瓦もどむ 兄友 白泉社の特別サイト](http://www.hanayume.com/hanayume/anitomo/)

兄友 3 (花とゆめCOMICS)
兄友 3 (花とゆめCOMICS)

posted with amazlet at 16.09.28
赤瓦もどむ
白泉社 (2016-09-20)
売り上げランキング: 3,629

PAUL McCARTNEY – ULTIMATE ARCHIVE COLLECTION

#### ULTIMATE ARCHIVE COLLECTION 全リリース完了

2015年の5月にアナウンスされ、初めてのULTIMATE ARCHIVE COLLECTIONの”Flowers In The Dirt”がリリースされてから、たった1年半にて全てのリリースが完了いたしました。その熱意は尊敬の念しかありません。いわゆるファンメイドの海賊盤で、そのシンプルな編集方針で圧倒的な支持をうけていました。ファンメイドにありがちなリリース後のアップデートがなかったことから、入念なリサーチと準備があったことが想像できます。並大抵の準備期間ではなかったでしょう。

シリーズ開始時、いや今でも本家のARCHIVE COLLECTIONが進まないことと、その選曲に少なからずの不満があることから、本家の補完するものとしては充分なものでした。ただし、当然のことながら法律的に**グレーゾーン**どころか**アウト**な編集方針から配布元は限りなく狭いもので、かなり入手困難と思われます。

Beatlesファンには必読なブログのWogBlogにて[The Paul McCartney Alternate Archive Collection](http://wogew.blogspot.jp/2015/06/the-paul-mccartney-alternate-archive.html “The Paul McCartney Alternate Archive Collection”)すこし紹介があった程度で、ファンの間もであまり知られておりません。

[The Paul McCartney Alternate Archive Collection](http://wogew.blogspot.jp/2015/06/the-paul-mccartney-alternate-archive.html “The Paul McCartney Alternate Archive Collection”)

Voo Dooレーベル主催者のdave1dmarxさんのリリース時のアナウンスとリリース一覧となります。この熱意が本家のARCHIVE COLLECTIONの編集方針に少しでも良い方向で影響すると良いのですが。

ちなみに日本で最近販売されているDVD付のULTIMATE ARCHIVE COLLECTIONとは異なります。質・量ともにVoo Dooレーベルがはるかに上となります。

> This is something I am in the beginning stages of working on. I will upload here as I complete individual titles. The goal here is simple: to “release” the ultimate versions of every single Paul McCartney album that will include as bonus tracks a) every released song/mix/edit, and b) any significant outtakes (with upgraded sound wherever possible). To do this, I will need lots of time as I am working a regular job and living a regular life (just like y’all). This is something I’m doing in my spare time, although it is a project that is very near and dear to my heart. It’s something that I’ve wanted to do for years and years and the time seems right now. That said, there are still some items I am trying to acquire to complete my own collection (so that I can present it on these CDs). I will list what I am looking for soon. I first wanted to mention the project (including what it will entail) and to list the first title. These will not be uploaded in any particular order, and my goal is to get at least three titles out per month, with full cover and disc art.

> Here is how the project will pan out:

* Ram – 3 CD – 8/6/15
* Wild Life – 2 CD – 5/20/16
* Red Rose Speedway – 3 CD – 10/1/15
* Band On The Run – 3 CD – 3/18/16
* McGear – 1 CD – 7/10/15
* One Hand Clapping – 2 CD – 7/10/15
* Venus And Mars – 3 CD – 5/30/15
* Wings At The Speed Of Sound / Holly Days – 2 CD – 12/30/15
* Wings Over America – 4 CD – 11/5/15
* London Town – 2 CD – 6/18/15
* Back To The Egg – 1 CD – 6/18/15
* Last Flight – 2 CD – 2/1/16
* McCartney II – 2 CD – 2/11/16
* Hot Hitz/Kold Kutz – 2CD – 4/20/16
* Tug Of War – 2 CD – 4/10/16
* Pipes Of Peace – 2 CD – 4/10/16
* Give My Regards To Broad Street – 2 CD – 10/13/15
* Press To Play – 2 CD – 7/1/15
* Choba B CCCP – 1 CD – 3/6/16 –
* Flowers In The Dirt – 4 CD – 5/20/15
* Tripping The Live Fantastic – 3 CD – 3/29/2016
* Get Back – 2 CD – 3/29/2016
* Unplugged – 3 CD – 3/6/16
* Off The Ground – 2 CD – 8/16/15
* Up Close – 1 CD – 8/16/15
* Paul Is Live – 3 CD – 12/7/15
* Strawberries Oceans Ships Forest – 1 CD – 12/16/15
* Flaming Pie – 2 CD – 5/18/16
* Rushes – 1 CD – 12/16/15
* Run Devil Run – 2 CD – 11/15/15
* Liverpool Sound Collage – 1 CD – 11/15/15
* Driving Rain – 2 CD – 10/24/15
* Back In The World – 2 CD – 6/22/15
* Twin Freaks – 2 CD – 7/18/15
* Chaos And Creation In The Backyard – 2 CD – 10/24/15
* The Space Within Us – 4 CD – 8/26/15
* Memory Almost Full – 2 CD – 5/14/16
* Live In Los Angeles – 2 CD – 5/14/16
* Electric Arguments – 3 CD – 6/8/15
* Good Evening New York City – 2 CD – 2/22/16
* Kisses On The Bottom – 2 CD – 12/22/15
* New – 2 CD – 7/27/15
* Out There – Live In Japan – 2 CD – 12/31/15
* Talk More Talk – The McCartney Interview Collection – 6 CD – 5/31/16
* Give Us That Knowing Wink – Official Rarities – 6 CD – 8/4/16
* Where Footprints Never Go – Unofficial Rarities – 6 CD – 9/21/16
* Pure McCartney – 6 CD – 6/10/16

#### Voo Dooレーベルとは

このVoo DooレーベルのタイトルはあのPurple Chickレーベルに匹敵するかと思います。他のリリース済みタイトルは下記となります。多種多様でなおかつ質の高い選曲となっております。なかには完全に個人的な楽しみとして作成されているものもあり、リリースされていないモノも含まれています。私が知る限りこれらの音源を使用しての海賊盤は販売されていないと思います。

* The Beach Boys – The Best Of 1961 – 1990 [6-disc set] – 6/22/10
* The Beach Boys – Greatest Hits 1962-1988 [single disc distillation of above set] – 7/3/10
* Bruce Springsteen – Darkness On The Edge Of Town [Expanded Edition] – 8/28/10
* Bruce Springsteen – The River [Expanded Edition] – 9/1/10
* Bruce Springsteen – 12″ Singles and Vinyl Rarities – 9/3/10
* The Beatles – Abbey Road Instrumental – 9/11/10
* The Beatles – Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band Instrumental – 9/16/10
* Bruce Springsteen – Born In The U.S.A. [Expanded Edition] – 10/1/10
* John Lennon – Singles & Home Tapes [Expanded Edition] – 10/9/10
* John Lennon – Live Peace In Toronto [Expanded Edition] – 10/14/10
* Beastie Boys – Beastiality – The Best Of The Beastie Boys – 10/29/10
* Various Artists – Voo-Doo Records 78 Collection – 10/30/10
* The Solo Beatles – Rarities: Volume One – 11/1/10
* The Beatles – 1962-1966 [Expanded U.S. Edition] – 11/6/10
* Bruce Springsteen – River Night At The Garden – Live at MSG November 8, 2009 – 11/8/10
* Badfinger – Mary Hopkin – Jackie Lomax – Apple Records Extra [Expanded Edition] – 11/20/10
* Trash – Complete Apple Output – Apple Box Set Vol. 2 SNEAK PREVIEW!! – 12/9/10
* Apple Records Box Set – Volume Two – 12/26/10
* They Might Be Giants – Live in Central Park July 31, 1993
* They Might Be Giants – Retrospective [2-disc best of]
* Hello Recording Club – 1993-1996 [8-disc set of the complete Hello Recording Club discography]
* The Beach Boys – Pet Surround Sounds [dts-encoded surround cd, with vocals in the front + music in the back, created from isolated tracks on ’96 box set]
* The Beatles – Abbey Road in Surround [same as above, made with Rock Band files, with bonus tracks]
* George Harrison – Rarities [3-disc set]

#### 他のファンメイド

海賊盤のリリース数は依然として少ないです。個人的には良いことだと思います。が、ファンの間ではファンメイドの海賊盤が増えてきております。有名どころではHobnail氏作成のBBCものの”Unsurpassed Broadcasts”、ハンブルグでのライブ”Zu Laut!”やLord Reith氏のBBCもの”BBC Archives”、1963-1964年海外ツアーライブのコンピ”Looking Through The Bent backed Tulips”、ハリウッド・ボウルライブの”Why Don’t We Do It In The Bowl”。Remasters Workshopの140タイトルにも及ぶリマスターシリーズも見逃せません。

そんな中Phil_Lip氏のGeorge Harrison、Ringo StarrのソロアルバムでDeluxe EditionリリースもVoo Dooレーベルに匹敵する編集の良さです。George Harrisonは4タイトル、Ringo Starrは8タイトルがリリースされています。こちらも配布元は限りなく狭いもので入手困難と思われます。

#### マニアってやつは

結局、マニアってやつはOfficialでアーカイブものが発売されても、あーでもない、こーでもないと話すのが楽しみであり、全ての欲求に適うモノが発売されないということがわかっているのです。だからこそこのようなファンメイドの海賊盤が組まれるのでしょう。そのなかでも最高峰としてVoo Dooレーベルは知られて良いものだとおもいます。

なまいきざかり8巻 – ミユキ蜜蜂

### 内容紹介(Amazonから)
>ウィンターカップ予選終了で3年は引退。成瀬は次期キャプテンに指名され、そして由希は…本格的に受験生モード!でも、一緒にいられる時間が減ると、もっと構って欲しくなる…。そんな中、二人は付き合ってから初めてのデートをすることになり!?ページをめくるたび、胸がキュンキュンすることはゼッタイ保証!バスケ部ラブコメ第8巻!
2016年9月刊。

### 売上にびっくり
累計97万部突破とは…。花とゆめは本誌を購入していないので、人気のほどはまったく知りませんでした。しかし白泉社フェアでちょくちょく出てきていたので、人気があがってきたのだろうなぁとは思っていましたが。まさかここまで売れていたとは。このまま売れ続けていてほしいですね。

### 二人を巡る状況の変化
由希センパイはバスケ部を引退し、成瀬はキャプテンに。いままで同じ時間を過ごしていた部活の時間がなくなり、どんなふうに変わっていくのか。もうなんというか、二人の初々しさにニヤニヤが止まりません。ふたりが不安になったり、ふたりで喜んだり、ふたりとも悩んだりと、付き合いたてのころに経験することのオンパレード。これぞ少女漫画の面白さです。

あまり少女漫画では意識していなかったのですが「キス以上」の描写って当たり前のように出てきているのですのねぇ。花とゆめの読者層があがってきているのかしら。LaLaでもあるしなぁ。

### お父さんの存在
まぁ、成瀬を連れてきたら泣くよね、きっと。

### 復読
なんど読んでも発見やニヤニヤできるので、ついつい1巻から読み返してしまうマンガです。由希センパイや成瀬の変化・成長を見ることが楽しいからでしょう。個人的には花とゆめ掲載のタイトルでは大ヒット作です。

なまいきざかり。 8 (花とゆめCOMICS)
ミユキ蜜蜂
白泉社 (2016-09-20)
売り上げランキング: 418
PAGE TOP