Ringo Starr and His All Starr Band – 2016/11/01 Bunkamura Orchard Hall, Shibuya, Tokyo

#### 追加公演
追加公演のこの日も行って参りました。2016/10/30よりも良い席で、十二分にライブを堪能しました。

Back Off Boogalooの曲前で”I love you , Ringo !!”と叫んだところ、”I love you too, Brother”とRingo からレスポンスがあり狂喜乱舞してしまいました。

さらにさらにサブライズでRingo StarrのTwitterにて自分が写った画像がこの日も投稿されました。

#### pictures

#### Setlist:

01. Intro / Matchbox
02. It Don’t Come Easy
03. What Goes On
04. I Saw The Light
05. Evil Ways
06. Rosanna
07. Kyrie
08. Bang The Drum All Day
09. Boys
10. Don’t Pass Me By
11. Yellow Submarine
12. Black Magic Woman / Gypsy Queen
13. You’re Sixteen
14. Back Off Boogaloo
15. You Are Mine
16. Africa
17. Oye Como Va
18. I Wanna Be Your Man
19. Love Is The Answer
20. Broken Wings
21. Hold The Line
22. Photograph
23. Act Naturally
24. With A Little Help From My Friends
25. Give Peace A Chance

Ringo Starr and His All Starr Band – 2016/10/30 Tokyo NHK Hall, Shibuya, Tokyo

#### 早かった再来日
2013年以来の3年ぶりの来日でした。前回はZepp Tokyoというライブハウスでしたが、今回はホールツアー。狭い会場も良いけれど、大きな会場で見るライブも楽しかったです。 2013年とほとんどセットリストは変化はありませんが、最初から最後までニコニコしながら見ることが出来るライブは貴重です。

そしてかなり良い席でした。ほんとうにうれしかったです。

#### pictures

#### Setlist:

01. Intro / Matchbox
02. It Don’t Come Easy
03. What Goes On
04. I Saw The Light
05. Evil Ways
06. Rosanna
07. Kyrie
08. Bang The Drum All Day
09. Boys
10. Don’t Pass Me By
11. Yellow Submarine
12. Black Magic Woman / Gypsy Queen
13. You’re Sixteen
14. Back Off Boogaloo
15. You Are Mine
16. Africa
17. Oye Como Va
18. I Wanna Be Your Man
19. Love Is The Answer
20. Broken Wings
21. Hold The Line
22. Photograph
23. Act Naturally
24. With A Little Help From My Friends
25. Give Peace A Chance

The Beatles – The Ultimate Beatles Live Collection

#### The Ultimate Beatles Live Collection 全リリース完了

2015年7月にアナウンスされ、たった半年で”The Ultimate Beatles Live Collection”が完了いたしました。同じくファンメイドのPurple Chick Live Chronicle Seriesのアップグレード版と言って差し支えはないでしょう。丁寧にツアーごとにまとめられたこれらのシリーズは聞きやすくあります。Vol.24はお遊びとして面白いアイデアでした。現在ではホームデモ音源のまとめが開始されています。coltturkey氏の今後に期待です。[The Paul McCartney Alternate Archive Collection](http://wogew.blogspot.jp/2015/06/the-paul-mccartney-alternate-archive.html “The Paul McCartney Alternate Archive Collection”)共々必携です。

* Volume 01 : Scream As Loud As You Can – July 1957 – October 1963

* Volume 02 : The rest of you just rattle your jewellery November – November 1963 – December 1963

* Volume 03 : Have Some Fun Tonight – January 1964 – February 1964

* Volume 04 : Shut up! Paulie’s Talking – February 1964

* Volume 05 : A Midsummer Night’s Dream – April 1964

* Volume 06 : Best wishes, Jimmy Nichol ? June 1964

* Volume 07 : Back With Us Now, Ringo – June 1964

* Volume 08 : In The Eye of the Hurricane – June 1964 – August 1964

* Volume 09 : Great To Have You With Us – August 1964

* Volume 10 : Stamp Out Detroit – September 1964

* Volume 11 : Baby’s in Blackpool – September 1964 – April 1965

* Volume 12 : Et Maintenant, Une Chanson – June 1965

* Volume 13 : Opportunity Knocks – June 1965 – July 1965

* Volume 14 : Can You Hear Me? – August 1965

* Volume 15 : Howdy Y’all! – August 1965

* Volume 16 : Thank You Very Much For Coming – August 1965

* Volume 17 : Reelin’ And Rockin’ – August 1965

* Volume 18 : Mach Schau – June 1966

* Volume 19 : Big In Japan

* Volume 20 : More Popular Than Jesus? – August 1966

* Volume 21 : Here Come The Beatles – August 1966

* Volume 22 : Don’t Make It Bad – June 1967 – December 1968

* Volume 23 : I hope we’ve passed the audition – January 1969

* Volume 24 : Live At the Madison Square Garden – In The Seventies

草川為 – 今日の婚のダイヤ

#### 内容紹介(Amazonから)
>ハイスペック&容姿端麗な豊川のぞみ(29)。結婚を意識するのぞみが惹かれたのは、理想とは違う2つ歳上の久慈栄。通称・クジ男。一緒にいるほど見えてきた、のぞみがダイヤよりも、もっとずっと、欲しかったものは…。この人と結婚していいの!?と悩む、カーストトップ女子の結婚、ここにあり!
2016年12月刊。

#### 「今日の恋のダイヤ」のスピンオフ
スピンオフとタイトルが「今日の婚のダイヤ」ということで、できれば2冊合わせて読むともっと面白いです。

前作は「恋のダイヤ」というように、恋をしている様々な人々が重なり合い、影響し合っている様を電車のダイヤと比喩していました。今作は電車のダイヤと行っても、一つの電車のダイヤとして、のぞみさんと久慈さんとの結婚まで描かれています。

なんというか、前作では残念な役回りだったのぞみさん。今回はトラブル無く幸せになって欲しかったですが、自分の理想に引きずられてしまい、なかなか良縁に恵まれませんでした。まぁ、人の縁は不思議なモノで、自分の理想が恋人や結婚相手にならないことが往々にしてにしてあるということ。そしてそのことを受け入れるために、自分自身で納得するのは大変だということですね。

一緒にいるようになって、相手のことを徐々に知り始めるにつれ、仲が良くなることもある。そんなお話です。

Ane LaLaに掲載されるにふさわしく、またこのようなお話をどんどん草川為さんには描いていって欲しいです。

今日の婚のダイヤ (花とゆめCOMICS)
草川為
白泉社 (2016-12-05)
売り上げランキング: 10,669

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)
草川為
白泉社 (2014-06-05)
売り上げランキング: 32,154

Heron – 2016/11/20 Heron Shimokitazawa La Cana , Tokyo Japan Second Show

#### 信じられなかったHeronの来日
Facebookに流れてきたフィードでの第一報にはおもわず「ん? 奇跡かな?」と声を上げてしまいました。根強いファンはいるけれど、日本に来るとは思っていなかったし。また年齢も高いしとまったく来日に関しては予測すらしていませんでした。チケット発売されてすぐに50人限定という下北沢ラ・カーニャでのセカンドショーを予約しました。なんと予約番号4というもので。もううきうきで、手持ちのHeronのアルバムを聞き直し、もしかしたら、もしかするとG.T. Moore & The Reggae Guitersの曲も演奏するかとおもい、そちらも聞き直していました。手持ちでは”Heron”、”Twice As Nice & Half The Price”、”Simple As One Two Three”、”Jokerman -Songs Of Bob Dylan”しかなく、結果的には再結成後のアルバムも聴いておけばよかったライブでした。

#### ライブについて
予約番号が早い番号だったので一番前の真ん中右寄りに席をとりました。あれよあれよという間に会場は満員となり、立ち見も出ていたようです。そしてあまりの人気のため、翌日に追加公演もきまっておりました。日本にこれだけHeronを好きな人がいるのか、、、と一人驚いておりました。4人がステージにそろって長いチューニングの間、スタッフの方がビールをGeraldに渡そうとして会場から拍手があがったり、お客さんのあまりの静かさにSteveが”Very Quiet !!”とおどけ会場が笑いに包まれたりと、ライブ開始前から暖かい雰囲気がありました。

ライブが開始されるや否や、アルバムで聴くことが出来たあのHeron特有の音の世界が広がりました。キーはぐっと下げられているし、予想以上にキーボードの音数が多かったりと、録音された曲の再現というわけではないにもかかわらずです。自主制作のアルバム、”River of Fortune”、”Odznenz”、”Black Dog”からも満遍なくセットリストとして選ばれていました。名盤と言われている1970年代の曲とまったく遜色がなく驚いてしまいました。そしておそらくG.T. Mooreの曲と思われる”Welcome To Monkey Go Bay”ではレゲエを聴くことができました。

どれもこれも”Heron”というグループでないと出せない音です。初めてHeronの音楽を聴いたときに心を鷲掴みにした魅力が、目の前のステージで繰り広げられているのです。再び、その魅力に心を鷲掴みにされ、ステージから感じる魅力、音楽に身をゆだねることができる時間でした。このようなバンドが持つマジックに溢れていたライブに触れられる事が出来て本当に幸せでした。

#### アフターショー

ライブ終了後、メンバーとファンの間で自然発生的にサインやコミュニケーションが始まりました。ライブの感想をライブ直後に伝えることが出来るのはうれしい限りです。Dawnから発売されていたオリジナルのアナログを持っている方もちらほら見かけました。私は紙ジャケとポスターにサインをもらい、G.T. MooreにThe Reggae Guitarsの紙ジャケにサインをもらいました。Geraldが「珍しいモノ持っているな!」みたいな感じだったので、好きなアルバムなんですと言うことができました。ライブ後もHeronの音楽のような雰囲気で、ライブの続きのような空気が流れていました。

#### G.T. Moore

G.T. MooreはThe Reggae Guitarsだけではなく、他にもReggaeアルバムを出していることをしって、一枚だけCDを購入しました。他のモノは徐々に集めていこうと思います。私が購入したのはG.T. Moore & The Lost Ark Band “Seek The Kingdom First”です。

https://www.discogs.com/ja/GT-Moore-Lost-Ark-Band-Seek-The-Kingdom-First/release/4547205

#### pictures

#### files infomation

http://bit.ly/2hDtjWS

Heron

1. Info
Artist: Heron
Date: Nov 16th 2016 Second Show
Venue: Shimokitazawa La Cana , Tokyo Japan

2. Recording + Remastering Info
iM2-B + iPhone6(16bit/44.1kHz) >PC (WAV) >Transferred to Audacity Files (track split/Click&Crackle/ Normalize)> Transferred to FLC files

3. Quality
Excellent .

4.Set List

01. “tuning”
02. Serpentine
03. Upon Reflection
04. Last Train
05. The Magpie’s Song
06. Yellow Roses
07. King’s Road
08. Only A Hobo
09. Tomorrow Is A Long Time
10. Slow Train
11. One Two Three (The Ballad Of Notting Hill Gate)
12. “break”
13. It Ain’t Me Babe
14. Lord & Master
15. Ring Them Bells
16. Snow Queen
17. A Match Made
18. In The End
19. Welcome To Monkey Go Bay
20. Gypsy Roads
21. River Of Fortune
22. Be True
23. Is Your Love In Vain
24. Jokerman
25. Louise
26. Boogie Woogie (Buggy Wuggy)

6 Rules:
Don’t Sell
Don’t modify the info file
Don’t convert to lossy formats
Do support the artists