Heron – 2016/11/20 Heron Shimokitazawa La Cana , Tokyo Japan Second Show

#### 信じられなかったHeronの来日
Facebookに流れてきたフィードでの第一報にはおもわず「ん? 奇跡かな?」と声を上げてしまいました。根強いファンはいるけれど、日本に来るとは思っていなかったし。また年齢も高いしとまったく来日に関しては予測すらしていませんでした。チケット発売されてすぐに50人限定という下北沢ラ・カーニャでのセカンドショーを予約しました。なんと予約番号4というもので。もううきうきで、手持ちのHeronのアルバムを聞き直し、もしかしたら、もしかするとG.T. Moore & The Reggae Guitersの曲も演奏するかとおもい、そちらも聞き直していました。手持ちでは”Heron”、”Twice As Nice & Half The Price”、”Simple As One Two Three”、”Jokerman -Songs Of Bob Dylan”しかなく、結果的には再結成後のアルバムも聴いておけばよかったライブでした。

#### ライブについて
予約番号が早い番号だったので一番前の真ん中右寄りに席をとりました。あれよあれよという間に会場は満員となり、立ち見も出ていたようです。そしてあまりの人気のため、翌日に追加公演もきまっておりました。日本にこれだけHeronを好きな人がいるのか、、、と一人驚いておりました。4人がステージにそろって長いチューニングの間、スタッフの方がビールをGeraldに渡そうとして会場から拍手があがったり、お客さんのあまりの静かさにSteveが”Very Quiet !!”とおどけ会場が笑いに包まれたりと、ライブ開始前から暖かい雰囲気がありました。

ライブが開始されるや否や、アルバムで聴くことが出来たあのHeron特有の音の世界が広がりました。キーはぐっと下げられているし、予想以上にキーボードの音数が多かったりと、録音された曲の再現というわけではないにもかかわらずです。自主制作のアルバム、”River of Fortune”、”Odznenz”、”Black Dog”からも満遍なくセットリストとして選ばれていました。名盤と言われている1970年代の曲とまったく遜色がなく驚いてしまいました。そしておそらくG.T. Mooreの曲と思われる”Welcome To Monkey Go Bay”ではレゲエを聴くことができました。

どれもこれも”Heron”というグループでないと出せない音です。初めてHeronの音楽を聴いたときに心を鷲掴みにした魅力が、目の前のステージで繰り広げられているのです。再び、その魅力に心を鷲掴みにされ、ステージから感じる魅力、音楽に身をゆだねることができる時間でした。このようなバンドが持つマジックに溢れていたライブに触れられる事が出来て本当に幸せでした。

#### アフターショー

ライブ終了後、メンバーとファンの間で自然発生的にサインやコミュニケーションが始まりました。ライブの感想をライブ直後に伝えることが出来るのはうれしい限りです。Dawnから発売されていたオリジナルのアナログを持っている方もちらほら見かけました。私は紙ジャケとポスターにサインをもらい、G.T. MooreにThe Reggae Guitarsの紙ジャケにサインをもらいました。Geraldが「珍しいモノ持っているな!」みたいな感じだったので、好きなアルバムなんですと言うことができました。ライブ後もHeronの音楽のような雰囲気で、ライブの続きのような空気が流れていました。

#### G.T. Moore

G.T. MooreはThe Reggae Guitarsだけではなく、他にもReggaeアルバムを出していることをしって、一枚だけCDを購入しました。他のモノは徐々に集めていこうと思います。私が購入したのはG.T. Moore & The Lost Ark Band “Seek The Kingdom First”です。

https://www.discogs.com/ja/GT-Moore-Lost-Ark-Band-Seek-The-Kingdom-First/release/4547205

#### pictures

#### files infomation

http://bit.ly/2hDtjWS

Heron

1. Info
Artist: Heron
Date: Nov 16th 2016 Second Show
Venue: Shimokitazawa La Cana , Tokyo Japan

2. Recording + Remastering Info
iM2-B + iPhone6(16bit/44.1kHz) >PC (WAV) >Transferred to Audacity Files (track split/Click&Crackle/ Normalize)> Transferred to FLC files

3. Quality
Excellent .

4.Set List

01. “tuning”
02. Serpentine
03. Upon Reflection
04. Last Train
05. The Magpie’s Song
06. Yellow Roses
07. King’s Road
08. Only A Hobo
09. Tomorrow Is A Long Time
10. Slow Train
11. One Two Three (The Ballad Of Notting Hill Gate)
12. “break”
13. It Ain’t Me Babe
14. Lord & Master
15. Ring Them Bells
16. Snow Queen
17. A Match Made
18. In The End
19. Welcome To Monkey Go Bay
20. Gypsy Roads
21. River Of Fortune
22. Be True
23. Is Your Love In Vain
24. Jokerman
25. Louise
26. Boogie Woogie (Buggy Wuggy)

6 Rules:
Don’t Sell
Don’t modify the info file
Don’t convert to lossy formats
Do support the artists

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP