草川為 – 今日の婚のダイヤ

#### 内容紹介(Amazonから)
>ハイスペック&容姿端麗な豊川のぞみ(29)。結婚を意識するのぞみが惹かれたのは、理想とは違う2つ歳上の久慈栄。通称・クジ男。一緒にいるほど見えてきた、のぞみがダイヤよりも、もっとずっと、欲しかったものは…。この人と結婚していいの!?と悩む、カーストトップ女子の結婚、ここにあり!
2016年12月刊。

#### 「今日の恋のダイヤ」のスピンオフ
スピンオフとタイトルが「今日の婚のダイヤ」ということで、できれば2冊合わせて読むともっと面白いです。

前作は「恋のダイヤ」というように、恋をしている様々な人々が重なり合い、影響し合っている様を電車のダイヤと比喩していました。今作は電車のダイヤと行っても、一つの電車のダイヤとして、のぞみさんと久慈さんとの結婚まで描かれています。

なんというか、前作では残念な役回りだったのぞみさん。今回はトラブル無く幸せになって欲しかったですが、自分の理想に引きずられてしまい、なかなか良縁に恵まれませんでした。まぁ、人の縁は不思議なモノで、自分の理想が恋人や結婚相手にならないことが往々にしてにしてあるということ。そしてそのことを受け入れるために、自分自身で納得するのは大変だということですね。

一緒にいるようになって、相手のことを徐々に知り始めるにつれ、仲が良くなることもある。そんなお話です。

Ane LaLaに掲載されるにふさわしく、またこのようなお話をどんどん草川為さんには描いていって欲しいです。

今日の婚のダイヤ (花とゆめCOMICS)
草川為
白泉社 (2016-12-05)
売り上げランキング: 10,669

今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)
草川為
白泉社 (2014-06-05)
売り上げランキング: 32,154

天乃忍 – ラストゲーム 11巻

#### 内容紹介(Amazonから)
>10年前君が変えた僕の世界に今、君がいる。 「───勝負しよーぜ、九条」 父にアメリカ行きを急かされた柳。九条と話そうとするが、柳の好きな人の存在に落ち込む九条は電話をとれない。連絡が取れぬまま、柳は空港へ。その頃、相馬から柳アメリカ留学の話を聞いた九条は……!?最終巻、2人の勝負の結末は!? 特別編3本収録!
2016年10月刊。

### 見事な最終回
お見事な最終回でした。二人の距離がどんどん近づいていき、すれ違いや誤解があって、その結果、より関係が深くなると言う。まさに「少女漫画の王道」。柳がへたれでチョロいことや、九条の性格、また脇役たちの魅力が使い古された「少女漫画の王道」を一段階レベルアップさせた名作と言って良いと思います。まだまだ少女漫画も発展する余地が沢山あることを示してくれました。

九条が柳への思いに気が付いてからは、読んでいるこちらをもどかしくするシーンが沢山ありました。これも九条の性格からすると仕方がないこと、と説得力たっぷりの描写。初めての長期連載とは思えないペース配分で最終回まできたと思います。

少女漫画は5巻前後で完結する作品が好きなのですが、「ラストゲーム」別格です。素晴らしい作品です。なんと言っても柳と九条がいちゃつく回が1回しかないところ。柳の永遠とも思える片思いへの報いが少ないかも知れないですが、「ラストゲーム」には最高の配分です。脱帽です。

### 短編時の想い出
LaLaでの3回連載の短編が「ラストゲーム」の始まりでした。3回連載での終わり方も秀逸だったので、単行本になるのを楽しみにしていました。が、その評判がよくまさかの連載再開。正直、その後のストーリーが蛇足にならないか心配でした。「片恋トライアングル」がデビュー7年にして初めての単行本ということも知っていたので、うまくストーリーを続けることが出来るのか。タイトルの意味にかけた3回連載の終わりを一旦描ききった後に、それ以上の最終回を書くことが出来るのか。連載再開が不安で仕方がありませんでした。そこであの連載の再開シーンですよ。不安は一気に吹き飛び、毎月のLaLaで一番の楽しみとなりました。

### その後
連載再開のその後といえば、最終巻を読んだ人はご存じの通りです。全体的には最高の少女漫画です。

すっかり天乃忍さんにはまってしまい、3巻発売時のサイン会に参加。5巻発売時の書泉ブックマートさんのキャンペーンに応募して大賞をもらってしまったりといろいろな想い出が詰まっております。

天乃忍 – 2013-01-19 「ラストゲーム 3巻」サイン会

[http://blog.uni-tv.me/2013/01/2013-01-19.html](http://blog.uni-tv.me/2013/01/2013-01-19.html)

天乃忍 – ラストゲーム 5巻

[http://blog.uni-tv.me/2014/03/5.htm](http://blog.uni-tv.me/2014/03/5.htm)

キャンペーン内容は書泉ブックマートさんのサイトがなくなってしまったので、紹介と対象をいただいた写真、画像を紹介します。

> 『ラストゲーム』5巻の書店向けポスター撮影場所は当店書泉ブックマート!
こちら書泉ブックマート2階もしくは書泉ブックタワー7階で柳と九条のような写真を撮ってご応募下さい!!ブックマートでは柳と九条の立ち位置や撮影ポイントも設置中!
可愛い小さなカップルから素敵なご高齢のカップルの方、仲良しお友達や親子・兄弟・
姉妹同士の応募もOKです!みんなにキュンが伝わる「ベストラストゲームカップル」に
選ばれた方にはなんと!!天乃忍先生のサイン入り等身大ポスターをプレゼント!
沢山のご応募、お待ちいたしております!!

> メールでご応募なさる場合は写真の他に住所・氏名(本名の他に当選時掲載してよいイニシャルもしくは仮名をお教え下さい)・お電話番号をご記入のうえ メール にてご応募下さい。
→ メールで応募する

> お写真でのご応募の場合は当店で配布いたします応募用紙に写真を添えて当店スタッフにお渡し下さい。
ご応募いただきましたお写真は返却できませんのでご了承下さい。

>結果発表は2月23日(日)HP・Twitter・店頭にて発表いたします。
その際は「ベストラストゲームカップル」のお写真も掲載させて頂きますのでご了承の上ご応募下さいますようお願い申し上げます。

> http://www.shosen.co.jp/genre/cat178/cat175/entry_2032/

お題となった柳と九条が書泉ブックマートの本棚で手が触れそうになるシーン

応募した画像。

天乃忍先生のサイン入り等身大ポスター!!

ポスターのサインと同じ時期に書泉ブックマートさんで購入したサイン入りの「ラストゲーム」5巻。

ラストゲーム 11 (花とゆめCOMICS)
天乃忍
白泉社 (2016-10-05)
売り上げランキング: 1,293

青春アウェー 3巻 – コータ

#### 内容紹介(Amazonから)
>季節は春。2年生になった負けん気サッカー女子・颯は、新入生を前に俄然張り切りまくり!! しかし事態は思わぬ方向に…?一方、ついに自身の気持ちに目を向けた幼馴染の洋一は…!?そのとき、悠翔は? すべての想いが本気でぶつかるストレートラブ、最終巻!!!番外編&アフターエピソード、さらに読切一遍を併せて収録。
2016年9月刊。

### 急速な物語の終わりに。
あと1巻くらい物語が続くかな、と思っていたのですが3巻で完結となりました。単行本の中で担当編集者が変更になったとありましたが、なんとく変更後の話が勢いだけでまとまりに欠けていたような気がしました…。担当者が変わったということを踏まえて気が付いたので、先入観かもしれませんが…。

とはいえ、もともと幼なじみ同士の男女がいて、そのうちの女の子が他の誰かをつきあい始める。凡百のストーリーはどのように終わらせるか、それに名作か凡作かにかかってくるわけです。

### ラストシーン
これは感動しました。かなり秀逸なラストシーンです。本当に一言いえば、倍くらいのページ数で熱く熱く描いて欲しかったです。とくに楓と悠翔とのシーン。もっともっと良くなるとおもったのですが、これはこれで十二分に堪能いたしました。後日談のExtra GameもAfter Gameも素敵です。

### 次作
既に次作の連載が始まっているようで。1巻を読んだときは、この作品だけおわってしまうかな、と思うほど花とゆめ向けではなかったのですが…。鬼編集に鍛えられた結果、みごとな少女漫画描きをなったようです。ここまでくるとキャラクター作りのうまさと少女漫画としてのストーリーを上手く掛け合わせることにより、より面白い作品が出てきそうです。期待の作家さんです。

### リンク

青春アウェー 3 (花とゆめCOMICS)
コータ
白泉社 (2016-09-20)
売り上げランキング: 57,215

兄友 3巻 – 赤瓦もどむ

#### 内容紹介(Amazonから)
>新入生学力テストの監視員になったまい。テスト前、盛大にお腹が鳴っている男子が…。見かねたまいが自分のお弁当をあげると、「すごく美味しかったです」とベタ褒め!そんな彼・加賀君が入学するが、どうやらまいのことが気になる様子で…!?そして、西野さんの従弟もまいと同じ高校に…? 西野さんにライバル出現!?の壁ごし&つつ抜けLOVE、第3巻!!
2016年9月刊。

#### ライバル登場!
漫画を開く前からライバルがでてくることがわかってしまいました。表紙にいるのですから! 西野の髪はベタ無し、そして加賀はベタ有り。うん。わかりやすい。動物が近寄りやすいという特徴は必要だったかなぁ。すこし無駄な設定になりそうですが。その反発なのか、結構まいの事に関しては押しが強いところが、西野のカンに触って端から見ている分には非常に面白いデス。

#### 見所
「兄友」の見所のひとつにまいの家庭的な仕草だとおもいます。こんかいもそれらが存分に楽しめることが出来ます。お弁当を作るところとか、100均ショップでのデート、秋の部屋の掃除・整理。うんうん、良いお嫁さんになるのは間違いないから、今は存分に西野と二人で叶った初恋を楽しんで欲しいのですが、、、、。ちょっとライバル登場、早くないですか?二人のあたふたぶりも良いのですが、ゆっくりゆっくり関係を深めていって欲しいと思ってしまいます。まー、でも最近の恋愛はりんごが話していたとおり、あっという間にくっついて、あっという間に離れていくのでしょう。そんな世間の風潮にどのように抗っていくのか。それもまた楽しみです。

#### 下着の色
持ってなければ、買わないといけないですよね!ね!

#### リンク

[赤瓦もどむ 兄友 白泉社の特別サイト](http://www.hanayume.com/hanayume/anitomo/)

兄友 3 (花とゆめCOMICS)
兄友 3 (花とゆめCOMICS)

posted with amazlet at 16.09.28
赤瓦もどむ
白泉社 (2016-09-20)
売り上げランキング: 3,629

なまいきざかり8巻 – ミユキ蜜蜂

### 内容紹介(Amazonから)
>ウィンターカップ予選終了で3年は引退。成瀬は次期キャプテンに指名され、そして由希は…本格的に受験生モード!でも、一緒にいられる時間が減ると、もっと構って欲しくなる…。そんな中、二人は付き合ってから初めてのデートをすることになり!?ページをめくるたび、胸がキュンキュンすることはゼッタイ保証!バスケ部ラブコメ第8巻!
2016年9月刊。

### 売上にびっくり
累計97万部突破とは…。花とゆめは本誌を購入していないので、人気のほどはまったく知りませんでした。しかし白泉社フェアでちょくちょく出てきていたので、人気があがってきたのだろうなぁとは思っていましたが。まさかここまで売れていたとは。このまま売れ続けていてほしいですね。

### 二人を巡る状況の変化
由希センパイはバスケ部を引退し、成瀬はキャプテンに。いままで同じ時間を過ごしていた部活の時間がなくなり、どんなふうに変わっていくのか。もうなんというか、二人の初々しさにニヤニヤが止まりません。ふたりが不安になったり、ふたりで喜んだり、ふたりとも悩んだりと、付き合いたてのころに経験することのオンパレード。これぞ少女漫画の面白さです。

あまり少女漫画では意識していなかったのですが「キス以上」の描写って当たり前のように出てきているのですのねぇ。花とゆめの読者層があがってきているのかしら。LaLaでもあるしなぁ。

### お父さんの存在
まぁ、成瀬を連れてきたら泣くよね、きっと。

### 復読
なんど読んでも発見やニヤニヤできるので、ついつい1巻から読み返してしまうマンガです。由希センパイや成瀬の変化・成長を見ることが楽しいからでしょう。個人的には花とゆめ掲載のタイトルでは大ヒット作です。

なまいきざかり。 8 (花とゆめCOMICS)
ミユキ蜜蜂
白泉社 (2016-09-20)
売り上げランキング: 418

晴海ひつじ – ツインロール 1

### 内容紹介(Amazonから)
> ネットでは大親友。リアルでは犬猿の仲…!?
2016年1月刊。

### ジャケ買い
表紙が気になって購入しました。表紙なのに女の子がへの字口でいやがっている絵はそうそうありませんものね。対照的に男の自信満々な表情。そして帯の「新世代の残念男子」!もう買わない理由がありません。連載誌がLaLaなのでいつか雑誌で読み直さなとおもってまうす。雑誌と単行本で読むのでは作品から受ける印象がかなり変わってくるので(LaLaはここ一年ほど買っているだけで積ん読となっているのです)。

### ネットとリアル
ネット上では動画作成のイズと作曲のカノンとしてコンビを組んで映像を作成している二人。ある日突然二人は学校で出会うものの、出会いが最悪で犬猿の仲の美術科の泉と音楽科の嵯神という二人。お互いの正体は嵯神しかしらず、一方的に泉を好きになった二人の関係が描かれています。動画サイトへの投稿やらが少女漫画に出てくるなど、時代を感じます…。これが一昔前だとメル友やらになるのですかね。

### ドタバタラブコメ
白泉社でここまでドタバタなラブコメは久しく読んでいなかった気がします。「ラストゲーム」の雰囲気が似ていますが、あちらはドタバタでは無いですしね。すこし文字が多くて説明的に感じるところもありますが、コメディのテンポが良いので一気に読み進めることが出来ます。残念なのはこれ!といった決めの絵が弱いところ。いいな、と思った絵が看病に行って布団ごしにごにょごにょするシーン一つというのは寂しいです。

次巻はライバル登場のようですので、さらなるドタバタとなるのか。シリアスな展開になるのか非常に楽しみです。

#### リンク
[ツインロール特集ページ](http://www.hakusensha.co.jp/lala/paper/twinrole/)

[晴海ひつじのブログ](http://harumi0.blogspot.jp/)

[Twitter](https://twitter.com/hituji0123)


ツイン ロール 1 (花とゆめコミックス)
晴海ひつじ
白泉社 (2016-01-05)
売り上げランキング: 3,703

小椋アカネ – 彼女になる日 another 3

### 内容紹介(Amazonから)
> 「羽化」により女の身体になった相楽は、黒川と付き合い始める。彼氏として男らしくしようと張り切るが、次々事件が発生! 池で溺れそうになったり、身体測定でクラスメイトに裸を見せることになったり!? さらに成海から突然キスされて!? 男と女の狭間で揺れる相楽は…!?
2016年1月刊。

### 帯の煽りが秀逸
画像にもありますが、帯の煽り文句が秀逸です。「羽化」により男が女体化するという設定により、TSモノではあるのですが、登場人物3人の成り立ち・関係から「BL」にも「百合」ともなる不思議なストーリー展開。でも根本は友人から発展する恋模様をえがく少女まんがという、今までに無かったパターンです。

### 注目の作家さん
無印(彼女になる日)の書き下ろしコミックを読んだときに感じた完成度の高さ。これ以上のモノを望めないんじゃ無いかと思うほどのストーリーテラーぶりに感心したものでした。anotherが連載されたときはどのように話が進んでいくのか楽しみと不安がありましたが、無印に一人加えるだけでこれほどのエポックメイキングな作品になるとは思っていませんでした。

「マドモワゼル バタフライ」以来の購入でしたので、あまりの成長ぶりに驚いています。「羽化」という設定を存分に使い、また登場人物の心情を丁寧に丁寧に描いていることで、キャラクターの動きに説得力がありぐいぐいと話に取り込まれていきます。

絵柄もすこし変化したのか意識的なのかシンプルな線になっています。そのためあまり性的なものを感じないから、心情描写に読み手が集中できる気がします。ふと猫山宮緒さんの初期の作品を思い出しました。ちょっと違うかな?

### 今後の展開
小椋アカネさんが次巻が最終巻となると単行本の中で書かれています。となると、相楽と成海がどの様に結ばれるのかが楽しみで仕方がありません。まさかの黒川エンドでもそれもまた良しです。どちらにしても今の小椋アカネさんの絶好調ぶりからして、納得のそして素晴らしいエンディングが待っていることでしょう。

彼女になる日 another 3 (花とゆめコミックス)
小椋アカネ
白泉社 (2016-01-05)
売り上げランキング: 236
彼女になる日 another 1 (花とゆめコミックス)
白泉社 (2015-05-15)
売り上げランキング: 13,430
彼女になる日 another 2 (花とゆめコミックス)
白泉社 (2015-05-15)
売り上げランキング: 15,413

佐々木拓丸 – Eから弾きな。 3巻

まさかの最終巻。リアルなバンドものだったので、もうすこし続きを読みたかったです。残念と言うしか有りません。

せめてメジャーデビューや音源発売と言った所まで読みたかったと言うのが本心です。

残念。

Eから弾きな。(3)
Eから弾きな。(3)

posted with amazlet at 14.03.23
講談社 (2014-01-31)

天乃忍 – ラストゲーム 5巻

少し物語的には停滞期?

帯にある「マンガみたいな恋、したい」という時期まっさかりと言ったところでしょうか。好きな人とグループで遊びに行ったり、ライバルが出てきたり、人間関係が複雑になってきたり。また細かないくつもの描写が「恋」へのあこがれを読者に誘ってくれる希有で素晴らしいマンガです。

5巻発売時に大々的なキャンペーンが行われていました。私自身、それに参加しましてサイン本、賞、直筆サイン入りポスターを頂いてしまったのも良い思い出です。

将良 – 青春ビターチェンジ 1・2巻

いわゆる人間・性転換モノなのですが、これほど長い時間元に戻らないというストーリー展開は珍しいのではないでしょうか。

転換した相手の成長・日常をお互い見続けると言うことがこんなに辛いモノなのか。それが自分が思っていた生活と合致しているとなおさら、うらやましがり、二人の人間関係が上手くいかなくなるという循環になりつつ、お互いを尊重し会い続ける。それがほろ苦い青春としてうまく表現しています。うーん。うまく文章にすることが出来ません。

決して熱量がある青春ストーリーではありませんが、油断して読んでいるとぐさぐさと胸に刺さるストーリーです。

今一番にオススメです。

PAGE TOP