Ringo Starr and His All Starr Band – 2016/10/30 Tokyo NHK Hall, Shibuya, Tokyo

#### 早かった再来日
2013年以来の3年ぶりの来日でした。前回はZepp Tokyoというライブハウスでしたが、今回はホールツアー。狭い会場も良いけれど、大きな会場で見るライブも楽しかったです。 2013年とほとんどセットリストは変化はありませんが、最初から最後までニコニコしながら見ることが出来るライブは貴重です。

そしてかなり良い席でした。ほんとうにうれしかったです。

#### pictures

#### Setlist:

01. Intro / Matchbox
02. It Don’t Come Easy
03. What Goes On
04. I Saw The Light
05. Evil Ways
06. Rosanna
07. Kyrie
08. Bang The Drum All Day
09. Boys
10. Don’t Pass Me By
11. Yellow Submarine
12. Black Magic Woman / Gypsy Queen
13. You’re Sixteen
14. Back Off Boogaloo
15. You Are Mine
16. Africa
17. Oye Como Va
18. I Wanna Be Your Man
19. Love Is The Answer
20. Broken Wings
21. Hold The Line
22. Photograph
23. Act Naturally
24. With A Little Help From My Friends
25. Give Peace A Chance

Heron – 2016/11/20 Heron Shimokitazawa La Cana , Tokyo Japan Second Show

#### 信じられなかったHeronの来日
Facebookに流れてきたフィードでの第一報にはおもわず「ん? 奇跡かな?」と声を上げてしまいました。根強いファンはいるけれど、日本に来るとは思っていなかったし。また年齢も高いしとまったく来日に関しては予測すらしていませんでした。チケット発売されてすぐに50人限定という下北沢ラ・カーニャでのセカンドショーを予約しました。なんと予約番号4というもので。もううきうきで、手持ちのHeronのアルバムを聞き直し、もしかしたら、もしかするとG.T. Moore & The Reggae Guitersの曲も演奏するかとおもい、そちらも聞き直していました。手持ちでは”Heron”、”Twice As Nice & Half The Price”、”Simple As One Two Three”、”Jokerman -Songs Of Bob Dylan”しかなく、結果的には再結成後のアルバムも聴いておけばよかったライブでした。

#### ライブについて
予約番号が早い番号だったので一番前の真ん中右寄りに席をとりました。あれよあれよという間に会場は満員となり、立ち見も出ていたようです。そしてあまりの人気のため、翌日に追加公演もきまっておりました。日本にこれだけHeronを好きな人がいるのか、、、と一人驚いておりました。4人がステージにそろって長いチューニングの間、スタッフの方がビールをGeraldに渡そうとして会場から拍手があがったり、お客さんのあまりの静かさにSteveが”Very Quiet !!”とおどけ会場が笑いに包まれたりと、ライブ開始前から暖かい雰囲気がありました。

ライブが開始されるや否や、アルバムで聴くことが出来たあのHeron特有の音の世界が広がりました。キーはぐっと下げられているし、予想以上にキーボードの音数が多かったりと、録音された曲の再現というわけではないにもかかわらずです。自主制作のアルバム、”River of Fortune”、”Odznenz”、”Black Dog”からも満遍なくセットリストとして選ばれていました。名盤と言われている1970年代の曲とまったく遜色がなく驚いてしまいました。そしておそらくG.T. Mooreの曲と思われる”Welcome To Monkey Go Bay”ではレゲエを聴くことができました。

どれもこれも”Heron”というグループでないと出せない音です。初めてHeronの音楽を聴いたときに心を鷲掴みにした魅力が、目の前のステージで繰り広げられているのです。再び、その魅力に心を鷲掴みにされ、ステージから感じる魅力、音楽に身をゆだねることができる時間でした。このようなバンドが持つマジックに溢れていたライブに触れられる事が出来て本当に幸せでした。

#### アフターショー

ライブ終了後、メンバーとファンの間で自然発生的にサインやコミュニケーションが始まりました。ライブの感想をライブ直後に伝えることが出来るのはうれしい限りです。Dawnから発売されていたオリジナルのアナログを持っている方もちらほら見かけました。私は紙ジャケとポスターにサインをもらい、G.T. MooreにThe Reggae Guitarsの紙ジャケにサインをもらいました。Geraldが「珍しいモノ持っているな!」みたいな感じだったので、好きなアルバムなんですと言うことができました。ライブ後もHeronの音楽のような雰囲気で、ライブの続きのような空気が流れていました。

#### G.T. Moore

G.T. MooreはThe Reggae Guitarsだけではなく、他にもReggaeアルバムを出していることをしって、一枚だけCDを購入しました。他のモノは徐々に集めていこうと思います。私が購入したのはG.T. Moore & The Lost Ark Band “Seek The Kingdom First”です。

https://www.discogs.com/ja/GT-Moore-Lost-Ark-Band-Seek-The-Kingdom-First/release/4547205

#### pictures

#### files infomation

http://bit.ly/2hDtjWS

Heron

1. Info
Artist: Heron
Date: Nov 16th 2016 Second Show
Venue: Shimokitazawa La Cana , Tokyo Japan

2. Recording + Remastering Info
iM2-B + iPhone6(16bit/44.1kHz) >PC (WAV) >Transferred to Audacity Files (track split/Click&Crackle/ Normalize)> Transferred to FLC files

3. Quality
Excellent .

4.Set List

01. “tuning”
02. Serpentine
03. Upon Reflection
04. Last Train
05. The Magpie’s Song
06. Yellow Roses
07. King’s Road
08. Only A Hobo
09. Tomorrow Is A Long Time
10. Slow Train
11. One Two Three (The Ballad Of Notting Hill Gate)
12. “break”
13. It Ain’t Me Babe
14. Lord & Master
15. Ring Them Bells
16. Snow Queen
17. A Match Made
18. In The End
19. Welcome To Monkey Go Bay
20. Gypsy Roads
21. River Of Fortune
22. Be True
23. Is Your Love In Vain
24. Jokerman
25. Louise
26. Boogie Woogie (Buggy Wuggy)

6 Rules:
Don’t Sell
Don’t modify the info file
Don’t convert to lossy formats
Do support the artists

Tripsichord – Tripsichord

#### Songs

1. On The Last Ride
1. We Have Passed Away
1. Black Door
1. The New Word
1. Son Of The Morning
1. Short Order Steward
1. The Narrow Gate
1. Fly Baby
1. Everlasting Joy

* Bonus Tracks
1. You’re The Woman (From compilation album “Fifth Pipe Dream Volume 1”)
1. It’s Not Good (From compilation album “Fifth Pipe Dream Volume 1”)
1. Family Song (From compilation album “Fifth Pipe Dream Volume 1”)
1. Times & Seasons (From single)
1. Sunday The Third (From single)

#### バンド名
TripsichordかTripsichord Music Boxのどちらなのか…。紹介している本によって違ったので混乱していましたが、ライナーノーツに1970年頃にTripsichord Music BoxからTripsichordにバンド名を短くしたとありました。このアルバムは1969年に録音され1971年に発売されたということで、どちらの名義が正しいんでしょうね…。

### ヘヴィサイケ?
一聴したとき、あれヘヴィサイケと前知識があったけれど、そんなにサイケデリック感がなかったぞ。という印象。むしろプログレやハードロック、ブルース、フォークの雰囲気のなかにサイケデリックがちりばめられている感じです。1969年に録音されたことを考えると、サイケデリック中心な音楽を録音はしないよねぇ。曲がりなりにも1965年から活動している人たちのようですから。録音後すぐに発売されていれば、もっと評価が高かったかも知れません。なにせ1971年の発売時には数十枚というすくないプレス数です。知る人は少なかったのは間違いありません。

1曲、1曲、聴くと良い曲で、演奏も良いしアレンジも良く練られているのですが、最初はアルバム全体の印象が薄かったです。しかし深いエコー、ファズたっぷりのギター。まったりしたリズムに身を任せると、まー、気持ちが良い。この辺りがこのアルバムをサイケデリックとしているのが理解出来ます。

いろいろな曲調が入れ替わり登場し、それだけでも楽しめるのに、通底に横たわる深いエコー。そして美しいジャケット。この組み合わせにはまってしまい、リピート再生中です。

### ボーナストラック
1968年に発売された、所属していたレーベルSan Francisco Soundの”Fifth Pipe Dream Volume 1″というコンピレーションアルバムから3曲が収録されています。こちらは1967年に録音されたようで、明らかなヘヴィサイケなものです。ファズギターにオルガンにシャウト、長尺のギターソロ。たまりませんね。

残り2曲は1969年に発売されたシングルから。おそらくこの再発CDで発売された全ての音源が聴けるはずです。

Tripsichord
Tripsichord

posted with amazlet at 16.10.23
Tripsichord
Akarma Italy (2001-07-31)
売り上げランキング: 241,043
Fifth Pipe Dream
Fifth Pipe Dream

posted with amazlet at 16.10.23
Fifth Pipe Dream
Relics (2013-12-10)
売り上げランキング: 996,392

PAUL McCARTNEY – ULTIMATE ARCHIVE COLLECTION

#### ULTIMATE ARCHIVE COLLECTION 全リリース完了

2015年の5月にアナウンスされ、初めてのULTIMATE ARCHIVE COLLECTIONの”Flowers In The Dirt”がリリースされてから、たった1年半にて全てのリリースが完了いたしました。その熱意は尊敬の念しかありません。いわゆるファンメイドの海賊盤で、そのシンプルな編集方針で圧倒的な支持をうけていました。ファンメイドにありがちなリリース後のアップデートがなかったことから、入念なリサーチと準備があったことが想像できます。並大抵の準備期間ではなかったでしょう。

シリーズ開始時、いや今でも本家のARCHIVE COLLECTIONが進まないことと、その選曲に少なからずの不満があることから、本家の補完するものとしては充分なものでした。ただし、当然のことながら法律的に**グレーゾーン**どころか**アウト**な編集方針から配布元は限りなく狭いもので、かなり入手困難と思われます。

Beatlesファンには必読なブログのWogBlogにて[The Paul McCartney Alternate Archive Collection](http://wogew.blogspot.jp/2015/06/the-paul-mccartney-alternate-archive.html “The Paul McCartney Alternate Archive Collection”)すこし紹介があった程度で、ファンの間もであまり知られておりません。

[The Paul McCartney Alternate Archive Collection](http://wogew.blogspot.jp/2015/06/the-paul-mccartney-alternate-archive.html “The Paul McCartney Alternate Archive Collection”)

Voo Dooレーベル主催者のdave1dmarxさんのリリース時のアナウンスとリリース一覧となります。この熱意が本家のARCHIVE COLLECTIONの編集方針に少しでも良い方向で影響すると良いのですが。

ちなみに日本で最近販売されているDVD付のULTIMATE ARCHIVE COLLECTIONとは異なります。質・量ともにVoo Dooレーベルがはるかに上となります。

> This is something I am in the beginning stages of working on. I will upload here as I complete individual titles. The goal here is simple: to “release” the ultimate versions of every single Paul McCartney album that will include as bonus tracks a) every released song/mix/edit, and b) any significant outtakes (with upgraded sound wherever possible). To do this, I will need lots of time as I am working a regular job and living a regular life (just like y’all). This is something I’m doing in my spare time, although it is a project that is very near and dear to my heart. It’s something that I’ve wanted to do for years and years and the time seems right now. That said, there are still some items I am trying to acquire to complete my own collection (so that I can present it on these CDs). I will list what I am looking for soon. I first wanted to mention the project (including what it will entail) and to list the first title. These will not be uploaded in any particular order, and my goal is to get at least three titles out per month, with full cover and disc art.

> Here is how the project will pan out:

* Ram – 3 CD – 8/6/15
* Wild Life – 2 CD – 5/20/16
* Red Rose Speedway – 3 CD – 10/1/15
* Band On The Run – 3 CD – 3/18/16
* McGear – 1 CD – 7/10/15
* One Hand Clapping – 2 CD – 7/10/15
* Venus And Mars – 3 CD – 5/30/15
* Wings At The Speed Of Sound / Holly Days – 2 CD – 12/30/15
* Wings Over America – 4 CD – 11/5/15
* London Town – 2 CD – 6/18/15
* Back To The Egg – 1 CD – 6/18/15
* Last Flight – 2 CD – 2/1/16
* McCartney II – 2 CD – 2/11/16
* Hot Hitz/Kold Kutz – 2CD – 4/20/16
* Tug Of War – 2 CD – 4/10/16
* Pipes Of Peace – 2 CD – 4/10/16
* Give My Regards To Broad Street – 2 CD – 10/13/15
* Press To Play – 2 CD – 7/1/15
* Choba B CCCP – 1 CD – 3/6/16 –
* Flowers In The Dirt – 4 CD – 5/20/15
* Tripping The Live Fantastic – 3 CD – 3/29/2016
* Get Back – 2 CD – 3/29/2016
* Unplugged – 3 CD – 3/6/16
* Off The Ground – 2 CD – 8/16/15
* Up Close – 1 CD – 8/16/15
* Paul Is Live – 3 CD – 12/7/15
* Strawberries Oceans Ships Forest – 1 CD – 12/16/15
* Flaming Pie – 2 CD – 5/18/16
* Rushes – 1 CD – 12/16/15
* Run Devil Run – 2 CD – 11/15/15
* Liverpool Sound Collage – 1 CD – 11/15/15
* Driving Rain – 2 CD – 10/24/15
* Back In The World – 2 CD – 6/22/15
* Twin Freaks – 2 CD – 7/18/15
* Chaos And Creation In The Backyard – 2 CD – 10/24/15
* The Space Within Us – 4 CD – 8/26/15
* Memory Almost Full – 2 CD – 5/14/16
* Live In Los Angeles – 2 CD – 5/14/16
* Electric Arguments – 3 CD – 6/8/15
* Good Evening New York City – 2 CD – 2/22/16
* Kisses On The Bottom – 2 CD – 12/22/15
* New – 2 CD – 7/27/15
* Out There – Live In Japan – 2 CD – 12/31/15
* Talk More Talk – The McCartney Interview Collection – 6 CD – 5/31/16
* Give Us That Knowing Wink – Official Rarities – 6 CD – 8/4/16
* Where Footprints Never Go – Unofficial Rarities – 6 CD – 9/21/16
* Pure McCartney – 6 CD – 6/10/16

#### Voo Dooレーベルとは

このVoo DooレーベルのタイトルはあのPurple Chickレーベルに匹敵するかと思います。他のリリース済みタイトルは下記となります。多種多様でなおかつ質の高い選曲となっております。なかには完全に個人的な楽しみとして作成されているものもあり、リリースされていないモノも含まれています。私が知る限りこれらの音源を使用しての海賊盤は販売されていないと思います。

* The Beach Boys – The Best Of 1961 – 1990 [6-disc set] – 6/22/10
* The Beach Boys – Greatest Hits 1962-1988 [single disc distillation of above set] – 7/3/10
* Bruce Springsteen – Darkness On The Edge Of Town [Expanded Edition] – 8/28/10
* Bruce Springsteen – The River [Expanded Edition] – 9/1/10
* Bruce Springsteen – 12″ Singles and Vinyl Rarities – 9/3/10
* The Beatles – Abbey Road Instrumental – 9/11/10
* The Beatles – Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band Instrumental – 9/16/10
* Bruce Springsteen – Born In The U.S.A. [Expanded Edition] – 10/1/10
* John Lennon – Singles & Home Tapes [Expanded Edition] – 10/9/10
* John Lennon – Live Peace In Toronto [Expanded Edition] – 10/14/10
* Beastie Boys – Beastiality – The Best Of The Beastie Boys – 10/29/10
* Various Artists – Voo-Doo Records 78 Collection – 10/30/10
* The Solo Beatles – Rarities: Volume One – 11/1/10
* The Beatles – 1962-1966 [Expanded U.S. Edition] – 11/6/10
* Bruce Springsteen – River Night At The Garden – Live at MSG November 8, 2009 – 11/8/10
* Badfinger – Mary Hopkin – Jackie Lomax – Apple Records Extra [Expanded Edition] – 11/20/10
* Trash – Complete Apple Output – Apple Box Set Vol. 2 SNEAK PREVIEW!! – 12/9/10
* Apple Records Box Set – Volume Two – 12/26/10
* They Might Be Giants – Live in Central Park July 31, 1993
* They Might Be Giants – Retrospective [2-disc best of]
* Hello Recording Club – 1993-1996 [8-disc set of the complete Hello Recording Club discography]
* The Beach Boys – Pet Surround Sounds [dts-encoded surround cd, with vocals in the front + music in the back, created from isolated tracks on ’96 box set]
* The Beatles – Abbey Road in Surround [same as above, made with Rock Band files, with bonus tracks]
* George Harrison – Rarities [3-disc set]

#### 他のファンメイド

海賊盤のリリース数は依然として少ないです。個人的には良いことだと思います。が、ファンの間ではファンメイドの海賊盤が増えてきております。有名どころではHobnail氏作成のBBCものの”Unsurpassed Broadcasts”、ハンブルグでのライブ”Zu Laut!”やLord Reith氏のBBCもの”BBC Archives”、1963-1964年海外ツアーライブのコンピ”Looking Through The Bent backed Tulips”、ハリウッド・ボウルライブの”Why Don’t We Do It In The Bowl”。Remasters Workshopの140タイトルにも及ぶリマスターシリーズも見逃せません。

そんな中Phil_Lip氏のGeorge Harrison、Ringo StarrのソロアルバムでDeluxe EditionリリースもVoo Dooレーベルに匹敵する編集の良さです。George Harrisonは4タイトル、Ringo Starrは8タイトルがリリースされています。こちらも配布元は限りなく狭いもので入手困難と思われます。

#### マニアってやつは

結局、マニアってやつはOfficialでアーカイブものが発売されても、あーでもない、こーでもないと話すのが楽しみであり、全ての欲求に適うモノが発売されないということがわかっているのです。だからこそこのようなファンメイドの海賊盤が組まれるのでしょう。そのなかでも最高峰としてVoo Dooレーベルは知られて良いものだとおもいます。

エンヤサン – ドアノブ


### エンヤサンとの出会い
オフィスで流しっぱなしのFMから流れてた「新宿駅出れない」がエンヤサンとの出会いでした。曲目紹介のとき「あぁ、確かになれないと出られないよなぁ」と思うと同時にそのユニークなタイトルとユーモアたっぷりの歌詞。妙に頭に残るボーカルが気になって、CDを買おうをその場で検索し彼らの属しているレーベルに注文をしたのでした。

まだインディーズだったのかというのも驚きましたが、届いたCDを聴いて「mono」や「あるく」の素晴らしさにがつんとやられてしまいました。

あわてて(べつに慌てる必要もないのですが…)、発売されている全てのCDを注文。おまけのCD-Rには狂喜乱舞しました。お兄さんの「しらくべくリゾート」のラップアルバムは驚きました。予備知識がなかったので、全編ラップでアルバムを作っていることは予想外でした。

そのほかにいろいろと調べると驚きのフリーアルバムというもの存在を知ります。



### フリーアルバム

「まさかサイドカーで来るなんて」がそのアルバムでした。どうしても聴きたくて必死にダウンロード先を調べて、紆余曲折のすえ聴くことが出来ました。こちらにも「あるく」等、名曲が含まれていましたが、一番共感したのはユーモアあふれる歌詞でした。なんど聴いてもくすっとしてしまうその歌詞は選びに選びぬかれた言葉です。今となっては聴くことが難しいアルバムですが、探す価値ありです。

### ファーストフルアルバム
ささくれフェスティバルで発表されたファーストアルバム発売のお知らせ。まだフルアルバムが発売されていなかったのか、という印象です。ライブの一曲目で披露された「君が骨折して」の衝撃と言ったら。

手元に届いたCDを聴いてみると、本当に様々なスタイルの曲が含まれています。でも取り散らかった印象は全くありません。根底にある「エンヤサン」の魅力がしっかりと各曲に含まれているからだと思います。

魅力とは、ユーモアあふれる歌詞だったり、縦横無尽に駆け回るギターだったり、頭の中にストレートに入ってくる歌声だったり、とてつもなくポップな曲だったり、いろいろあります。それら全てが「エンヤサン」というユニット名の元、見事にまとまっています。名刺代わりの一発です。記載されていませんがプロデューサーの腕が光っています(おそらくセルフプロデュースだと思います)。

なんでしょう、ほんとうにもっともっといろいろな人に聞いて欲しいアルバムです。間違いなく満足するし、間違いなく次作はもっともっと凄いアルバムが待ってます。こんなにワクワクするアーティストは滅多にいません。おすすめです!



### リンク

[エンヤサンが有名になるまで (ブログ)](http://ameblo.jp/utuseminoyarou/)

[エンヤサン(Enya-Sang) (Facebook page)](https://www.facebook.com/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%A4%E3%82%B5%E3%83%B3Enya-Sang-192083364155712/)

[エンヤサン オフィシャルサイト](http://enya-sang.net/)

[ドアノブ レーベル通販](http://subenoana.cart.fc2.com/ca14/119/p-r-s/)

Humble Pie – On to Victory / Go for the Throat (紙ジャケ)

### Humble Pie – On to Victory / Go for the Throat
やっと出ました日本盤。しかも紙ジャケでございます。日本では非常に手に入りづらいアルバム(CD)でした。2012年にDeluxe Editionとして2 in 1 + Bonus Discで海外で発売されたリマスター盤が基となっています。Bonus Discとして1981/5/17 LAでのライブが収録されていました。”ALL OR NUFFIN”にて”Route 66/ Be-Bop A Lula”のみ紛れ込んでいます。そのライブは日本盤では2つに泣き別れて収録されていますが、PCに取り込んでプレイリストを作れば綺麗に繋がるようになっています。粋な計らいですね!ファンは両方のアルバムを購入するでしょうから。

1981/5/17 LAについては別記事にて記載しておりますので、そちらをご覧下さい。必聴のライブです。記事のなかで「演奏日不明のライブ」とは1981年のライブ音源で録音日不明の音源のことです。その録音日を推測しております。非常にどうでも良い考察です(笑)。そちらのライブ記事もリンクします。

* [Humble Pie – 1981-05-17](http://blog.uni-tv.me/2013/05/humble-pie-1981-05-17.html)
* [Humble Pie – 1981-XX-XX](http://blog.uni-tv.me/2013/05/humble-pie-1981-xx-xx.html)

さてこの二つのアルバム、実は海外では常に販売され続けています。まずはATCOから。そしてRhinoからの 2 in 1。最後にDeluxe Editionとなります。再結成Humble Pieはある程度人気があるのかも知れません。どのCDも実店舗では見かけないですが、ネットショップでは常に販売されております。きっと日本での人気が恐ろしく低いのでしょう…。

### On to Victory
こちらのアルバム、再結成第一弾なので非常に気合いが入っております。1曲目の”Fool For A Pretty Face”、3曲目の”Infatuation”の素晴らしいオリジナルや”Baby Don’t You Do It”、”My Lover’s Prayer”のカバー。聞き所は沢山あります。とくに”Infatuation”はオリジナルパイを彷彿させる名演奏です。あぁ、でも”My Lover’s Prayer”の素晴らしい歌声も捨てがたい…。とにもかくにもこの機会に是非再結成パイの素晴らしさを多くの人に知っていただきたい。

その一番の近道がBonus Trackのライブです。そのライブを全て聴くためには”Go for the Throat”も買いましょう!

### Go for the Throat
再結成第二弾。こちらも”On to Victory”に負けず劣らず重たいリズムでハードな音を出しています。よく言われているように”On to Victory”にくらべてアメリカマーケットを意識しているように感じます。だとすると”Tin Soldier”のカバーはなぜでしょう?”Tin Soldier”より”Itchycoo Park”のほうがアメリカで売れていませんでしたっけ?

今回は再結成時の二枚のアルバムと同時期の素晴らしいライブを一気に聴くことができる良いチャンスです。この機会を逃しませんように!

1981/5/17 LAのライブを聴き直していたら、僕が持っている音源のリマスターですかね?音源のマスターテープが残っていないのは残念です。

オン・トゥ・ヴィクトリー
ハンブル・パイ
ヴィヴィド・サウンド (2015-12-30)
売り上げランキング: 71,221
ゴー・フォー・ザ・スロート (生産限定紙ジャケット仕様)
ハンブル・パイ
ヴィヴィド・サウンド (2015-12-30)
売り上げランキング: 73,072
On to Victory/Go for the Throat-Delu
Humble Pie
Cleopatra (2012-03-13)
売り上げランキング: 68,605

Paul McCartney – 2013-11-18 / 19 / 21 Tokyo Japan

Paul McCartneyの来日ツアーが終わって1週間とすこし。ようやく体調も戻り、記憶があるうちにとりとめも無く、文を書いていこうと思います。個人的な感想ですので、評論的なことは一切ありません。気分を害する可能性がありますので、ご注意くださいませ。

ではなぜ公表するのか。自戒のためです。

来日するという噂を聞いたのが6月下旬。たしかその後すぐに東京3日間のチケットを購入した記憶があります。何社か内定を頂いていた中から、いくつか候補を選び、ラストスパートをかけるころでした。きっと3日はすべて行くことが出来ないだろう、と思いながらも、もしかしたら行けるかも、というかすかな希望で購入しました。

9月から入社した会社は10:00~19:00が定時でした。入社2日目から新規プロジェクトを任され、カットオーバーが11月中旬と聞いて、まさか1日も行くことが出来ないかも…との不安がよぎりました。出来るだけ前倒しをしようと、帰宅が日をまたぐことが多くなりました。

月に一度、かならず通院しなければいけないことは会社に伝えていたので、一日は行けるかも知れない。すこしスケジュールに余裕が出てきた頃、VIPチケットの販売が販売されることを聞きました。情報を聞いたとたん、家人にごめんなさいをして、パソコンを起動するのももどかしく、iPhoneからチケットを購入しました。

10月に秘密の会に招待され、来日するという実感がわき始めたのですが、このころ仕事がいろいろな事情でコントロール不能状態となり、見通しがつかなくなりました。それを良いことに、二日間の早退と、一日の有給を頂きたいと、上長につたえるとあっさり許可が。プロジェクトは社長と行っていたので、社長にも伝えるとあっさりと許可が。何を悩んでいたんだろう、と思うくらい3日間見に行けることとなりました。そしてあわよくば福岡もと、期待は膨らむばかりです。

そして素晴らしすぎる”NEW”を、そのプロモーションライブを堪能しつつ、徐々に情報を得ないようにしてました。過去3度の来日とは違い、まっさらな状態でライブを迎えたかったのです。どうしても看過できなかったことに首を突っ込んでしまいましたが…。

そんななか急に浮上してきたのがフィリピン/セブにある支社への視察・社員旅行。まさかの11/13~17という日程。福岡に行くことが出来なくなったと同時に、体力的にライブを見に行くかどうかが不安になってきました。結果的にセブではカジノの生バンドの横で踊っていたらセンターに呼ばれたとか、ポールダンスを女の子と一緒に踊って同業他社の社長から笑われたとか貴重な体験をして参りました。

あまりのハードスケジュールに東京初日の直前はまったくライブに行くという高揚感がありません。18:00に退社し東京ドームに向かっても気持ちが上がってきません。席についてもでした。時間がわからないように腕時計を外して、オープニングのDJセットを聞いていたとき、ふっと家人に言われたことを思い出したのでした。

「Paul McCartneyのライブに行けなくても良いの?」

約一年前に自殺未遂と自殺企画を繰り返した記憶の無い2日間に、家人が自分を静めるために問いかけた言葉です。おそらく絶叫で問いかけたのでしょう。それに対して私は、そんなものはどうでもいいと答えたそうです。答えたことも記憶にありません。私がどれだけPaulのことを好きだと理解しての問いかけだったのでしょう。幸運にもいま生きていて、Paul McCartneyのライブが始まるのを待つばかりの、その瞬間に思い出したのでした。1ヶ月の入院と数ヶ月のリハビリ、今に至るまでのケアで本当に感謝していること、家人がいなければこの場にいることが出来なかったこと。あぁ、生きているって、今を生きているということはこういうことを言うのか、また、東京ドームの席に座って待っているということが相まって、体を震わしてライブが始まるまで泣いていました。

11/18の初日は泣いてばかりのライブでした。Facebookにはライブ終了後にこのように書いていました。

開演前に急に個人的な出来事と、Paul McCartneyのライブを見られることがオーバーラップして、一人でひっくひっくと泣いていました。

“Maybe~”では家内のことが。”Hey Jude”では自分のことが歌と一体となり、号泣してました。

アンコールでは聴きたくて聴きたくて仕方が無かった、1990年以来のメドレーで涙を流していました。

Paulの最後の言葉。”See you next time!”でまた涙。あと二回。あと二回、会えるのです。

こんなに幸せな時間はありません。

11/19はサウンドチェックを前列2番目で楽しみ、本番のライブはまさかのセンターブロック3列目でした。隣の席のかたが有名なファンで、私の知人を知っているとのことで、いろいろと話をし、ライブでは二人して顔を見合わして歌うとかして、思い切り贅沢なライブを楽しみました。録画カメラが私を写していたので、”NEW”のcubeを差し出したりしていましたが、あまりにもカメラを向けるので、邪魔でした…。スクリーン用のカメラにも2度ほど映っていたようで、そのことを知人に教えていただき、嬉しいやら恥ずかしいやら。そのことも嬉しかったのですが、2回ほど、Paul McCartneyと目が合ったことが嬉しかったです。

あまりにも楽しすぎるライブで、本当にあっという間に過ぎ去ったライブでした。いま振り返ると東京3日間ではベストなライブだと思います。

11/21。とうとう最終日です。

日付が変わった頃にFacebookに投稿した内容です。

ライブが始まる前から号泣していた初日。

東京ドームという大きな会場でも、センターブロック3列目はライブハウスと同じだと、初めて知った二日目。二回、目があったことは二度と忘れません。

そして日本ツアー最終日の三回目。きっと締めはあの言葉でしょう。それを聞くことが出来るだけで、また日本で待つことが出来ます。

余り遅いと追いかけて行きたくなるけど、やはり日本で見たいのです。

明日の今頃は一人抜け殻になっていると思うので、今、独り言します。

あなたからは貰ってばかりだから。この言葉は届かないけれど、精一杯のお返しです。

僕の人生を変えてくれてありがとう。

僕の人生の大切な一部です。

3日目、スタンド席で落ち着いて見ることが出来ると思っていましたが、周りのお客さんにつれられて、大興奮で見ることが出来ました。やはりニューアルバムが受けるというのはファンながら嬉しいものです。前の列に座っていた老夫婦が楽しそうに”Save Us”で盛り上がっているのです。

私も同様に泣くことなくライブを楽しんでいました。しかし”Let It Be”のイントロが流れ出した瞬間に涙が止まりません。理由はわかりませんでした。”Hey Jude”でも初日同様に泣いてしまっていて、リフレインを上手く歌うことが出来ません。

アンコールが終わり、Paulがステージに1人で”See you next time! またね!”と言ってくれたので、精一杯大きな声を張り上げました。

自宅に帰り、家人に感謝の言葉を伝えました。ここ数年、好き勝手生きてきたこと、とくにPaul McCartney関連では散財したこと。そのほかは音楽関連は月に4~5万円くらい、まんがは昨年だけで240冊という膨大なお金を。衝動買いで車も買いました。プラス技術書代は上限を設けず、買い続けたこと。

そんな生活も終わりにしなければいけません。その時期としては良いタイミングです。ささやかな趣味として音楽を聴いていこう。Paul McCartneyから貰ったものも大きいけれど、家人から貰ったものはもっと大きいのです。大切にしてもらっているのだから、行動で示そうと思います。そんな感謝の言葉です。

Oh yeah! alright!Are you gonna be in my dreams tonight
And in the end the love you takeIs equal to the love you make

Paul McCartney – NEW

なんというストライクな音のアルバムでしょうか。今まで保っていたアルバムのバランスを違う方向へ向けてくれた素晴らしいアルバムです。

“Back to the Beatles”というPaul McCartneyの事前の発言から”Beatly”な音と言われていた”Tug Of War”のようなアルバムなのか。いやしかし「サイケデリックなロックアルバム」という発言もあったので”Revolver”、”Sgt.Peppers”、”Magical Mystery Tour”のような中期Beatlesのような音か。どちらに転ぶかわからないまま先行して”New”が公開され、後者だと想像していました。

私のブログでも追っていたようにプロモーションで”Save Us”、”New”、”Everybody Out There”、”Queenie Eye”がライブで演奏されたのを聴いて、「はて。サイケデリック感があまり感じられない…」と思いました。3回に渡るプロモーションライブは少しずつサイケ感が増していましたが、どうにも腑に落ちません。

Paul McCartney – 2013-09-22 Iheartradio Music Festival (Pro Shot)

Paul McCartney – 2013-09-23 Jimmy Kimmel Live Hollywood, CA (Webcast / Audience Rec)

Paul McCartney – 2013-10-10 Times Square NY

そんなもやもやを持ちながら日本盤を購入して、ドキドキしながらアンプのボリュームを55(音の振動が床から足で感じられる大きさ)にあわせてプレイしました。

ぶっ飛んだのが”Save Us”。ライブで感じたストレートなロックなんてものでは有りませんでした。カツンカツンと鳴るパーカッション、ファズたっぷりのギターリフ。中盤のディレイたっぷりの叫び。

その驚きは”Alligator”に続きます。エフェクトがかけられたPaulの声に、”
Chaos And Creation In The Backyard”に入っていてもおかしくない、あえて抑揚のないメロディライン。かと思うと、Paulらしいメロディが挟み込まれるけれど、スペーシーな音処理がなされています。練りに練ったアレンジです。

“On My Way To Work”でやっと牧歌的なメロディで一息つくかと思ったら、バスドラとハンドクラップでリズムを強調し、そこに強烈ななんとも言えないギターリフが絡むという、今までにない音作りに驚きます。”OFF THE GROUND”に入っていた”I Owe It All To You”に曲調は非常に雰囲気は似ていますが、牧歌的なのにハードなロックという不思議な感覚です。

息もつかせず、メロトロンでいかにもなイントロの後に始まる”Queenie Eye”。Paulのボーカルはエフェクトがかけられています。記憶が定かではないですが”OFF THE GROUND”の”Biker Like An Icon”以来でしょうか。非常にポップでサイケデリックな曲調でRUTLESの”Cheese And Onion”を思い出しましたが、本家はそれ以上でした。突然変わる曲調、そして最後のリフレインで絶頂に達する前に突然終わってしまう曲。ここまで人を振り回す曲は初めてです。

アコースティックギター2本で始まる”Early Days”で落ち着くかとおもったら、事は単純に終わりません。ころころと変わるアレンジに翻弄されます。しかし、それが自然に受け入れられ、Paulの低い声に安心させられるという不思議な曲です。

先行公開で聞き慣れていた”New”もYouTube音質ではよく聴き取れなかった音の洪水におぼれます。YouTubeでは声があまり出ていないと感じたのですが、そんなことは有りませんでした。先行シングルにふさわしいサイケデリックポップです。コーダの部分はBeach Boysを思い出します。是非ライブでも再現して欲しいところです。

そんなソフトロックな終わりだったのに、ダークなギターにハードなリズム、不安定にさせるコーラス、逆再生ギター?というダウナーな曲調、ブリッジの不思議さ、突然でてくるロックな曲調のメロディに演奏。エンディングの粘っこくもファズの効いたギターソロはもっと聴きたくなります。

プロモーションライブで演奏された”Everybody Out There”がメロディを知っているだけに、ほっとします。それだけ聴くのに緊張を強いられるアルバムです。と思っていたら、単純に終わってくれません。エンディングでのMcCartney Familyを含むコーラス、Paulのひしゃげたシャウトで盛り上がります。おそらくツアータイトルになった曲だと思います。

再び逆再生ギターが鳴らされ、アコースティックギターと左チャンネルからの不思議が音(ギターのループ音?)が印象的な”Hosanna”。そこに切り込むベース。初めてベースを意識しました。それくらい今までの曲は音の洪水でした。リズムと低音が強調されているアルバムなのに、そこに意識がいきません。エンディングのTAPE LOOPSの音も、その音がなければアシッドフォーク的なのに、強引にサイケデリックに持って行きます。

これ以上ないというほど堅いリズムではじまり、またまたエフェクトがかけられたPaulのボーカルの”I Can Bet”。サビではさらにエフェクトがかけられます。ブリッジでは微妙にギターは揺れているし、Moogのソロには驚かされます。それでいて曲は一番ポップなのだからたまりません。

“Looking At Her”は頭を振るわせるような揺れを持ったギターのイントロから、もうなれてしまったボーカルのエフェクト。と思ったら、外されきれいなメロディが歌われ、たと思ったら、もう何の音だか調べる気にもならない奇妙なハードな楽器にのせられ、メロディが高揚し、アコースティックギターのソロ…。もう好きにして下さい…。

アルバムの最後の”Road”。本編最後の曲らしく、エンディングにむけて盛り上がりを見せる曲構成ですが、音作りが緻密すぎて、どんな音が鳴っているのか聴き取れません。中盤からのシャウトも見事です。ベースが同じメロディを演奏したあとの高揚感。そして終わった後の寂寥感。完璧です。きっとコンセプトなんて無いのでしょうが、アルバムのトータル感が半端ないです。

ここからはボーナストラック。1曲目の”Turned Out”。あれ、なんだか普通?。いつものPaulの音が鳴っています。不思議…。よくよく聴いてみると、いろいろな音が詰め込まれているし、決して悪い曲とは思わないのですが、これを本編に入れてしまうと、全く”NEW”というアルバムでは無くなってしまいます。エンディングのピアノの音が物足りないのです…。

ボーナストラック2曲目、”Get Me Out Of Here”はブルース調でリズムが強調された曲です。Rolling Stonesがこんな風にやってもおかしくないかも知れませんが、やはりアルバムには合いません…。

日本盤のみのボーナストラック3曲目、”Struggled”。これはアルバムに入れてもおかしく無さそうです。”PRESS TO PLAY”の”Pretty Little Head”にすこし似ています。こういった曲調、サウンドは大好きなので、収録はうれしい限りです。B面最後あたりのポジションで収録されると面白かった気がします。

シークレットトラックの”Scared”でやっと、やっとシンプルなピアノのバラードです。今までのPaulでしたら、アルバムの最後に入れてメインな曲となりそうなものですが、シークレットトラック扱いとなっています。シークレットトラックなのだからクレジットして欲しくないですよね。クレジットが入っている日本盤のライナーノーツ、ましてやトラックが分かれているなんて、がっかりです。

アルバムを聴き終わった後の感想は、「あぁ、やってしまったのね。Paul。」でした。もちろん良い意味です。

バラードが1曲もない。アコースティックギター弾き語りの曲がない。シンプルなバンド構成の曲がない。ストレートなエイトビートのロックな曲がない。Paulの一般的な魅力と言われているものすべてが無いのです。

2000年代で発売したアルバムの好評さから来るある種のマンネリ、しつこく言われる年齢について、そして、自分自身のチャレンジというが、このアルバムの根底に有ると思います。

マンネリというのはPaulのアルバムに対してのバランス感覚です。ストレートなロック、弾き語り、バラード、覚えやすいメロディ、聞き心地の良いサウンドです。でも一部のファンはFiremanで見られたようなサイケデリックな音を作り出せることを知っています。それが2000年代では受け入れられたのも、Paulに新しい音楽を作らせようとした後押しになったのではないでしょうか。

そう、”PRESS TO PLAY”と状況が良く似ているのです。その時代の新進気鋭プロデューサーと組んで作ったアルバムという点です。”PRESS TO PLAY”との大きな共通点はありますが、一番違うのは難解ではないということだと思います。そして、Beatlesの時がそうだったように、時代自体を自分が作ったサウンドへ強引に持って行こうとする意思があることだと思います。

だからこそ先行公開の”New”でわかりやすいサイケデリックポップという餌と、”Back to the Beatles”という発言で釣っておいて、アルバム”NEW”を聴いた人たちが驚いている顔を見るPaul McCartneyは間違い無く「どや顔」をしていることでしょう。

「これが新しいPaul McCartneyのロックだ」と。

NEW
NEW

posted with amazlet at 13.10.14
ポール・マッカートニー
ユニバーサルミュージック (2013-10-14)
売り上げランキング: 8
New
New

posted with amazlet at 13.10.14
Paul Mccartney
Hear Music (2013-10-10)
売り上げランキング: 82
New [Analog]
New [Analog]

posted with amazlet at 13.10.14
Paul McCartney
Hear Music (2013-11-05)
売り上げランキング: 444

Paul McCartney – NEW (96kHz/24bit)

Paul McCartney – 2013-10-10 Times Square NY

Artist  : Paul McCartney
Date    : 2013-10-10
Venue   : Times Square NY
Lineage : Aud Shot
Quality : EX-
Setlist  :

01. New
02. Save Us
03. Everybody Out There
04. Queenie Eye

突然のTweetで予告されたTimes Squareでのサプライズライブ。かなり無茶なことやってます(笑)

幸いにもあるファンが非常に良好な動画をアップしています。

セットは”New”からすべて選ばれており、セカンドシングルとして予定されている”Queenie Eye”が初めての登場となります。

それまでのライブとの大きな違いは”Save Us”でのミドルでの笑い声がかなりのエコーとディレイがかかっていることでしょうか。これによりサイケ感が増しています。これは良い変更だと思います。

何度か演奏されている”New”に関しては、公開されているスタジオバージョンに比べて、ライブでは音が薄い感じがするのが非常に気になります。なんとか修正して欲しいものです。

“Queenie Eye”は強烈なメロトロンにプリセットされているような音で始まる強烈なサイケデリックロックでした。これは是非ライブで聴いてみたい曲です。ハードでサイケで、ソフトロック。新しいアルバムがサイケデリックロックとPaulが言っていたのがわかる曲です。

私が知る限り、youtubeでのみ出回っているようです。

Paul McCartney – 2013-09-23 Jimmy Kimmel Live Hollywood, CA (Broadcast)

Artist  : Paul McCartney
Date    : 2013-09-23
Venue   : Hollywood, CA
Lineage : Pro Shot
Quality : EX+
Setlist  :See Latest Information

詳細は調べていませんが、番組ではスタジオパートとライブパートが有ったようです。こちらは番組で放送されたもの、ということで、インタビューの一部と”New”、”Lady Madonna”がwebcastとは比較にならないほど高画質のものです。

であれば、インタビューパートも一部ではなくすべて収録しておいて欲しいと思うのがファンの性…。聞き取れないんですけれどね…。

さて、この映像で一番気になるのはライブの冒頭で持っている”New”のアナログレコードでしょう! この時点で持っていると言うことは、ユーロとUSではプレスが違うというというのは本当のようですね。ユーロでの発売はまだ先ですから!

—– Latest Information —-

Paul McCartney
Jimmy Kimmel Live
El Capitan Entertainment Center
Los Angeles, CA
September 23, 2013

[1:17] interview (partial)*
[5:21] New/Lady Madonna

*I didn’t know about this appearance until I stumbled on it while channel surfing, so I missed nearly all of the interview.
The musical performance is complete.

Lineage: digital cable > TiVo box > PC via TiVo Desktop > VideoReDo TV Suite 4 > .ts

Video:
MPEG-2
9.8 Mbps
1280 x 720
16:9

Audio:
AC-3
384 Kbps
6 channels
48 KHz

On the internet:

http://www.youtube.com/watch?v=x5IwMV39JEg
interview – part 1

http://www.youtube.com/watch?v=CP81f8_q_28
interview – part 2

http://www.youtube.com/watch?v=fH1GaZB5wpk
interview – part 3

https://myspace.com/jimmykimmellive/live/paul-mccartney-live-stream/24
musical performance – complete 16 song set